30代向け転職サイト・転職エージェントランキング

年代別転職サイトランキング

スキル、経験が身についてきており、せっかく本格的に転職を考えるべき年齢になってきたなら、利用するべき転職サイト・エージェントが20代の頃とは変わってきます。

30代になってから転職を考えた時、どの転職エージェントを頼って転職活動を進めるべきなのか?

今回はおすすめの転職エージェントを、ランキング形式で見やすくご紹介します。

30代向け転職サイト・転職エージェントランキング

30代の転職にピッタリの転職サイト、転職エージェントのランキングを見ていきましょう。

とはいえ、使う転職エージェントには制限がありません。

これだ!と思う転職エージェントはいくつか併用して活動しましょう。

1位 リクルートエージェント

やはり転職エージェント最大手「リクルートエージェント」は外せません。

つねに数万件の求人が集まっており、過去利用者を転職に導いた実績もNo1なので、その実力は折り紙付き。

たくさんの良質案件の中から、自分にぴったりの求人を見つけて、幸せな転職にあなたを導いてくれるはずです。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

2位 dodaエージェント

dodaは、テレビCMでもおなじみの、パーソルキャリアが運営する大手総合転職エージェントです。求人数はリクルートエージェントに負けないほど多いですから、あとはどちらのキャリアコンサルタントが合っているか、その相性だけです。

どちらを使えばよいかは個人の状況で変わります。

リクルートエージェントと併用しても良いかもしれませんよね。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

3位 パソナキャリア

パソナキャリアはキャリアコンサルタントの質に定評がある転職エージェント。

はじめての転職など、転職活動そのものへの不安がある方には、ぴったりの転職エージェントだと言えるかもしれません。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

4位 Spring転職エージェント(アデコ)

スイスに本社をかまえるアデコが運営する企業。

人材企業で世界ナンバーワンの実績がある企業です。売上はなんとリクルートの3倍。世界規模で事業を展開しており、扱う求人はとてもグローバルです。

30代のグローバル求人をお探しの方はぜひ、Spring転職エージェントへの登録を行ってください。

Spring転職エージェント(アデコ)の使い勝手は?サポートの充実性は?
Spring転職エージェントは、世界最大規模の人材企業「アデコ」が運営する転職エージェントです。 spring転職エージェントですが、実際利用者からの評判をみても悪くない評判を多く聞きます。 日本の大手転職エージェント「リクルー...

5位 ビズリーチ

ハイクラスの求人に特化した転職エージェントで有名なのが「ビズリーチ」です。

ヘッドハンター経由の求人を参照することができ、その求人はどれもハイクラスで高収入の求人ばかり。

スカウトを待つサービスですから、「とりあえず登録しておく」だけで、ハイクラス求人への転職活動を行うことができるのです。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

30代の転職でやっておくこと

30代で考えた転職。この時考えておくべきこと、やっておくべきことをご紹介します。

スキルの棚卸し

自分にはどんなスキルがあるのか。転職で役立つスキルを持っていないか、自分のスキルの棚卸しを行っておくことが大切です。

新卒の就職と同じです。転職活動においても、まずは自己分析を行いましょう、という話です。

資格取得

自分の状況、スキルがわかったところで、不足しているスキルを補うのも大切です。

実際に転職までに間に合わなかったとしても、「今資格取得中である」というアピール材料になります。

スカウトサービスへ登録

30代ともなると、企業の目を引くスキルを持っている人が多くなってくるでしょう。

中には、管理職の転職という場合もあるのでは。

その場合は、スカウトサービスに登録しておくことで、優良企業からのスカウトを受けられるかもしれません。

30代から本格的に、スカウトサービスを用いた職探しが有効になってきます。

企業が30代に求めること

さて、企業が30代の人材に何を求めるのか。

転職を行う時求められる条件をわかっていれば、転職活動を行う際の助けになるはずです。

マネジメントスキル

下の人間をマネジメントするスキルを30代の人材は求められます。

ただ一人のスタンドプレーばかりでなく、下の人間を適切に指導するスキル、これが30代の転職では必要となるのです。

マネジメントスキルに自信がない方は、マネジメントスキルに変わるほど有用なスキルを表明する必要があります。

即戦力のスキル

企業は、30代の人材に研修を行いません。

研修を行うとしても、必要最低限のもののみ。企業としては、30代の人材に、入社後すぐに即戦力として活躍して欲しいと思っているのです。

まとめ

30代は、転職活動の主役です。

スキルも経験も十分で、キャリアアップ、年収アップなど、自分の条件に合わせた転職を行う人が多くなってくるはずです。

30代で転職を考えた時、どの転職サイト・転職エージェントを使うべきなのか。30代で求められる条件・スキルは具体的に何か。ご説明します。

コメント