30代の転職に役立つ資格とは?転職成功の秘訣も紹介

30代の転職

20代で行う転職と、30代の転職はまったく違います。

20代の転職はいわば「イージーモード」。転職先さえ間違えなければ、ポテンシャルや伸びしろをアピールすることで、比較的容易に転職できます。

しかし30代にもなると、転職先企業から求められる条件も難しくなり、企業から相応のスキルを要求されます。

20代の頃のように、やる気があることをアピールしても、企業としてはそれだけで雇うことはできません。

30代の転職に必要な条件とは

30代の転職希望者が、何を考えておくべきか。

どんな事に気をつけながら、転職活動を進めていくべきなのか。

そこからおさらいしておきましょう。

30代男性の転職について詳しい情報は、別記事で説明しています。そちらも御覧ください。

難易度の高い30代男性の転職!転職活動で失敗してしまう人の特徴を紹介
30代で転職を考える男性は多いです。 20代で酸いも甘いも知って、仕事でスキルや知識が身につき、ある程度人生の見通しもついてきた…。 そんなタイミングで、「自分の成長のため」「自分の生活向上のため」など、様々なモチベーションで転...

30代前半で求められること

30代前半の方に求められるのは、やはりそれまで培ってきたスキル、できれば専門的なスキルを持っていることが望ましいです。

そして、ある程度「マネジメントスキル」があると、さらに転職で有利となります。

企業にとって30代前半はまだまだ「伸びしろ」を感じる存在のため、転職の難易度事態は際立って高くありません。

30代後半の転職に必要なこと

これが30代後半の転職となると、一気に難易度が上がります。

30代後半ともなると、30代前半より求められるスキルは高く、さらに専門性のあるスキルが求められます。30代後半ですから、3年以上のマネジメントスキルは当然。

この年代になると、企業は「年相応以上のスキル」を持っていない人は、採用を見送るケースも多くなります。

企業は30代に「即戦力」を求める

まとめると、企業は30代には「即戦力」人材を求めるのです。

研修で育てて、いずれ会社の戦力になってもらえれば良い20代とは異なり、30代ともなると、企業から「期待の眼差し」を受けることを覚悟してください。

30代ともなると、「何がしたいか」よりも「何ができるか」を考えながら転職することが大切となってくるのです。

ある程度のマネジメントスキルも必要

先程もたびたび出てきた「マネジメントスキル」。

企業も30代ともなると、ある程度下の人間をマネジメントしてきた経験を求めます。そしてうちの会社でも、ある程度下の人間を率いてもらいたい、そう考えるのです。

マネジメントスキルがないなら、その不利な条件を覆すほど有利に感じてもらえるくらいに高いスキルを持っておくべきでしょう。

ここでもやはり、資格取得が役に立ってくるのです。

30代の転職で役立つ資格

さて、ここからが本題です。

30代の転職で資格を持っておくべき資格を具体的に紹介します。

日商簿記

商工会議所が実施する検定です。

日商簿記の名前を知らない人の方が少ないのでは。1級~3級で難易度が分かれており、転職する状況によって選ぶ難易度は違います。

日商簿記1級は、持っていると税理士試験の受験資格が手に入るので、税理士試験を受けたい方には必須の資格となります。

日商簿記2級ですが、税理士事務所のスタッフ、一般企業の経理として働くなら必要となるレベルです。30代の転職で、日商簿記2級があれば、かなり選択肢の幅が広がるはずです。

日商簿記3級は、小規模企業での経理を担当できるレベルです。

経理以外の役職でも、営業や管理部門の転職で有利になるレベルです。

秘書検定

「秘書検定」と言っても、秘書の転職以外でも役に立つ資格です。

試験内容は、秘書向けの資質を問うというより、敬語の使い方やマナー、一般常識などが主となります。

30代のビジネスパーソンとして、恥ずかしくないマナーを身に着けているという表明のためにも、秘書検定を取っておくのはおすすめです。

TOEIC

英語力の証明として一番手っ取り早いのが、TOEICです。

外資系企業への転職なら必須ですが、外資系企業以外でも大手企業やメガベンチャーへの転職でも、TOEICを持っているのはかなりの強みです。

履歴書に書けるのは、最低でも600点以上。800点あると、30代の転職でもかなりTOEICが有利に働くと思って良いでしょう。

中小企業診断士

経営コンサルタントへの転職は人気です。

コンサルタントは高年収で、仕事のやりがいがあるとして、近年注目を集めています。

そんな「コンサルタントへの転職」をご希望なら、中小企業診断士の資格をおすすめします。

「コンサルタント」を事象する、名ばかりコンサルタントも多いですが、中小企業診断士を持っていればしっかりとスキルを持っていることの証明にもなります。

それに中小企業診断士は、コンサルタントのために用意された「国家資格」です。新しい資格であることもあり、難易度もまだそれほど高くありません。

宅地建物取引主任者

不動産業界への転職を考えている方なら、宅地建物取引主任者、通称宅建は持っておきたいです。

持っておきたいというより、不動産業界への転職にはこの宅地建物取引主任者資格は、「推奨」というより「必須」。

持っていることが転職において有利に働く…とは言い難いです。

宅地建物取引主任者を持っていることにプラスして、転職先で活かせる人脈やスキルがないか、一度考えてみるべきでしょう。

30代女性が転職で持っておきたい資格

続いて、同じ30代でも条件が変わってくる、30代女性の転職に役立つ資格を調べてみましょう。

まだまだ日本社会は女性が活躍し辛い状態が続いています。そんな中でも、転職したい女性が持っとくべき資格を紹介します。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー、FPとも呼ばれるこの資格を持っていれば、税金、保険、年金など、幅広い分野に精通していることを示すことができます。

ファイナンシャルプランナーは、「ライフステージにおけるお金の設計」のスペシャリスト。この時期の収入はこれくらいで、これくらいのお金が出ていく…といったお金の人生設計をすべて把握しています。

金融機関だでなく、不動産業界、保険の会社でも役に立つ資格となっています。

介護資格

介護業界への転職なら必須の資格となりますが、介護業界以外でも、看護業界など幅広い分野の転職で役に立ちます。

それになんといってもつぶしが利くので、今後介護資格があれば、いつでも介護職で働けれる安心感も手に入ります。

簿記

30代男性が持っていると転職に有利な簿記資格ですが、30代女性が持っているのも有利に働く資格です。

簿記1級、2級があれば、専門的な仕事ができるのは言うまでもありません。しかし簿記3級を持っているだけでも、経理や事務などで、資格保有者は企業から優遇されるのは言うまでもありません。

医療事務

古くから女性に人気の医療事務資格。

医療事務を持っていれば、医療関係施設の事務職となることができます。医療施設の事務職は、給与面や待遇が安定しており、時間の優遇も効くとして、幅広い女性に人気です。

資格があれば、復職もできるというのが、医療事務の魅力の一つですね。

MOS

マイクロソフトオフィススペシャリスト、通称MOSは、持っていれば「マイクロソフトのOfficeを一通り理解している」という表明になります。

事務職その他幅広い企業で、Excel、PowerPoint、Wordを使う能力は必須です。

MOSを持っていて困る、なんて企業はほとんどありません。幅広い業界への転職にで役立つ資格です。

転職のゴールを決めてから資格を獲る

転職のゴール、どの業界の、どの職業に転職する、までわかっていると資格選びが簡単になります。

今自分に必要なスキルはどれか、それを考えて、足りない部分を補うことができる資格を取れば良いからです。

村上春樹の小説に書いてあった一文を思い出します。

限定された目的は人生を簡潔にする

まさにこの言葉どおりです。

普遍的な資格より専門性の高い資格の方が重宝される

上の項目では、どの企業への転職でも役立つ、普遍的な資格を紹介しました。

しかし転職先の業界がしっかり決まっているなら、その業界で重宝される、オンリーワンな資格を持っておくことをおすすめします。

特にこれは、「未経験業界への転職」で言えることです。

30代の転職ともなると、未経験業界への転職はかなり難しくなります。未経験業界へ転職するには、「基本的なことはすべてわかっている」ことの表明が必要となります。

そのために、専門的な資格を持っておくことが必要となるというわけです。

この資格があればどれくらい給与をもらえるのかを調べる

資格を選ぶ時大切なのが、この資格を取って転職することで、今より給与が上がりそうかどうか、資格とお金のポイントです。

転職後資格の勉強を始めるという手もありますが、特に転職直後はバタバタしているので、手間を省くという意味でも転職前に資格を取っておくことをおすすめします。

30代の転職はリスクも多い

30代で転職を考えるのは、いくつかリスクもあります。

30代で転職すれば、それまでのスキルを活かしてキャリアアップや年収アップの可能性も出てくるもの。

しかし、それと同時に、転職で今より悪い状況になってしまいかねないリスクもあるのです。

伸びしろが無いリスク

転職した後関わる仕事で、何もスキルが身につかないなど、転職した後伸びしろがない…というのはかなり悪い状況です。

30代の転職で考えておくべきことは、キャリアアップなどの他に、「転職後関わる仕事で自分は成長できるか」も外せません。

30代の転職ともなると、今度そう何度も転職することは無いでしょう。「今回が最後の転職」くらいの気持ちで、転職活動を進めてください。

年収ダウンのリスク

30代の転職は、現在置かれているライフステージと切っても切れない関係にあります。

30代の方が、例えば家族との時間を取るために転職したとしたら、現在より年収が下がってしまうリスクがあります。

年収が多少下がってもいいから、より働きやすい職場に行きたい!と思うか、年収は維持しつつ転職するかで、転職活動の難易度も変わってきます。

当然、勤務環境が良く、ある程度給与も高い仕事というのは、転職の競争率が高く難易度も上がります。

資格を取ったら転職エージェントの活用を

確固たるスキルを得た実感、つまり転職のための資格を取得できたなら、いよいよ転職活動に踏み切りましょう。

転職活動の足がかりとすべきなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントに登録すれば、在籍しているキャリアコンサルタントに相談できるので、転職活動を二人三脚で進めることができます。

どの求人に、どのような手順で、どのようにアプローチすれば転職が成功するか、正しく見定めることができます。

30代の転職には、具体的にどの転職エージェントを利用するべきなのか、具体的にご説明します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェント最大手、リクルートエージェントはおすすめです。

リクルートエージェントの一番の魅力はやはりなんといっても、その豊富な求人。

30代でも受け入れてくれる、かつあなたの転職したいと思っている業界の求人が、リクルートエージェントならきっと見つかるはずです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

doda

doda

リクルートエージェントに次ぐ規模の転職エージェントが、テレビCMでもおなじみのdodaです。

dodaのエージェントサービスへ登録すれば、在籍している転職のプロフェッショナルであるキャリアコンサルタントから、条件にピッタリの求人を紹介してもらえます。

中には、doda独占の求人もありますから、リクルートエージェントと合わせて利用するというのも良いかもしれません。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職エージェントの中において「キャリアコンサルタントが優秀」だと言われています。

しっかりと教育が行き届いたキャリアコンサルタントが、あなたの転職をきっと成功に導いてくれるはず。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、「ハイクラス求人」を扱うハイキャリア転職を専門に扱う転職エージェント。

30代ともなれば、ハイキャリア転職を狙う人も多いでしょう。

JACリクルートメントを、外資系企業、大手企業への転職の足がかりとしてください。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、30代の転職で役に立つ資格についてご説明しました。

30代ともなれば、20代のようにポテンシャルでごまかしが効かない世代となります。

自分のスキルを表明するための資格を引っさげて、転職活動を進めてください。

コメント