転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

40代の仕事探し!40代からできる仕事はある?

40代の転職

40代で仕事を探すとなると、若い頃より難易度が高くなるのは想像に難くないはず。

それまでキャリアを積み重ねてきている、過去にたくさん資格を取っている、代替不可能なスキルを身に着けているなど、仕事探しに有利な要素がある女性なら良いのです。

しかし問題は、未経験、無資格で転職することです。

40代女性は果たして、誇れる過去を持たない状態で転職することができるのか?

転職活動を成功させるためのコツは何かあるのか?

今回は私と一緒に考えていきましょう。

40代の仕事探し…その難易度は?

まずは、40代女性の仕事探しが難しいか、それとも簡単か。

40代仕事探しの難易度から調べていきましょう。

40代女性の多くが職場復帰を希望する

働く女性の割合が多くなってきた日本社会ですが、まだまだ労働力の中心は男性です。

女性は年齢が増すと共に、労働者の人口は減ります。

子育てが忙しい30代女性は、労働力の割合を見ても減少傾向にあります。

しかし子育てが落ち着いた40代女性の労働人口は再び増えます。

現代日本は人手不足!業界を絞っていけば正社員登用される

「働きたい」と考える女性の数が多くなるのはわかったけど、どうせパートとかアルバイト勤務しかできないんでしょ…。

なんて考える女性も多いでしょう。

しかし、現代日本は慢性的に人手不足なのはご存知でしたか?

たとえ40代女性であっても、特に人手不足で悩んでいる業界を選んで就職活動に励むことで、正社員として働くことは難しくないのです。

自分の特技を活かして40代女性が働ける時代

たとえ資格や経験がなくとも、正社員として働くことができます。

例えば「お世話好き」で、親の介護などで老人介護に抵抗のない方なら、介護業界で働くことができるでしょう。

車の運転が得意なら、タクシー運転手として働くのもアリですよね。

何歳の仕事探しでも同じですが、仕事を探す40代女性はまず「自分に何ができるか」を考えるところからはじめてみましょう。

40代から働ける仕事

具体的に、40代女性はなんの仕事で働けるか、具体的に知っておきましょう。

介護士

いうまでもなく、日本は深刻な少子高齢社会。

中でも介護業界は、人手不足が深刻です。

それまで介護業界で働いた経験も、介護士資格がなくても、「コミュニケーション能力」や「やる気」でそれらの問題をカバーできます。

介護業界で働くと、「働きながら資格取得」ができるのが強みです。

現場で実際に介護を行いながらまずヘルパーの資格を取り、その後介護福祉士へのキャリアアップを図ることができる職場も多いです。

それに、介護業界での仕事探しは地域を選ばないのも強み。

その地域に介護されるべきお年寄りがいれば、そこが仕事場になるのです。

飲食業界で働く

飲食業界も人手不足で、40代女性が働くのもそれほど難しくありません。

ただし、アルバイト店員勤務でなく、正社員勤務で働きたいとなると「店長候補」として働くことになります。

もし飲食店やアパレルの店舗で店長候補として採用された場合、研修期間を経て、マネジメントや仕事の知識を習得後、店長として働きます。

しっかりマネジメントの知識などを教わる体制が出来ているのが、未経験の40代女性でも働きやすい理由です。

ショップ店員の求人は、「新規店舗開店」などの際に出される傾向があります。

普段からよく求人サイトで、飲食業界やアパレル業界の求人を見ておくと良いですね。

タクシー運転手

タクシー運転手も、未経験の40代女性が働きやすい業界です。

求人票にも、必須の経験や資格はありません。

タクシー運転手に必要な2種免許取得の費用も、会社負担となるケースが多いです。

これなら、未経験、資格なしでも安心ですね。

また、年齢制限もあまりないので、40代を過ぎても働ける仕事です。

タクシー運転手のニーズは相変わらず高く、特に都市部では仕事探しに困ることはありません。

40代仕事探しのコツ

いくら日本が人手不足とはいえ、いくら女性活躍中の社会とはいえ、やはり40代の就職活動は難航します。

しかし難航することが予見できていれば、その難航する仕事探しに対策を練っておけば良いだけの話。

具体的に、40代仕事探しでどんな対策を練っておけば良いか。

ここで考えておきましょう。

正社員前提の非正規求人で働く

やはり、職歴における「正社員として働いてなかった期間」という空白期間は、仕事探しにおいてかなりのマイナスです。

それまで目立った職歴がない40代女性は得にです。

空白期間があり、転職活動によって仕事探しが進まないかも…と思うなら「遠回り」の仕事探しもおすすめです。

仕事探しの近道が、「一気に正社員登用されること」だとしたら、遠回りはまず「非正規雇用されて、一定の勤務期間を経てから正社員登用される」ということ。

アルバイトなど非正規雇用の期間を経るメリットは、働く側、雇用する側両方にあります。

まず、働く側は「未経験でも働きやすくなる」こと。

雇用側にも、「アルバイト期間を試用期間とすることができる」ことです。

他にも色々ありますが、長い目でみれば「非正規雇用スタート」で働き始めるのは結構メリットがあるのです。

仕事探しをエージェントに相談する

特に、仕事探しに慣れていない40代女性は、仕事探しの流れがわからない方も多いでしょう。

仕事探しや転職活動では、自分のスキルや向き不向きなどを、客観的な目線で見てくれる第三者の存在が必要です。

エージェントなら、利用者の希望に合わせた求人探しや、理想の働き方を聞いて、ぴったりの働き方を教えてくれます。

最近は中高年向けの仕事探しで役立つエージェントも多くなっています。

エージェントに相談して、これまでのキャリアから今後の働き方を考えていきましょう。

正社員にこだわらなければ40代の仕事探し幅は広がる

今回は、資格や経験がない40代が正社員として働くための仕事探しについてお話しています。

しかし前提をひっくり返すようですが、正社員として働くことを諦めるだけで、40代からできる仕事探しの幅は広がります。

派遣社員という働き方

私が40代におすすめしたい働き方は「派遣社員」という働き方です。

育児や介護など、仕事以外でライフスタイルが多様になる40代。

その限られた時間を使って賢く働くためには、派遣社員として働くのはいかがでしょうか。

派遣社員なら、「未経験でも働ける」「自分の空き時間に働ける」「アルバイトより高収入」などのメリットがあるのです。

派遣社員とは?正社員との違いは?どうして「安定しない」と言われがちなのか
「これから派遣社員として働こうかな」 なんて気持ちの方も多いでしょう。 自由度が高く、職種を変えるのも比較的カンタンな派遣社員は、特に女性人気の高い働き方です。 しかし派遣社員は、時折「安定しない」と表されるなど、派遣社員...

派遣の事務

派遣社員といえば、どの企業でも仕事がある「事務」として働く働き方が人気です。

事務なら、簡単なPC作業ができれば、資格も経験も必要とされません。

とはいえ、やはり若者が事務として採用されやすいので、40代というだけである程度不利にはなるのですが…。

40代で、細かい作業が得意であったり、PC作業が苦じゃないなら、派遣の事務として働いてみるのも良いかもしれませんね。

知らないと損をする?派遣社員の基礎知識 誰にも聞けない派遣のメリットデメリット
「一生働いていくには正社員でなければならない」そんな正社員の終身雇用神話が日本では通説となっていましたが昨今の経済の流れにより、その終身雇用神話は崩れ始めています。 では正社員として以外に、どのような働き方があるのでしょうか。 ...

工場派遣

工場派遣として働くのも手です。

40代だろうと何歳だろうと、大したスキルも必要なく、資格も求められません。

寮付きなど、高待遇で働ける仕事も多く、高年収の求人も多いです。

40代で仕事を探す方で、「稼ぎたい」なら、私は工場派遣をおすすめします。

工場求人ナビのサービスはどう?メリット・デメリット・口コミ評判
工場など製造業に特化して求人を取り扱っているのが、この「工場求人ナビ」です。 運営会社の日総工産は、およそ40年以上もの長い歴史を持つ、年季の入った企業です。 日本全国各地の工場・製造業の求人を取り扱っており、正社員・派遣そして...

40代の仕事探し

今回は、40代の仕事探しについて説明しました。

40代ともなると、当然のことながら

0代、30代の仕事探しとは違い、「ポテンシャル」を武器にできません。

できれば、それまでのキャリアやスキルを武器にした仕事探しをしたいところですが、未経験や資格もない方なら、「人手不足の業界を狙う」などの工夫が必要です。

まず仕事を探すあなたは、「自分には何ができて、何ができないか」を考える必要がありそうです。

コメント