30代エンジニアが転職でやりがちな失敗と対策

年代別IT転職

30代のエンジニアは最も企業からも魅力が高い人材であり、転職するときにも有利なのは確かです。

しかし、理想的な転職ができると考えて活動をしたけれど失敗してしまうというケースも多々あります。何が原因になっているのでしょうか。

30代エンジニアが転職でやりがちな失敗

30代のエンジニアはどの現場でも重宝されているので転職するには有利だと考えがちです。

それがそもそもの失敗の原因になっている場合が多いので気をつけましょう。確かに30代は体力や気力もまだ充実している若さがあり、現場経験を積んでスキルが高くなっているのが魅力です。その点を重視してしまったがために失敗する例は多くなっています。

自分のスキルを見誤る

転職の失敗例として最も多いのが自分のスキルを客観的に理解できていなかったために採用されなかったというものです。

企業が30代のエンジニアを中途採用で獲得するときにはポテンシャル採用ではありません。

即戦力となる人材を求めているので、企業が求めているスキルを持っていることが必須です。自分のスキルについてよく理解して企業のニーズと照らし合わせてマッチングをしなければ採用してもらえないのです。

自分のスキルを見誤ってしまったために不採用の連続に苛まれるようになってしまったり、運良く採用してもらうことができても現場で実力を発揮できずに苦しむ結果になったりする事例は多くなっています。

自分のスキルを「棚卸し」しておきましょう

30代で転職する上ではまず自分のスキルを客観的な視点から棚卸しをしておくのが重要です。

これまでの社内経験からエンジニアとしてどのようなスキルをどのレベルで発揮できるようになったかを明確にしておくのが基本になります。また、独学でスキルを磨いてきたのなら、それも合わせて考えることが大切です。

ただし、自分の思い込みでスキルがあると考えないことが重要です。

一つ一つのスキルについてなぜ十分に活用できるレベルで習得できると言えるのかという根拠を見つけ出しておくことも必要になります。誰が見てもスキルがあると納得できる形で自分のスキルを棚卸しするのが必須です。

年齢の割にキャリアプランが不鮮明

エンジニアが30代で転職に失敗する事例としてキャリアプランが不鮮明なのが原因のことも珍しくありません。

IT業界ではエンジニアの需要が高い影響で、より良い待遇で働ける職場を探したいという漠然とした理由で転職するエンジニアも増えています。

その事実は会社側もよく理解しているので、なぜ転職しようとしているのかを細かくヒアリングするようになりました。

これまでのキャリアから考えてなぜこの会社で働くのを希望しているのか、そして、その後にどのようなキャリアを構築して何を目指していくのかというのがはっきりしていないと受け入れてもらえないことが多くなっています。

転職に対する考えをもう一度固めておきましょう

IT業界ではエンジニアの求人が多いので安易な考えで転職してしまう人もいますが、それが採用されない原因になったり、転職先で自分のやりたいことができずに悩んだりすることにつながったりします。

なぜここで転職をするのか、転職をした先に何を求めるのかというのは明確にした上で転職活動に臨むようにしましょう。その意志がしっかりと固まっていると会社からの受けもよくなるので採用される可能性も高くなります。

30代エンジニアが転職で求められるもの

転職活動をする上で押さえておきたいのが30代のエンジニアに求められていることです。

実力があって即戦力になるというのはあくまで大枠なので、細かに何を要求されているのかを理解して対策を立てましょう。

年齢に見合ったスキル

エンジニアとして最も要求されるのはスキルです。

棚卸しをして理解した自分のスキルが年齢に見合っているかどうかが重要になります。スキルがあるといっても初歩レベルで20代でもできるような仕事にしか携われないのでは意味がありません。

専門家として10年程度仕事をしてきて培ってきたスキルがあるのを前提として見られることを覚悟して、秀逸と言えるようなレベルのスキルをアピールできるようにしておかなければならないのです。

具体的に説明できる実績

エンジニアとして本当に即戦力になれることを伝えるためには実績が必須です。

30代になって一つも説明できるような実績がないのでは仕事をする上で役に立たないと考えられてしまいがちでしょう。

具体的に説明できる成果を上げてきているかが重要であり、今までの仕事から相手にわかりやすく説明できるものを一つか二つはピックアップしておくのが大切です。

明確なキャリアプラン

向こう十年程度のビジョンを持ってキャリアプランを立てた上で転職するのも重要になります。

明確に企業の成長に貢献してくれるようなキャリアを想定しているかどうかは30代のエンジニアを採用するときによく見られている点です。

あくまで企業視点で魅力的なキャリアプランを伝えられるようにするのが重要になります。

まとめ

30代のエンジニアが転職するときには自分のスキルや将来的なキャリアについてよく考えておくことが必須です。

そのアピールの仕方次第で採用してもらって理想的な形で仕事ができるかが大きく左右されるので注意しましょう。

コメント