30代のフリーターが正社員に就職する方法!どうすれば脱フリーターができるのか

フリーターの就職・転職

最近はどこでも「転職した」「就職した」という声が聞こえてきます。

現在日本は人材市場が活性化していることが見て取れますね。不景気が嘆かれて久しいですが、少なくとも人材業界は景気の良い状態が続いているのかもしれません。

しかしそんな中、「正社員雇用してもらえない」「フリーターを脱せない」なんて悩んでいる30代も多いのも事実です。

正社員としての仕事が決まらず焦っている30代のみなさん。ここでは、どうして正社員の仕事が決まらないのか。どうすれば30代で、脱フリーターを行い正社員雇用してもらえるのか。

それを解き明かしていき、悩める30代フリーターを助けたいと思います。

30代フリーターは年々増加傾向にある

現在30代フリーターの人口は年々増加しているそうです。

厚生労働省の調査をみると、20代の若年性非正規雇用者の数は年々減っているものの、これが30代非正規雇用となると増加傾向にあるそうです。

現在人手不足の業界が多く、人材業界が流動的だと言われていますが、盛んに動いているのは「若年層の就職・転職市場」です。

どの企業も30代社員の採用には慎重になっているということですね。

30代フリーターの就職、可能ではありますが、何も考えずに成功するほど甘くはないのです。

就職できないスパイラルにハマってしまっている

日本はまだまだ「新卒」が強いです。

新卒の状態で正社員に就職できず、フリーターとして社会に出てしまうと、その後もズルズルとフリーターとして働き続けてしまうリスクがあります。

日本は「レールに沿った生き方幻想」があります。一度レールから逸れた生き方をしてしまうと、再びレールに戻ることが難しいのです。

就職氷河期世代がフリーターのまま年齢を重ねている

30代フリーター人口が多い要因の一つに「就職氷河期世代が就職に失敗した歴史」があります。

新卒として就職しにくかった「就職氷河期世代」の中盤~後半の世代は現在30代。

年々衰えていく気力と体力で、脱フリーターへの意思が薄れてきている世代です。

これからの「30代フリーター」の話をしよう

30代フリーターである現在の状況に文句や愚痴を言っていてもはじまりません。

文句を言うのではなく、どうしたら今後フリーターを脱して、正社員として働くことができるか。

現実的な30代フリーターの今後の生き方を考えていきましょう。

採用する企業側の考えを読めば就職が見えてくる

フリーターから正社員という流れを考えているあなたは、「採用する企業」の気持ちになって考えてみる必要があります。

長らくフリーターで、正社員経験のない人材を雇うのは、企業にとってかなりリスクです。若さもない、スキルもないでは、企業にとって愛用するメリットが見つかりません。

採用側は、その人材を採用することで「自社へのメリット」を感じたいのです。
「30代のフリーターでも、どうすればメリットを感じてもらえるのか」
を考えれば、採用されるための対策が見えてきます。

「資格」「スキル」「他の人がもってない何か」を引っさげていけば、30代フリーターでも転職の目が見えてきますよね。

人手不足の業界への就職なら30代フリーターでも可能

「難易度の低い30代フリーターの就職」を考えましょう。

比較的容易に、正社員への就職を目指すなら「人手不足の業界」への就職を目指すのがおすすめです。

人手不足の業界は、人材に関してあまり選り好みしてられないという理由もあり、フリーターからでも就職が比較的簡単なのです。

就職しやすい業界、職種を具体的にみていきましょう。

IT業界

IT業界は、成長産業であることもあり人手が足りていません。

最近は理系以外の学生をSEとして受け入れる「文系SE」が多くなっているほどです。そこからも分かる通り、あまり人を選り好みしていられる状態ではないのです。

たとえ30代フリーターでも、ある程度PCスキルがあれば、十分に就職は可能です。

営業職

普遍的にどの業界でも、営業職への就職なら可能です。

営業職で求められるのは「スキル」「学歴」ではなく、「ポテンシャル」だからです。

問題は、30代フリーターで、採用する企業側に「高いポテンシャル」を感じてもらうことができるかということ。

営業職に「体育会系」が多いのは、高いポテンシャルを有しているからに他ならないのです。

フリーターから営業職へ就職できる?正社員になるためのコツとは?
フリーターから正社員になるのは難しいものですが、比較的正社員として就職しやすいのが営業職と言われています。 ここでは、営業職として正社員になりたいフリーターの方のために、役立つ情報をご紹介していきます。フリーターから正社員を目指す方は...

介護業界

介護業界も人手不足です。

年々増えていく要介護者に対して、介護する側の人間が追いついていません。

介護業界で働くためには資格が必要ですが、簡単な仕事をしながら資格習得を目指せるなど、働き方に自由度が高いのもおすすめの理由です。

ニートでも介護の正社員になれるのか?
現在ニートの方で、本当は働きたいのにニートなんて雇ってくれる所がないと諦めている方はいませんか?一度ニートになってしまうと、なかなか就職するのが難しいイメージがあると思います。 しかし、介護職なら正社員として雇ってもらえる可能性が十分...

フリーター時代に培ったスキルを活かす

30代フリーターということは、それなりに長い期間フリーターとして働いていたということになります。

その仕事の中で培ったスキルを活かして、正社員就職を目指すのが一番スムーズです。

フリーター時代のスキルをアピールする方向に考えれば、面接でも一つ話のネタになりますよね。

資格を活かして就職

これも現実的です。

30代フリーターというハンデを乗り越えるほどのパワーを持つ資格を持っていれば、正社員として就職するのもそれほど難しいことではないでしょう。

とはいえ、「資格習得」に多くの時間を使っていると、脱フリーターがさらに難しくなります。

早め早めの行動を心がけておいてください。

30代フリーター就職に強い就職サイトを活用する

「フリーターから正社員に就職(転職)したい」と思っている人は実は結構いるもので、そういった人の就職をサポートするサービスも意外と多いのです。

30代フリーターという、それなりにきつい状況を脱するには、こうしたサービスをフル活用するのが一番の近道です。

具体的に、どのサイトを使えばいいのか?ご紹介します。

就職shop

就職shopは、フリーターの正社員就職アシストに特化したサイト。

リクルートグループのサービスなので、安心して利用することができます。

そして、さすが人材業界最大手のリクルートらしく、求人の多さが自慢です。その求人も、未経験可で、書類選考もない求人が中心です。

もちろん、若いフリーターだけでなく、30代のフリーターの就職にも対応しており、多くのフリーターに助け舟を出してくれています。

就職Shopの使い勝手は?サポートの充実性は?
就職shopは、20代の若者向け転職サービス。リクルートグループの提供する就職shopの特徴は、ニートやフリーターなど、社会的属性の低い人でも利用できるというものです。

リクルートエージェント

転職エージェント最大手、リクルートエージェントはやはりおすすめです。

リクルートエージェントには他のエージェントとは比べ物にならない、大量の求人が集まっているので、その中の「未経験可」の求人への応募で30代フリーターの就職が可能になるのです。

リクルートエージェントのサービスが利用可能になれば、エージェントと相談してみるだけでも、十分価値があります。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

ハローワーク

就職サイトではありませんが、フリーターの就職支援といえばやはり「ハローワーク」でしょう。

しかし、ハローワークは求人掲載側の負担が無いため、他の転職サイトや転職エージェントよりブラック企業や空求人率が高くなってしまいます。

ハローワーク一本に絞った就職活動は、やはりおすすめできません。

履歴書・職務経歴書を作り込む

正社員経験のない30代フリーターともなると、履歴書や職務経歴書の書き方に悩んでしまう人も多いはず。

真面目に、バカ正直に経歴を書くと、正社員登用がさらに遠のいてしまう結果にもなりかねません。

フリーター期間が長いことに卑屈になることなく、自分の長所をいかにうまく見せられるか、「自分の魅せ方」を真剣に考えて、提出書類を作ってください。

プライドもこだわりも捨てる

30代フリーターという偏った生き方が長くなると、変なプライドが出てくるかもしれません。

変なプライド、おかしな生き方へのこだわりが大きくなってくると、「就職」への判断力も落ちてくるので脱フリーターが難しくなります。

今現在すでに自分の生き方は「弱い」ことをしっかりと自覚して、より安牌な生き方を考えてみてください。

誰かに相談する

人一人の判断力なんて大したことありません。

自分ひとりの考えだけで判断するのではなく、誰か第三者の意見を聞いた上で、行動を起こすのも大切です。

そして大切なのが、「第三者からアドバイスをもらう」ことです。当事者からはわからずとも、第三者目線で見ればわかる「弱点」も多いです。

そうした意味では、やはり30代フリーター転職には「転職エージェント」を活用するのがいいかもしれません。転職エージェントにはキャリアコンサルタントがおり、有用なアドバイスをもらうことができるからです。

仕事に対する認識を改めたほうが良いかも

30代になるまでフリーター期間が続いていると、その後うまく正社員として就職できたとしても、「すぐ転職」なんて事になりかねません。

最近は確かに転職を重ねるのも一般的になってきましたが、現実的にキャリアの無い30代フリーターは贅沢を言ってられるような属性ではありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年々人口が増えていると言われる30代フリーターの就職に役立つ情報を紹介しました。

「30代フリーター」という呼び方には確かに負のイメージが強いですが、必要以上卑屈になることなく、堂々とした態度で正社員登用を目指してください。

どの企業の採用担当も、応募した人の「自信」を感じて採用を決めるのです。

コメント