30代で仕事できない人はどうすればいい?仕事ができない30代の傾向と対策

30代の転職

時は経ち、30代になってしまった人、そんな30代に悩みで実は多いのが「仕事ができない」という悩みです。

もう若い時代は終わって、これから責任ある仕事が任される時代に「仕事ができない」という悩みに縛られて行動できない。

これでは、ベストなポテンシャルを出して仕事できません。

「自分は仕事ができない」

と悩みながら仕事するのは、あまりにも辛すぎます。

30代になると関わる人の数も増えて、色々と考えなくてはいけないことも増え、首位の様子が気になる年頃かもしれません。

辛い「自分は仕事ができない」と悩む30代は、今後どんな思いで仕事と向き合うべきなのか。

「仕事ができない」と悩む30代のために、どうすれば仕事をうまく進めることができるかを、私なりに考えてみます。

極論「30代でも仕事できなくていい」

私はこれでも、転職で悩む様々な人の相談を受けて、実際にその相談に応えてきました。

実際仕事ができないことで悩むビジネスマンはとても多く、その原因も様々です。

周りとの差が歴然と出てくる年代ですし、20代の優秀な若者は下からどんどん追い上げてくる年代です。

クリープハイプの曲にも、悩める30代の「二十九、三十」なんて曲があるくらい、歳を追うごとに仕事に関する悩みが頭をもたげてくることでしょう。

「仕事ができない」ことを仕方ないで済ませることができるのも、二十代の若い年代まで。

30代ではそうもいかない…と思っている人がほとんどでしょう。

しかし私は、「30代でも仕事ができなくていい」と考えています。

極論ですが、私はそこまで過度に悩みすぎない方がいいと考えています。

その「仕事ができない」は、誰か他人と自分を比べて言っているだけに過ぎません。

そこには相対評価しかなく、自分の価値観で自分を苦しめているだけです。

年齢の価値基準は一度捨ててしまうべき

仕事ができないと悩んでいる30代の多くが、仕事の価値基準を年齢に置いています。

「30代にもなって…」
「30代なら仕事がバリバリできてしかるべき」

そんな思い込み、心がけゆえあなたは苦しんでいるのです。

あなたは今、仕事ができる30代と自分を比べて苦しんでいるのです。

そしてそこまであなたが苦しんでいるということは、その差を埋めるのはかなり難しいです。

なぜならその仕事ができる人は、今までかなり苦労して、「仕事ができる」と評価されるまでとなったのです。

今からあなたが一朝一夕の努力でどうにかなる問題でもありません。

それより現実的で効果的なのは、あなたがこれから気を入れ直して、まるで新入社員かのような心持ちで仕事することだけです。

チャンスを逃さず、「30代だからチャレンジできない」なんて思い込みは捨てて、どんどん新しいことにチャレンジする精神。

それこそがあなたを救ってくれることでしょう。

仕事をする上でフレッシュな気持ち、チャレンジを恐れない気持ちを持っている人だけが、その後成功するのです。

仕事できる人のほうが少数

実際、仕事できる30代と、仕事ができない30代の数を比べると、圧倒的に仕事ができない30代のほうが多数派です。

「仕事できない30代は自分だけ…」と悩んでいる方は、むしろ仕事ができない人のほうが多数派であることを思い返して、もっと自信を持ってください。

それどころか、周囲をよく見れば、「自分は仕事ができない」と悩んでいる人ばかり。

あの偉そうな上司も、自信有り気な後輩だって、裏では「自分は仕事ができない」と悩んでいるかもしれません、

組織の一員として仕事している限り、ある程度責任は増えてきて、仕事の成果は有耶無耶になってきます。

組織の中にいる限り、ひとりひとりの悩みなんてどんどん薄まっていくものなのです。

仕事ができない人が集まって、いくつもの事業を成り立たせるのが、組織というものなのです。

いかに組織のなかで 上手に立ち回っていくか。

それこそがあなたの会社内での立場を決めるものです。

どんな人が「仕事できない」と言われるか

それでは具体的に、どんな人が「仕事ができない人」の烙印を押されてしまうのか。

「仕事ができない人の特徴」を少し調べていきましょう。

ここで当てはまってしまっている人は、心構えを変えるか、なんとか改善案を考えなくてはいけません。

人の話を聞かない

30代になると、仕事の経験だけは多くなってくるのでなんでも「知っている」と思い込んで人の話を聞きません。

本当は何も知らないし、理解もしてないのに、自尊心だけはいっちょ前に大きくなって、人の話を聞き流すのが特徴です。

ミスを指摘されると機嫌が悪くなる

仕事ができない30代は、人からミスを指摘されると、とたんに機嫌が悪くなります。

プライドだけは大きくなっているので、「自分の仕事が正しいはず」という、無駄に意固地な気持ちで仕事しています。

そのため、仕事できない30代ほど、ミスの指摘で怒ります。

約束を守らない

仕事のできない30代ほど、やると言っていた仕事の機嫌を守らず、やりません。

口ばっかり達者なので、約束だけ取り掛からないなんてことがあります。

しかし年齢が上な分、後輩の身から怒ることができません。

覚えが悪いのにメモを取らない

覚えが悪い癖に、メモを取る素振りがいっさいないのも特徴です。

自分を過度に過信しがちなので、メモを取るなど真摯に学ぶ姿勢がありません。

仕事ができないなら少しずつできるようになろう

「仕事ができない」という状況を放置するべきではありません。

できるところから、簡単なところから徐々に現状を改善させる努力が必要。

変化を、挑戦を受け入れなくなったら、人間は死んだも同じです。

謙虚な気持ちで仕事する

謙虚な気持ちで仕事するのが、何より大切です。

30もすぎると、プライドや社会的地位など、様々な要素があなたの考えを邪魔するでしょう。

しかしここで、プライドが邪魔して「後輩から教わる」チャンスを逃してはいけません。

わからないことはわからない、そしてわからないことはわかる人に聞くこと。

この謙虚な姿勢が一番大切です。

少しでも若い時代に、失敗を経験してその失敗から学ぶこと。

それが、仕事ができる人になるためにできることです。

考えを止めない

30にもなると、仕事を慣れでこなしてしまいがちです。

しかしそうなると、仕事のなかで考えることがなくなり、ただただ仕事をこなすのみになってしまいます。

たとえ仕事が単純作業でも、「この作業は何のためか」「もっと作業を効率化するためにできるとはないか」を考えながらやりましょう。

ただ慣れでこなすだけでは、それは仕事ではありません。

ただ目の前のものを右から左に流すだけの、作業です。

それではいくら続けたところで、自分のスキルが身につくことはありません。

基本から考え直す

30にもなると、仕事のやり方には自分流のフォーマットができているでしょう。

しかしそのやり方を今一度見直して、基本から組み立て直すことが大切です。

わからないことは、わかる人にどんどん聞いて、新しいことにはどんどんチャレンジする精神がないと、仕事できない状況がどんどん深みにハマってしまいます。

できるだけ早くプライドとおさらばして、1から学び直す精神を持たないと、その後ずっと「仕事できない」という烙印から逃れることはできません。

難しいかもしれませんが、社会人1年目の精神と行動力を持ち直して、今一度自分にできることを探してみましょう。

あなたの仕事ができない理由は職場が悪いかも

あなたが「仕事ができない」という自認で仕事しているのは、もしかしたらあなたのせいではないかもしれません。

職場の環境が悪く、あなたのパフォーマンスが発揮できない結果、あなたは「仕事ができない」と思い込んでいるということはないでしょうか。

それならあなたが今の状況を改善するためにできることは「転職」です。

あなたのパフォーマンスを活かせる会社に転職するべきかも

あなたが働きやすいと感じる職場は、社会にきっとあるはず。

30代ともなると、転職はスピード勝負になります。

一秒でも若いうちに、転職活動をはじめてください。

何がしたいかわからない」なんて人は、転職エージェントに登録後、キャリアコンサルタントに相談しても良いかもしれません。

転職におすすめのエージェント:リクルートエージェント

どの転職エージェントに登録すればいいかわからない、という方のためにおすすめの転職エージェントを紹介します。

1つ目は「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、あらゆる転職エージェントの中でおいっとも多くの求人を抱えており、30代でも働きやすい求人を見つけることができるのです。

リクルートエージェントは、過去多くの実績があるので、豊富なその実績というのも利用者の強い味方です。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

転職におすすめのエージェント:ビズリーチ

30代の転職なら、30代の転職専用の転職エージェントを使うべきです。

それなりの実績、経験、スキルがあるなら、ビズリーチへ登録して、30代向けの求人からの転職を考えるのも良いでしょう。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

まとめ

「仕事ができない」という自負のある30代なら、その状況を変えるための努力が必要です。

仕事のやり方を考え直して、プライドを捨てて、遠慮なく新人にも聞く謙虚な姿勢を持つこと。

それでも難しい場合は、無理せず「転職」という選択肢を選ぶのもひとつの手です。

コメント