30代で正社員経験なしから非正規→正社員への転職は可能!動き出すなら早いほうが有利です

転職コラム

30代で、事情があってアルバイト勤務経験しかない方も少なくないはず。

事情はあるかもしれませんが、企業側はそんな事情を組んで採用してくれません。そして30歳を超えた正社員経験なしの状態で、そこから正社員に就職するハードルの高さはかなりのものです。

しかし、30代からの正社員就職、決して不可能ではありません。

それに現在は、あらゆる業界で慢性的な人手不足。

適切な手順を踏んで職探しを行えば、必ずや正社員として働くことができるはず。

今回はそんな正社員として働く「適切な手順」について、詳しく説明していこうと思います。

30代正社員経験無し資格なしという状態

一言で「30代正社員経験なし」と言うのは簡単です。

しかしその30代で正社員経験がないというのがどんな状態なのか。もう一度おさらいしておきましょう。

30代正社員なしはどうして不利か

「30代で正社員なし」の状態がどうして転職、就職に不利なのか。そのことをしっかり理解しているでしょうか。

なんだかなんとなく「情けない」とかどういった認識しかない方も多いはず。

30代で就職・転職を行う場合、どんな点が不利になるのか、具体的にみていきましょう。

スキル・人格を疑われる

30歳をこえて正社員経験がないと、わかりやすく人格や人となりを疑われてしまいます。

「30代になるまで何をしていたんだ」と思われることを避けられないので、また後ほど説明しますが、「30代まで正社員になれなかったストーリー」を考えておく必要があります。

20代までしか応募できる求人が多い

単純に「30代では申し込めない求人」が多いです。

スキルや熱意の問題ではなく、単純に申し込めないのです。

この点で、正社員経験無し関係なく、30代の就職・転職が不利になってしまうのです。

入社後も居心地が悪い

たとえ30代で採用されたとしても、入社後会社の中での立場が弱くなってしまいます。

それに、正社員経験無しということは、入社後は完全に「仕事を教わる側」です。

20代など若者に教わる30代の構図ができあがってしまい、会社のなかでかなり居心地が悪くなってしまうでしょう。

30代と20代には印象に大きな隔たりがある

30代と20代では、単純に印象がまったく異なります。

たとえ29歳と30代であったとしても、「若者」と「おじさん」くらいの差はあります。

30代と20代では、大して時間は変わらないはずでも、「30歳にもなって」なんて言葉をかけられてしまうのです。

まず、「30代」という言葉の裏には「責任」「人生経験」がのしかかってくることを、あらかじめ把握しておいてください。

どうして30歳まで正社員なしになってしまうのか

そもそも、どうして30代で正社員経験無しなんて状態になってしまったのか。

30代で正社員経験無しとなってしまう原因も探っていきましょう。

原因がわからないと、その問題の対策も立てにくくなってしまいますからね。

天職市場ニーズと噛み合っていない

現在、新卒の就職率はかなり上がっています。

国内企業の経営状況、少子高齢化など、様々な要因があります。ともあれ、現在の新卒は仕事選びに困ることはありません。

しかしそれは、新卒採用の状況だけの話。天職市場の状況は、とても最高の状態とは言い難いです。

中途採用は今も昔も「即戦力人材」が強いです。30代正社員経験無しの人材は、とてもじゃないですが即戦力とは言い難いです。

採用のハードルの高さは言うまでもありませんね…。

夢をおいかけていた

30歳を超えるまでずっと夢を追いかけて居た人も多いでしょう。

20代の頃は、アルバイトしながらがむしゃらに夢を追いかけていた方も、30を超えて「これじゃだめだ」と現実を見る。そして職探し…という方も多いでしょう。

夢を見るのは楽しくても、30歳をこえてから現実をみるのは辛いことも多いですよね…。

非正規から正社員へ転職するための方法

30代正社員経験なしへの理解が深まったところで、ここからは非正規から正社員へ転職するための、具体的な方法を考えていきましょう。

非正規の転職に強いサイトを活用する

フリーター、第二新卒など、特定の属性に特化した転職エージェントも存在します。

そのような、自分にあった転職サイトに登録して、そのエージェントを活用しながら転職活動、就職活動を行うことで、30代正社員経験無しでも正社員の職を得ることは可能です。

キャリアコンサルタントに相談する

転職エージェントを活用すれば、何より「キャリアコンサルタントと相談」が可能になります。

キャリアコンサルタントは、第三者目線から、「この人にあった求人はどれか」「どのように転職活動を進めれば成功するか」をアドバイスしてくれます。

たとえ属性が弱くスキルが乏しいとしても、明確なヒントをくれるはずです。

30代正社員経験無しでも採用されやすい業界で勤める

30代正社員経験無しでも、採用されやすい業界に就職するのがおすすめです。

そうした業界の特徴としては、

  • 人手不足
  • 誰でもできる仕事がある
  • などの特徴があります。

    具体的にどの業界が就職しやすいのか、紹介します。

    就職しやすい業界:介護業界

    介護業界は慢性的に人手不足で、30代正社員経験なしでも比較的就職しやすい業界です。

    介護業界では、研修を通して上位の資格取得を目指すことができ、最終的にはケアマネージャーへのキャリアアップも可能です。

    低賃金、低所得が嘆かれる介護業界ですが、自分の努力次第ではキャリアアップ、年収アップが不可能ではありません。

    ニートでも介護の正社員になれるのか?
    現在ニートの方で、本当は働きたいのにニートなんて雇ってくれる所がないと諦めている方はいませんか?一度ニートになってしまうと、なかなか就職するのが難しいイメージがあると思います。 しかし、介護職なら正社員として雇ってもらえる可能性が十分...

    就職しやすい業界:IT業界

    IT業界も比較的30代正社員経験無しで採用されやすい業界です。

    理由はやはり「人手不足」。仕事を受注してシステムを作っているような会社は、猫の手も借りたい状態です。

    とはいえやはりIT業界は向き不向きがはっきり現れる業界です。普段から趣味でPCを触っているような人、サイバーガジェットに興味があるような人が向いているかもしれませんね。

    ITエンジニア向け転職サイト・エージェントランキング
    これから転職を考えている、ITエンジニア・クリエイター向けの転職サイト・転職エージェントランキングです。IT特化型とはいえ、種類は多いです。しっかり比較してみてください。

    就職しやすい業界:飲食

    飲食業界も人手不足で、30代正社員経験無しが採用されやすい業界です。

    人手が足りてないこともあり、外国人労働者を多く採用しているほどです。マニュアルもしっかり定まっており、未経験でも働きやすい仕組みも出来上がっています。

    しかし「飲食業界はブラック」なんて言われることも多く、従業員にとって働きにくい現場が多いのも確かです。

    就職しやすい職種:営業

    30代正社員経験無しが働きやすい業界ではないですが、30代正社員経験無しが採用されやすい職種として「営業」があります。

    営業は、スキルや知恵などよりも「ポテンシャル」が求められる仕事です。

    つまり、ポテンシャルがあれば、30代正社員経験無しでも、十分採用される見込みがあるということです。

    ハローワークで職探し

    職探しといえば、ハローワークです。

    ハローワークに求人広告を出す企業は、「人手不足」の企業が多いです。

    そのため、ハローワークなら「30代正社員経験無し」で採用される求人を見つけやすくなるのです。

    30代正社員経験無しで就職するための準備

    さて、30代正社員経験無しでも、正社員雇用されるまでの道筋が見えてきたところで、もっと具体的に今の状態で正社員に就職・転職するための流れをみていきましょう。

    どうして30代まで正社員経験がないかストーリーを組み立てる

    まず、大前提として「30代正社員経験無し」は不利です。

    そんな不利な状況に追い込まれるに至った、誰もが聞いて納得できるストーリーが必要となるのです。

    どうしても抜けられない、のっぴきならない状況だったこと、しっかりと採用試験の場で説明する準備をしておいてください。

    親の介護、事業の準備、外国に住んでいたなど。もちろん嘘はいけませんが、多少話を盛るくらいの腹積もりで準備しておきましょう。

    履歴書・職務経歴書を作り込む

    30代正社員経験無しということは、それだけ履歴書、職務経歴書に書く内容がマイナスポイントとなりかねないということです。

    一見長所らしくないポイントでも、見方を変えれば長所になり得るポイントは多いはず。

    履歴書や職務経歴書で書くべきなのは、その書類を読んだ採用担当が「雇いたい」と思わせるのがポイントです。

    相手の立場に立ちながら書類を作り込んでいけば、自ずと書類の作り方が見えてくるはず。

    面接対策をしっかり立てる

    30代正社員経験無しな方に立ちふさがる壁はまだあります。

    それは、「面接」です。採用担当者が、その人のスキルや人となりを、会話でいわば審査するのが「面接」です。

    面接は「コミュニケーションスキル」で乗り切れる部分が多いので、30代で正社員経験無しでも十分戦うことができます。

    相手の質問をしっかり想定して、こちらの返答もしっかり考えておけば、面接で好印象を与えられるはずです。

    30代であることに卑屈にならない

    面接でだめなのが、「自分は30代で正社員経験もない…」という考えがあることで卑屈になってしまうことです。

    面接官も、「自信なさげ」な人を雇いたいとは思いません。たとえ30代で正社員経験がなかったとしても、しっかりと自分の意思、考えがあって、話す相手に好印象を与えることができる。

    そんな人が採用されるのです。

    30代になったら他人を頼って!

    30代正社員経験無しの就職・転職は確かに難易度は高いです。

    正社員経験無しの状態から、一気に正社員へステップアップするためには、自分ひとりの判断で転職するのは危険です。

    もっと客観的な視点を持っている、第三者の目線からアドバイスをもらってください。

    歳を追うごとにあなたは頑固になってきてるかもしれませんが、就職・転職においては「人に頼る」のがとても大切になります。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。

    30代正社員経験無しからの転職・就職、確かに難易度が高いですが、目測は見えてきたでしょうか。

    30代正社員経験無しの状態では、確かに不利です。しかし、決して不可能ではありません。

    今自分がとるべき手段をしっかり考えて、少しでも早い段階で行動に移しましょう。

    コメント