30代で転職失敗する人の特徴!30代の転職を成功させるには?

30代の転職

転職を考える時期として多いのが、ある程度経験を積んだ30代のタイミングではないでしょうか。

20代は終わり、キャリアアップを考える年齢としてはギリギリか…?なんて思っている方も多いはず。

私個人としては、転職するベストの時期は、「本人が転職を考えたそのタイミング」だと思っているので、30代の転職は決して遅すぎることはないと思います。

しかし、20代の転職とは違う勝手で転職しないと、30代の転職は失敗してしまうのも確か。

本格的に転職活動を始める前に、「転職で失敗してしまう30代」の特徴と、30代の転職を成功させるコツを学んでみましょう。

30代の転職難易度は高い?

まずは何より、「30代の転職は難しいのか?」という30代で転職する難易度から調べていきましょう。

30代の転職は、20代の転職と異なり、「若さ」を武器に転職することができません。

30代ともなると、「ポテンシャル」でごまかしがきかなくなるので、ある点では確かに「難しい」です。

しかし30代ならではの、転職で得られるメリットもあります。30代の転職について、詳しい内容を別ページで説明しています。→難易度の高い30代男性の転職!成功のチャンスを見逃さないで!

30代前半の転職

まずは30代の前半に転職した場合の難易度から。

30代の前半というと、まだまだ若者の扱いで企業に迎えられます。

未経験業界への転職は、少し厳しいかもしれませんが、スキルがある業界への転職ならば、まだまだ「伸びしろ」をアピールして転職できます。

30代前半はまだまだ気力と体力に満ち溢れた世代。転職できるチャンスは十二分あります。

30代前半で転職した多くの人が、この年代の転職で不利を感じなかったと回答しています。

30代後半の転職

30代後半では、多くの人が「身の回り」のことを考えて転職する必要が出てくるのではないでしょうか。

30代も後半になると、「家庭」がある人が多くなるでしょう。そして家庭がある人は、家庭を考えながら転職活動を進める必要があるので、活動それ自体に大きな影響が及ぶはず。

単純に考えても、30代の後半にもなると、転職で求められる条件も増えて、とても転職が「簡単」とは言えなくなる年代です。

未経験業界への転職ともなると、選択肢はかなり狭まってくるのではないでしょうか。

未経験業界への転職は厳しい

30代の前半も、後半ならなおさら、未経験業界への転職は難しいです。

理由は言うまでもなく、企業の負担が大きいことです。

未経験の人を雇ってしまうと、企業はその人を教育せざるを得なくなります。そして会社にとって戦力になるくらいに教育したとしても、企業で働いてくれる期間は短い。

ですから、企業はできれば経験者、未経験だったとしたら20代の「若者」を採用したがるのです。

「最後の転職」の覚悟で転職を

30代で転職を考えたなら、この転職が「最後のチャンス」であることを覚悟してください。

最後の転職ということは、キャリアも、年収も、すべて考えながら転職しなければなりません。

30代は、もう決して若いとは言えない年代。若者のように、もう失敗しても許されるチャンスは、あまり残っていないのです。

30代転職の経験談

30代で転職しました。以前の会社は、どれほどがんばって仕事しても会社から評価されず、給与もいっさい上がらないなど、評価制度に不満があったのです。私は安定した企業より、もっとバリバリ働いて、戦力になっている実感のある企業で仕事したいと思い、転職エージェントに登録したのです。結果的に言うと転職は成功しました。給与の面であまり贅沢を言わなかったことや、仕事内容をメインに次職を探したのが良かったのかもしれません。

30代の転職で失敗する人の特徴

さて、ここからは、転職活動で失敗してしまいがちな30代の特徴を調べてみましょう。

転職市場での自分の強みを理解してない

職探しでは、常に自分を俯瞰して見る必要があります。

特に30代の転職ともなると、その傾向は顕著。自分の持っているスキル、経験が転職市場でどれくらいの価値があるのか。自分が転職しやすい業界、職種は何なのか。

まずはそういった「自己分析」から初めてください。

年収へのこだわりが強すぎる

転職において「年収アップ」を期待しすぎるあまり、転職が失敗する人も多いです。

年収の条件は企業も頭を悩ませる部分。まだその人のスキルの理解が十分でないのに、高い年収を期待されても困ります。

30代の転職で考えるべきなのは、年収がどれくらいなのかより、仕事内容が自分にあっているかどうか、です。

決断力が弱い

それまで社員の多い大企業で働いていた人にありがちなのが、決断力が弱く意思決定できない人です。

仕事のなかで自分がどうしたいか、どうするかを考えて来なかったこともあり、転職でも肝心なところで判断できない人が多いのです。

どうして転職したいと思ったのか。転職して何ができるのか。それぞれ、自分の意思をはっきり言える人でないと、転職するのは難しいです。

プライドが高く「評論家基質」になってしまっている人

転職の面接において、前職の不満ばかり出て来る人。

そして他の企業を見ても、経営の粗ばかり見てしまう人、そしてそんな企業には転職したくない…とプライドばかり高くなっている人がいます。

30代ともなると、それなりにやってきた実感がある人が多く、そんなプライドが転職活動の邪魔をしてしまうケースが多いです。

転職する理由が固まっていない

どうして転職したいと思ったのか。転職によってどんな思いを果たしたいと思ったのか、そんな「転職のきっかけ」を説明できない人は転職で失敗しがちです。

「同世代の友人がみな転職してるから」
「なんとなく今の会社が嫌だから」

そんなぼんやりした理由で転職するのはおすすめできません。

あなただけの、あなたなりの転職理由を、しっかり自分の口で説明できるようにしておきましょう。

30台の転職を阻む要因

30代の転職では、身の回りの様々な要因が転職を阻みます。

具体的に、どんな要因が30代の転職を阻むのか。要因を具体的に知っておいて、転職活動をスムーズに行うために対策しておきましょう。

転職活動が長引いて経済的にピンチ

30代の転職ともなると、20代の転職とは異なり、仕事内容から年収など、様々な条件をクリアした後転職を行わなければなりません。

そして様々な条件を考えながらの転職は、どうしても時間がかかるものです。

なんといっても転職活動には、いろんなところでお金がかかります。30代の転職活動は、多くの場合長引きがちで、それゆえに経済的にピンチになってしまいがちです。

独身での転職なら良いですが、これが家族のいる人が転職する場合は大変ですよね。

転職への要望が多すぎる

上で説明した要因ともつながっていますが、そもそも転職に対して求める条件が多すぎると、転職活動がうまくいかなくなりがちです。

「あれもほしい」「これもしたい」

そんな条件を提示するのは勝手ですが、その条件をクリアするためには、あなたに高いスキルが求められるでしょう。

現実的にっクリアできる条件をいくつか絞って、転職活動を進めていくことにしましょう。

家庭が転職を阻む

「家庭」がある30代は、その家庭が転職活動を阻む大きな要因となります。

そもそも家庭があると、その家庭の状況を維持するために「転職しない」という選択肢が出てきます。

転職という行動それ自体に大きなリスクがあるからです。

一人で何も失うものがない転職と、自分の家庭がだめになってしまいかねない転職、それぞれ難易度は天と地の差です。

年収が下がるリスク

仕事する目的の大部分を占めるのが「お金」です。

以前の会社と比べて年収が下がってしまう…。

そんな思いを胸に抱いていると、転職活動を阻む要因となってしまいがちです。20代の転職なら、転職で多少年収が下がっても、このあと年収が上がることを期待できますが、30代ならそうはいきません。

転職前に「年収」と「仕事内容」のどちらを重視して転職するのか。しっかり決めておきましょう。

30代の転職で企業が求めること

それでは逆に、企業側は30代で転職したいと思った人に対して、どんな条件を求めているのか。

30代で転職するために必要な条件、それぞれ知っておきましょう。

他の人が持ってない「専門スキル」

30代ともなると、企業も多少の期待をします。

他の人が持ってない、それまでに培ってきた「専門スキル」があると、企業に「おっ」と思わせることができるはず。

企業にとって30代を雇うのは、働いてくれる期間が短いなどの理由もあり、多少のリスクを感じさせてしまうもの。

そんな企業の心配を感じさせないくらいの強固なスキルがあると、30代でも転職を容易に果たすことができます。

マネジメント経験

30代ともなると、部下を管理した経験がある人も多いでしょう。

企業としても、そんな「マネジメント経験」を期待します。30代ともなると、即戦力どころか、すぐにでも管理職のポジションを求められることもあるでしょう。

30代までにマネジメント経験が無いなら、それにより選択肢が多少狭まることを覚悟しておくべきです。

広くて太い人脈

30代で転職するまでに、仕事やその他の場面で多くの人と関わってきたでしょう。

企業としても、自社で働いていたのでは決して得られなかった人脈を持っていることを期待します。

転職活動の一環で、人脈を広げるのは難しいでしょうが、あらかじめ広い人脈を持っている人は転職活動で有利だと思っておきましょう。

30代転職を成功させる秘訣

さて、30代の転職について詳しくわかってきたところで、30代の転職活動を成功させる秘訣を学んでいきましょう。

30代ともなると、20代のころと比べ考え方も頑固になっており、柔軟な考えができません。

30代の転職のために、それ相応のマインドセットで臨みましょう。

凝り固まったプライドを捨てる

まずはその、転職に対して凝り固まったプライドを捨ててください。

あなたが前職でどんなことをしていただろうと、どんな実績を立ててただろうと、転職活動においては邪魔なだけです。

もう一度思い出してください。あなたは何者でもありません。

企業側としても、あなたの情報なんて無いに等しいのですから、まっさらな状態に戻って転職活動を進めましょう。

徹底的に自己分析する

転職活動でいつも大事だと言われるのが「スキルの棚卸し」です。

自分がどんなスキルを持っており、どんな業界で仕事するのに向いているのか。

あらかじめそれをはっきりさせておけば、転職活動を成功させることができます。

意外と自分のことを理解しておらず、どこかで誤解しているもの。もう一度自分を見つめ直してください。

転職目的の優先順位をはっきりさせる

自分が転職する上で、何を一番の目的としているのか、転職の優先順位を前もってはっきりさせておくことも大切です。

「年収」なのか、
「キャリア」なのか、
「仕事のやりがい」なのか、
「業務環境改善」なのか、

今一度目的をはっきりさせておきたいです。

人間には、「選択回避の法則」というものがあり、選択肢が広いと「選ばない」という選択を下してしまうものです。

逆に選択肢を絞っておくことで、転職活動の目的が明確になり、転職活動を効率的に進めることができます。

在職中に転職を果たす

30代の転職活動は「財政難」との戦いです。

短期間で転職活動を終える人もいますが、多くの人が「長期戦」になってしまうので、長期戦を見込んで「在職中」の転職活動を行ってください。

転職エージェントに相談すれば、就業後や休みに転職の相談をすることができますよ。

30代の転職に役立つ転職エージェント

30代の転職には、転職エージェントの活用をおすすめしています。

どうしても難易度が高くなってしまいがちな30代の転職。その難易度の高さを補うためには、転職活動に精通したプロフェッショナルからのアドバイスが必要不可欠。

そしてその「転職活動に精通したプロフェッショナル」こそ、転職エージェントのキャリアコンサルタントなのです。

具体的にどの転職エージェントが、30代の転職活動で役立つのか、具体的にご説明します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」は、やはり登録しておくべきです。

掲載している求人数が膨大なので、その中には30代の転職にも対応できる求人が多数です。

膨大な選択肢を見るためにも、リクルートエージェントへの登録は欠かせません。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
JACリクルートメントは、「ハイクラス求人」を扱う転職エージェント。

それまでの仕事でスキルを身に着けてきた方なら、JACリクルートメントを使った転職活用がピッタリです。

JACリクルートメントにある「ハイクラス求人」ならば、あなたの「キャリアアップ」や「年収アップ」などの転職ニーズを叶えることに繋がるでしょう。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチもJACリクルートメントと同じく「ハイクラス求人」を扱う転職エージェント。

ビズリーチは主に、企業からのスカウトサービスをメインに扱うエージェントです。

登録者はレジュメを登録しておくことで、企業からのスカウトを待つことができるのです。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

まとめ

30代の転職で失敗しがちな人の特徴、そして転職で失敗しないための秘訣もご紹介しました。

30代の転職では、20代の転職とは違った勝手で動くことになります。どうすれば効率的に転職活動を進められるか考えて、30代の転職、必ずや成功させましょう!

コメント