難易度の高い30代男性の転職!転職活動で失敗してしまう人の特徴を紹介します

30代の転職

30代で転職を考える男性は多いです。

20代で酸いも甘いも知って、仕事でスキルや知識が身につき、ある程度人生の見通しもついてきた…。

そんなタイミングで、「自分の成長のため」「自分の生活向上のため」など、様々なモチベーションで転職を考えるのが、30代というタイミングです。

しかし多くの人が転職を考える30代というタイミング、転職市場で考えると、有利なのか不利なのか、このタイミングで転職するのはどんなメリットがあり、どんなデメリットが潜んでいるのか。

30代男性の転職について考えてみましょう。

目次

あなたが30代前半なら転職は難しくない

「30代」と言ってもその範囲は広いです。

まずは、30代の男性が転職を考えた時、抑えておくべきこと。知っておくべきことを抑えておきましょう。

30代前半の転職は不利ではない

「20代のうちに転職したほうが、色々有利なのでは」

そんな事を考える方も多いでしょう。

確かに、20代の転職には有利な点が多いです。「若さ」という何にも代えがたい財産は、転職においてかなり有利に働きます。

若いと、企業はその人に「伸びしろ」「ポテンシャル」を感じます。若ければ、多少のスキル不足も、研修などで補う事ができます。20代は転職で有利です。

しかし30代前半の男性も、「相応のスキルがあれば」という注釈付きではありますが、年齢が不利になることはありません。

転職先の企業にもよりますが、企業は30代前半にまだまだ「伸びしろ」を感じてくれます。年齢の分野で卑屈になる必要はありません。

30代前半の転職は「仕事内容」「自分が成長できるか」を気にするべき

30代前半のタイミングで転職する時は、自分が関わる「仕事内容」と、その仕事を通して「自分が成長できるか」を考えながら転職活動を進めましょう。

30代ともなると、「できること」と「できないこと」がハッキリしてきます。

そして、自分が関わる仕事で得られる満足感の重要性にも、強く気づいているのではないでしょうか。

仕事内容が得意なこと、満足感を感じるものなら、自分の給与にも結びつきやすいです。もちろんまだ30代前半なら、「自分が成長できること」も希望しますよね。

30代前半で転職したおよそ半数の人が「年収アップ」している

30代前半の転職では、それまで身についたスキル、キャリア、知恵を活かして「年収アップ」に成功している人も多いです。

そもそも30代前半の転職には、「年収アップ」を目的にする人も多いので、この結果も納得です。

年収が下がった人も一定の割合存在する

30代で転職する人は男女関係なく多いです。

20代で仕事を、人生をある程度理解したら、次のステップにむけて動き出す年代。

それが30代なのです。

そんな30代という区切りの年代で転職する人の中には、一定層どうしても「年収が下がってしまう人」もいるものです。

ですがそんな「転職で年収を下げた人」すべてが転職に失敗しているかというとそうではありません。

未経験の仕事へ転職したとか、仕事する上で年収より大事なものを優先したなど、年収が下がったなりの理由があるのです。

絶対に年収を下げたくない人は、年収を最優先にした転職活動を行わなければなりません。

反対に年収より優先するものがある人は、多少年収が下がったとしてもそちらを優先するために転職活動を進めてください。

未経験業界への転職は難しい

転職といえば、それまでの自分の業界とは違う「未経験の業界」へと転職する人も多いです。

しかし30代前半ともなると、「未経験業界への転職」はかなり難しくなります。

これが20代ならば、ポテンシャルある若者が研修すればなんとかなる…というものですが、30代ともなると話は別。

30代前半の未経験転職は、「不可能ではないがかなり厳しい」という印象でしょうか。

30代未経験からの転職でも決して不利ではない!転職を成功させる方法とは?
30代で未経験の分野へ転職しようとしている人が知っておくと絶対に役に立つ、周到な転職準備の内容や持っていると有利な資格、転職エージェントの選び方などをご紹介します。

企業は30代前半の男性に「即戦力」を期待する

企業としては、30代前半の男性に求めるのは「即戦力」として活躍してもらうことです。

「それまで得たキャリアを駆使して、ぜひうちで活躍してもらいたい!」

というのが、30代前半の男性に対する企業の本音です。

未経験業界へ転職の「最後のチャンス」でもある

しかしこのタイミングを逃せば、いよいよ未経験業界への転職は難しくなります。

30代前半のタイミングを逃して、未経験業界への転職を行う場合には、「未経験であることを補ってあまりあるスキル」を持っていることが転職に必要となります。

未経験業界への転職を考える30代前半男性は、慎重に転職を検討してください。

多くの人が「30代前半の転職は成功だった」と感じている

実際に転職を行った30代前半の方にアンケートすると、5割近い人が「転職は成功だった」と感じています。

目的を明確に定めて、転職によってその目的を果たすことができれば、その転職は成功と言えるでしょう。

反対に、ぼんやりした目的で転職活動を初めてしまうと、転職活動もぼんやりと進むので、時間ばかりかかって、結果どこにもたどり着かない無為な転職…なんてことになりかねません。

「転職に求める絶対条件」をしっかりと考えて、妥協しない意思で転職活動を行えば、きっとその転職はうまくいくはずです。

30代の転職は「ポテンシャル」より「スキル」が求められる

30代前半の男性に企業が求めるのは、20代の若者とは違います。

20代に求めるのは、主に「ポテンシャル」ですが、30代前半の男性に求められるのは、確固たるスキルです。

ポテンシャルでごまかしがきかない文、30代になるまでに培ってきたスキルを活かすことが、30代前半に転職を行う絶対条件となります。

「自分に何ができるか」をしっかり自己分析して、その自分のスキルを全面に押し出した転職を行ってください。

高卒で30代転職は可能か?

「転職を考えてるけど、自分は高卒だし、30代で転職できるわけない…」

そんな思いを抱いている人も多いはずです。

実際、確かに転職において、学歴という要素は大きいです。

職選びにおいて、学歴の程度がどの程度かというのは、方向性を決める上で大きな要素なのです。

しかし現在は、スキルと経験さえあれば、30代だろうと問題なく採用される時代。

年齢にネックを感じて、転職を諦めるべきではありません。

高卒の30代男性が転職活動を成功させるための秘訣について、ここから考えていきましょう。

学歴は一つの足切りライン

大卒か高卒か、そこには大きな隔たりがあります。

日本はまだまだ学歴至上主義で、新卒天国の国。

転職市場においてもそれは同じで、高卒か大卒かで、転職先の選択肢の数は少なくなってしまいます。

未経験業界への転職なら資格を持っておく

30代の転職、それも未経験業界の転職となると、年齢以外を覆す材料が必要です。

…とはいえ、これは別に大卒だろうと高卒だろうと同じ。

問題は、企業側が学歴も年齢も気にならなくなるくらいに、その人を採用したいと思えるかどうか。

そう思わせるためには、難関資格を取るだとか、個人的に実績を作っておくとかの努力が必要です。

どうしても働きたい仕事なら「バイトから」働く手もある

これは何も高卒だとかどうとかの問題ではないですが、転職活動を行う上において「採用が遠い」と感じたら、遠回りする転職活動もおすすめです。

具体的に言えば、「アルバイトから仕事をはじめる」こと。

確かに時間はかかりますが、どうしても働きたい仕事だったり、未経験の仕事なら採用難易度が高いですから、非正規雇用からがんばるのも有効です。

独身である、実家に住んでいるなど、生活に余裕があるならなおさら、遠回りも検討してみるのも良いでしょう。

30代後半の転職

続いて、30代後半の男性が転職する場合のケースについて考えていきましょう。

30代前半の転職と、30代後半の転職、それぞれ同じ30代の転職ですが、実情はまったく異なります。

30代前半と後半の転職で、何の分野がどう違うのか、しっかり知っておきましょう。

30代後半で転職すると収入が下がるリスクがある

30代後半の転職は「収入ダウンとの戦い」です。

20代の転職なら、転職で年収が下がったと言っても、その差はまだ埋められる差かもしれません。

しかし30代も後半となれば、転職先企業の業界、転職先の企業、転職先の企業でのポジションなどにより、年収が大幅に減ってしまうリスクがあります。

年齢を重ねるほど、転職と年収の関係性は色濃く、重要になってくるのです。

30代後半の転職は「最後の転職」かも

30代後半のタイミングで転職するのは、人生における転職の「最後のチャンス」かもしれません。

今まで何度も転職した方にとっても、これがはじめての転職だったとしても、これ以上の転職を行うのはかなり難しいです。

特に「何度も転職を繰り返している人」に対しては、「一社で大したキャリアを身に着けてない」と思われてしまいます。

今回の転職が最後、そしてそれなりに転職の選択肢も狭まっていることを理解しておきましょう。

転職はいつだってそうですが、30代後半の転職は、より慎重を期して行いましょう。

30代後半はライフプランを考えた転職になる

30代後半の転職では多くのケースで、ライフプランを考えて転職するこになります。

どういうことかというと、転職において「今後の人生」を考えて転職することになるということです。

配偶者や子供がいる方はもちろんのこと、独身だったとしても、今後結婚して家族が増えるかもしれない可能性を考えながら転職することになるはずです。

家族の事を考えて転職する時は、「休日」「勤務時間」「福利厚生」など、若い頃に転職する時とは違う広い分野に気を配る必要がありますよね。

これにより、30代後半の転職には、「妥協できない条件」が増えてしまいます。もし今の会社で働いた方が家族のため、と思うならば、無理して転職しないほうが良いケースも多いでしょう。

企業も30代後半の受け入れを悩む

30代で転職を考える当人と同じく、転職者を受け入れる企業も、30代後半の受け入れにたたらを踏みます。

これが20代後半なら、企業からの要望を伝えるなどして、その人材を企業にマッチさせていくことができるでしょう。

しかし30代の後半ともなると、色々考えてもらう事が多くなるのです。

既存社員とのバランスが難しい

企業としては、すでに働いている社員との給与のバランスを勘上げなくてはなりません。

30代後半ともなると、ある程度の収入を約束しなくてはなりません。もし本人が「収入は低くても良い」と言ったとしても、若手社員との兼ね合いを考えて支払う給与を考えることになるのです。

そうした手間があるだけで、30代後半社員の受け入れに慎重になってしまいます。

伸びしろが少ない

やはり企業としては、働く社員に「できるだけ長く活躍してもらいたい」と考えるものです。

30代後半の男性はどうしても、働く期間が若手より短いだけでなく、「身につくスキルが少なくなりがち」です。

そうした「伸びしろの少なさ」も、企業が30代男性の受け入れをためらう理由になります。

企業は30代後半の男性に「相応以上のスキル」を求める

もう少し企業側の立場で考えてみましょう。

30代後半の社員を受け入れるとなると、企業はバリバリ働く即戦力で活躍する社員を求めるのは当然のこと。

そして、30代前半の社員とは違う、「年相応以上のスキルを持っている人」を欲しがります。

「ある程度の仕事はできて当たり前」
「こちらが望む以上のスキルがあれば良い」

これが企業側の本音です。

30代後半の男性に企業が求めること

具体的に、30代後半の男性が企業に求められる必須条件を細かく見ていきましょう。

それまで培ってきた専門スキル

とりあえず、企業が絶対に期待するのが、「30代の後半になるまで培ってきた専門スキル」です。

新卒から働いてきたとしたら、すでに10年以上社会に出ているので、それまで様々なスキルと経験を身に着けているだろう…と企業は期待します。

その専門スキルを持って、うちで活躍してほしい…とそう思っています。

マネジメント経験

30代の後半にもなると、管理職としてプロジェクトを統括した経験もあるだろう、というのが企業の認識です。

30代も後半になれば、少なくとも3年以上のマネジメント経験が、転職において求められる条件です。

広く太い人脈

30代後半ともなれば、仕事でも仕事外でも、様々な人にあってきているはず。

企業は、うちで仕事する上で利益に繋がる、有益な人脈を求めます。

人脈の広さ、人脈のパイプの太さ、それぞれそのままその人の実力になります。

30代後半で未経験業界への転職はかなり難しい

 

30代後半の転職で、未経験業界への転職を考えている方もおられるでしょうか。

キャリアのなかでも、かなり後半戦の年代に突入しているわけですが、30代後半の未経験業界では何を把握しておくべきか?

そもそも30代後半の未経験業界転職は可能なのか?調べていきましょう。

はっきり言ってかなり難しい&リスキー

言わずともわかるかもしれませんが、30代後半での未経験業界転職は、かなり難しいです。

20代が、企業からみて今後のキャリアの長さを考えても転職市場でも有利と言われていますから、30代、それも後半に未経験業界への転職ともなるとその難しさは言うまでもありません。

そして、現在の生活を失ってしまうリスクも理解しなくてはいけません。

もし現在、安定した業界、安定した企業で、家族があるならなおのこと、30代後半で未経験業界に転職するのはリスクです。

今まで積み上げたすべてを、その転職によって失ってしまうかもしれないからです。

現在の生活に満足していればいるほど、30代後半で行う未経験業界の転職はかなり危うい橋を渡ることになります。

30代後半で未経験業界への転職なら前知識が必須

もし、30代後半で未経験業界転職が成功するパターンがあるとすればそれは、事前の豊富な前知識を有していた場合のみです。

未経験だったとしても、経験者と同じくらいのポテンシャルを発揮できるほどの知識、個人でのアウトプット経験など、事前の準備がありきです。

若者の未経験業界転職ならば、企業が転職後に研修などして受け入れ体制を整えてくれるものですが、30代後半ともなるとそうはいきません。

スクールに通う、資格を取る、勉強するなど、様々なインプットとアウトプットの連続があってはじめて、30代後半の未経験業界転職が成功するのです。

「キャリアを積んだ30代後半」と戦うことになる

30代後半の転職で考えるべきなのは、それまでのキャリアです。

キャリアをいかに採用担当者にうまくアピールできるか、そこが採用率を決めるのです。

しかし未経験ともなると、それまで積み上げたキャリアがないわけですから、他の「多くのキャリアを積んだ30代」と転職市場で戦うことになります。

はっきり言って、その戦いはかなり厳しいです。

「長いキャリア」と対等に渡り合えるくらいの、魅力的な知識や資格を持っている必要があります。

よほど誰でも受け入れてくれる企業なら、30代後半でも未経験業界転職が可能かもしれませんが、そうした現場は得てしてブラックできつい現場です。

30代後半の未経験転職は転職エージェント登録でもどうにもならない

よくネット上では、「転職で困ったら転職エージェントに登録して相談しよう」なんてことが言われますが、30代後半の未経験業界転職ともなると話が変わってきます。

そもそも転職エージェントは、「転職がうまくいきそうな利用者」をメインにサービスを提供するため、30代後半でしかも「未経験業界へ転職したい」という希望を出すと、サービスを受けられない可能性すらあります。

30代後半だからといって夢を諦めるべきじゃない

確かに、「30代後半の未経験業界転職」は難しいです。

それは言うまでもないことかもしれません。

しかし、だからといって私は「無理だから諦めろ」と言っているわけでもありません。

年齢に関係なく私は「やりたいことがあるなら諦めるべきではない」とも考えています。

30代後半で未経験業界へ転職したい、そう思い立つほどの夢があるなら、ここまでの私の「難しい」という意見を聞いてなお転職したいかどうか。

かなりの高い難易度をクリアして転職を成功させることができるかを、よく自分の中で考えたうえで「転職に踏み切るか」を考えてみてください。

30代の転職で失敗する人の特徴

男性 パソコン 悩む

さて、ここからは、転職活動で失敗してしまいがちな30代の特徴を調べてみましょう。

転職市場での自分の強みを理解してない

職探しでは、常に自分を俯瞰して見る必要があります。

特に30代の転職ともなると、その傾向は顕著。自分の持っているスキル、経験が転職市場でどれくらいの価値があるのか。自分が転職しやすい業界、職種は何なのか。

まずはそういった「自己分析」から初めてください。

年収へのこだわりが強すぎる

転職において「年収アップ」を期待しすぎるあまり、転職が失敗する人も多いです。

年収の条件は企業も頭を悩ませる部分。まだその人のスキルの理解が十分でないのに、高い年収を期待されても困ります。

30代の転職で考えるべきなのは、年収がどれくらいなのかより、仕事内容が自分にあっているかどうか、です。

決断力が弱い

それまで社員の多い大企業で働いていた人にありがちなのが、決断力が弱く意思決定できない人です。

仕事のなかで自分がどうしたいか、どうするかを考えて来なかったこともあり、転職でも肝心なところで判断できない人が多いのです。

どうして転職したいと思ったのか。転職して何ができるのか。それぞれ、自分の意思をはっきり言える人でないと、転職するのは難しいです。

プライドが高く「評論家基質」になってしまっている人

転職の面接において、前職の不満ばかり出て来る人。

そして他の企業を見ても、経営の粗ばかり見てしまう人、そしてそんな企業には転職したくない…とプライドばかり高くなっている人がいます。

30代ともなると、それなりにやってきた実感がある人が多く、そんなプライドが転職活動の邪魔をしてしまうケースが多いです。

転職する理由が固まっていない

どうして転職したいと思ったのか。転職によってどんな思いを果たしたいと思ったのか、そんな「転職のきっかけ」を説明できない人は転職で失敗しがちです。

「同世代の友人がみな転職してるから」
「なんとなく今の会社が嫌だから」

そんなぼんやりした理由で転職するのはおすすめできません。

あなただけの、あなたなりの転職理由を、しっかり自分の口で説明できるようにしておきましょう。

キャリアに一貫性がない

俗に言う「転職回数が多い人」がこれに当たります。

転職回数が多いだけならまだしも、就く仕事のタイプがバラバラで一貫性がみえない人は、「キャリアに一貫性がない」として採用されにくくなります。

もし自分のキャリア、将来を真剣に考えていれば、就く仕事には一貫性が見えてくるはずです。

ところが、キャリアに一貫性のない職歴では、企業から自分のキャリアを真剣に考えてないのかな、という」疑問を持たれても仕方ありません。

主体性がない

特に面接で、聞かれた内容に対する返答に主体性が見えない30代は、採用確率が低くなります。

面接は面接官が、面接を受ける人の人間性を確かめる場でもあります。

面接の受け答えでは、正しい返答だったりも大事ですが、「主体性の感じられる返答」をするのも大切です。

やりたいこととできることの違いがわかってない

転職活動が身を結びにくい人の特徴として、「やりたいこと」「できること」の違いがわかっていない、というのも挙げられます。

誰しも仕事で「やりたいこと」はあります。

しかし全員がそのやりたい仕事ができるわけではありません。

仕事には適正、知識、経験が求められるのです。

転職活動で考えるべきは、自分が何をやりたいかではなく、今の自分の力量なら何ができるかということです。

自分ができることと、会社の希望をすり合わせた結果、転職活動が実を結ぶか否か決まるのです。

ですからいつも転職活動で最初にやるべき大切なことが、「スキルの棚卸し」と言われるのです。

30台の転職を阻む要因

30代の転職では、身の回りの様々な要因が転職を阻みます。

具体的に、どんな要因が30代の転職を阻むのか。要因を具体的に知っておいて、転職活動をスムーズに行うために対策しておきましょう。

転職活動が長引いて経済的にピンチ

30代の転職ともなると、20代の転職とは異なり、仕事内容から年収など、様々な条件をクリアした後転職を行わなければなりません。

そして様々な条件を考えながらの転職は、どうしても時間がかかるものです。

なんといっても転職活動には、いろんなところでお金がかかります。30代の転職活動は、多くの場合長引きがちで、それゆえに経済的にピンチになってしまいがちです。

独身での転職なら良いですが、これが家族のいる人が転職する場合は大変ですよね。

転職への要望が多すぎる

上で説明した要因ともつながっていますが、そもそも転職に対して求める条件が多すぎると、転職活動がうまくいかなくなりがちです。

「あれもほしい」「これもしたい」

そんな条件を提示するのは勝手ですが、その条件をクリアするためには、あなたに高いスキルが求められるでしょう。

現実的にっクリアできる条件をいくつか絞って、転職活動を進めていくことにしましょう。

家庭が転職を阻む

「家庭」がある30代は、その家庭が転職活動を阻む大きな要因となります。

そもそも家庭があると、その家庭の状況を維持するために「転職しない」という選択肢が出てきます。

転職という行動それ自体に大きなリスクがあるからです。

一人で何も失うものがない転職と、自分の家庭がだめになってしまいかねない転職、それぞれ難易度は天と地の差です。

年収が下がるリスク

仕事する目的の大部分を占めるのが「お金」です。

以前の会社と比べて年収が下がってしまう…。

そんな思いを胸に抱いていると、転職活動を阻む要因となってしまいがちです。20代の転職なら、転職で多少年収が下がっても、このあと年収が上がることを期待できますが、30代ならそうはいきません。

転職前に「年収」と「仕事内容」のどちらを重視して転職するのか。しっかり決めておきましょう。

30代の平均年収はいくらぐらい?手取り額の場合は?
30代になると結婚して家庭を持つようになり、収入を上げたいと切実に考える人も多いと思います。 そこで気になるのが、30代の平均収入はどれくらいなのか、実際の手取り額はどうなのかということです。 家庭を持ち子供ができると、一家を養...

30代の転職で企業が求めること

それでは逆に、企業側は30代で転職したいと思った人に対して、どんな条件を求めているのか。

30代で転職するために必要な条件、それぞれ知っておきましょう。

他の人が持ってない「専門スキル」

30代ともなると、企業も多少の期待をします。

他の人が持ってない、それまでに培ってきた「専門スキル」があると、企業に「おっ」と思わせることができるはず。

企業にとって30代を雇うのは、働いてくれる期間が短いなどの理由もあり、多少のリスクを感じさせてしまうもの。

そんな企業の心配を感じさせないくらいの強固なスキルがあると、30代でも転職を容易に果たすことができます。

マネジメント経験

30代ともなると、部下を管理した経験がある人も多いでしょう。

企業としても、そんな「マネジメント経験」を期待します。30代ともなると、即戦力どころか、すぐにでも管理職のポジションを求められることもあるでしょう。

30代までにマネジメント経験が無いなら、それにより選択肢が多少狭まることを覚悟しておくべきです。

広くて太い人脈

30代で転職するまでに、仕事やその他の場面で多くの人と関わってきたでしょう。

企業としても、自社で働いていたのでは決して得られなかった人脈を持っていることを期待します。

転職活動の一環で、人脈を広げるのは難しいでしょうが、あらかじめ広い人脈を持っている人は転職活動で有利だと思っておきましょう。

30代男性の転職を成功させるカギ

ガッツポーズ 男性 スーツ 喜ぶ

30代前半、30代後半の転職難易度、転職において大切なことを述べてきました。

ここからはもっと具体的に、30代の男性が転職するコツ、転職を成功させるカギを紹介します。

スキルの棚卸しを行う

転職活動において最初にやるべきなのが「スキルの棚卸し」です。

自分が持っているのは、どこで役立つどんなスキルか。このスキルはどの業界への転職で役立つのか。

まずは自己分析をしっかりしておくこと。これが30代の転職では必須です。

転職市場での強みと弱みを洗い出す

上の、スキルの棚卸しと少し似ていますが、自分は転職市場でどんな立場なのか。

転職市場でどこまで自分が戦えるのか、まずは自分のことを徹底的に知っておくことが、30代転職において大切なことです。

孫子兵法を思い出してください。
敵を知り己を知れば百戦殆うからず
まさにこれは、30代の転職でも当てはまる言葉です。

転職で絶対に外せない要素を考える

自分が転職する上で、このポイントは絶対に外せない、ということを考えておくべきでしょう。

例えば「年収」、30代後半にもなると、各人が求める年収の金額も高くなるでしょう。

または「勤務時間」、家族とのライフプランを重視する方にとっては重要でしょう。

これら転職における最優先目的、すなわち「ゴール設定」を立てておくのは、30代転職で大切なことです。

徹底的に自己分析する

転職活動でいつも大事だと言われるのが「スキルの棚卸し」です。

自分がどんなスキルを持っており、どんな業界で仕事するのに向いているのか。

あらかじめそれをはっきりさせておけば、転職活動を成功させることができます。

意外と自分のことを理解しておらず、どこかで誤解しているもの。もう一度自分を見つめ直してください。

転職目的の優先順位をはっきりさせる

自分が転職する上で、何を一番の目的としているのか、転職の優先順位を前もってはっきりさせておくことも大切です。

「年収」なのか、
「キャリア」なのか、
「仕事のやりがい」なのか、
「業務環境改善」なのか、

今一度目的をはっきりさせておきたいです。

人間には、「選択回避の法則」というものがあり、選択肢が広いと「選ばない」という選択を下してしまうものです。

逆に選択肢を絞っておくことで、転職活動の目的が明確になり、転職活動を効率的に進めることができます。

在職中に転職を果たす

30代の転職活動は「財政難」との戦いです。

短期間で転職活動を終える人もいますが、多くの人が「長期戦」になってしまうので、長期戦を見込んで「在職中」の転職活動を行ってください。

転職エージェントに相談すれば、就業後や休みに転職の相談をすることができますよ。

凝り固まったプライドを捨てる

まずはその、転職に対して凝り固まったプライドを捨ててください。

あなたが前職でどんなことをしていただろうと、どんな実績を立ててただろうと、転職活動においては邪魔なだけです。

もう一度思い出してください。あなたは何者でもありません。

企業側としても、あなたの情報なんて無いに等しいのですから、まっさらな状態に戻って転職活動を進めましょう。

転職エージェントを活用する

30代後半の転職は、転職エージェントの活用が必須です。

転職活動の進め方にはいくつか種類があり、中には自分で求人を検索して応募する「転職サイトを活用する」というものもあります。

しかし、年齢を重ねた転職は、第三者のアドバイスがあったほうが成功率が高くなります。

エージェントなら「30代転職のコツ」を教えてもらえる

転職エージェントには、それぞれのエージェントごとにキャリアコンサルタントが在籍しており、利用者にアドバイスを行います。

キャリアコンサルタントは、利用者のスキル、希望などをヒアリングして、ぴったりの求人を提案します。

そしてその求人を出した企業の面接対策、書類作成のアドバイスなど、様々な観点から利用者の転職をアシストします。

考えるべき要素が多い30代の転職だからこそ、転職エージェントを活用した転職活動を行うべきでしょう。

30代転職におすすめの転職エージェント

さて、先程30代の転職では転職エージェントが活躍することはお伝えしました。

では具体的に、どの転職エージェントを使えばよいのか。

30代転職で役立つ転職エージェントを、厳選して紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

  • 転職エージェント業界最大手
  • 求人数が多い

転職エージェントの王様、リクルートエージェントはおすすめです。

30代転職に限らず、どの年代にも対応できる豊富な求人バリエーション。過去大勢の転職を成功に導いてきた成功の実績。

どこをとっても優れています。一つ難点を上げるとすれば、「ターゲットが広すぎる」ことでしょうか。30代の転職ならやはり30代の転職に向けたサービスが豊富な方が使いやすいです。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

ビズリーチ

ビズリーチ

  • 有名企業からスカウトされる
  • 掲載求人の質が良い

ビズリーチはハイキャリア転職に対応した転職エージェント。

スカウトサービスにも対応しているので、自分のスキルや職歴を書いたレジュメを登録しておくことで、企業からスカウトが届きます。

外資系企業や大手企業の求人も扱っているので、キャリアアップや年収アップ目的で転職活動を進める方におすすめです。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介
『即戦力!』というCMでも話題のビズリーチ、高年収や役員向けの求人に特化した転職サービスですが、本当にハイクラスな求人が見つかるのだろうか?と、評判が気になりますよね。 そこで今回は、ハイクラス向けの転職求人サービスのビズリーチの評判...

パソナキャリア

パソナキャリア

  • キャリアコンサルタントの質が高い
  • コンサルタントとの面談が丁寧で長い

パソナキャリアの強みはなんといっても「キャリアコンサルタントの質が高い」ことです。

業界や職種に特化した個別のキャリアコンサルタントが、利用者に平均1.5~2時間ほど時間をかけて、じっくり面談をしてくれます。

運営元のパソナグループは、人材業界ではかなり大手。その広いパイプを使って、質の高い求人を揃えているのも、メリットの一つです。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

  • 世界中に拠点を持つアデコグループの転職エージェント
  • 外資系企業の求人にも強い

人材系企業最大手のアデコグループが運営するのがSpring転職エージェントです。

Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは、徹底的に対応が画一化されているので、よくもわるくも、対応に無駄がありません。

世界中に拠点がある強みを活かして、海外の外資系企業求人に強いのもSpring転職エージェントの強みです。

Spring転職エージェント(アデコ)の使い勝手は?サポートの充実性は?
Spring転職エージェントは、世界最大規模の人材企業「アデコ」が運営する転職エージェントです。 spring転職エージェントですが、実際利用者からの評判をみても悪くない評判を多く聞きます。 日本の大手転職エージェント「リクルー...

30代転職の体験談

30代転職Q&A

転職する30代の疑問や悩みは尽きません。

本格的に困る前に、30代が転職で抱きがちな疑問を解決しておきます。

Q.転職後ハンデを感じるか?

転職後、転職先の社員と年齢によるハンデを感じてしまうか?

という疑問を感じている30代は多いハズ。

実際そこのところどうなのでしょうか。

実際ハンデを感じることはあまりない

ハンデを感じるだろうなと思っていましたが、入社してみると実際にはハンデを感じることなく仕事できました。新しい仕事に慣れるまでにはそれなりの苦労がありましたが、それはどの仕事も同じ。新しい人間関係に馴染めないのは、ハンデというよりは個人的な問題です。

Q.転職先を決めた決め手は?

30代はまだまだ人材として脂の乗った時期です。

転職先の候補はいくつもあるかもしれません。

その候補の中から、実際に転職する転職先を決める決め手はなにか、決め手を知っておくことで自分の転職がとてもスムーズになります。

仕事内容と会社の将来性

以前の会社の待遇が悪いことをきっかけに転職を決めました。しかし転職先を決めた一番のきっかけは仕事内容でした。前の仕事とは違う、そして前の仕事よりやりがいがある仕事がしたいと思い、転職先を選びました。そして会社の将来性も見ました。会社は成長を続けているか。今後長く働くことができる会社か。それも見ていました。

まとめ

転職市場でも数が多い、30代男性が転職する時知っておくべきこと。そして転職する時気をつけておくべきことについて説明しました。

30代前半は、まだまだ自分の伸びしろを考えながら、自分のスキルを活かした転職をするべきです。

そして30代後半は、自分のライフプランも考えながら、自分にとって外せない条件をクリアする転職を行いましょう。

30代向け転職エージェントランキング!30代の転職を戦略的に進めるコツも併せて解説
転職活動を行う方法には、求人サイトから求人のチェックを行うことやハローワークや転職エージェントに登録を行って、転職サポートを受けるという方法などがあります。 しかし転職エージェント・サイトも多くのサービスが乱立している現在、本当に良い...
30代で仕事できない人はどうすればいい?仕事ができない30代の傾向と対策
時は経ち、30代になってしまった人、そんな30代に悩みで実は多いのが「仕事ができない」という悩みです。 もう若い時代は終わって、これから責任ある仕事が任される時代に「仕事ができない」という悩みに縛られて行動できない。 これでは、...
30代で正社員経験なしから非正規→正社員への転職は可能!動き出すなら早いほうが有利です
30代で、事情があってアルバイト勤務経験しかない方も少なくないはず。 事情はあるかもしれませんが、企業側はそんな事情を組んで採用してくれません。 そして30歳を超えた正社員経験なしの状態で、そこから正社員に就職するハードルの高さ...
30代ニートの末路・地獄から脱出して就職する為の4ステップ+α
「30代でニートだけど、まだ若いし焦って就職しなくても大丈夫かな」 「30代になってそろそろニートを脱出したいけど、何から始めていいかわからない」 30代のニートは、そろそろ焦りを感じつつも、まだぎりぎり大丈夫かなとつい怠けてしまい...

コメント