チャンスを見逃さないで!30代の女性が転職する時気をつけるべきポイント

遠い目をしているスーツ姿の若い女性 転職コラム

30代の女性の中にも、現在転職を考えている方はたくさんいるでしょう。

20代で知識と経験を積んで、そのキャリアを引っさげて転職する。まっとうな判断です。

しかし、30代女性の転職には、懸念点もあります。

例えば…。

  • 30代の女性は年齢的にも需要がないのでは
  • 自分も近い将来どうなっているかわからない
  • いっそ派遣社員など非正規雇用でもいいのでは

など。

確かに30代女性は、社会的にもキャリア的にも少し不安定とみられがちです。

そんなシビアな30代女性の転職を成功させるための秘訣を学んでいきましょう。

30代女性が転職する時考えておくべきこと

そもそも、企業側の目線としては、これから転職しようとしている女性にどんな条件、働き方を求めているのか。

そこから考えていく必要があります。まだまだ女性と男性は、企業から求められる条件が違っているのが現実です。

企業が30代女性に求める条件、調べていきましょう。

企業は「即戦力」で「柔軟に働ける」女性を求めている

やはり転職してうちのかいさにきたなら、「即戦力」としての人材を期待しますね。
30代女性ともなると、いつまでこの会社にいてくれるのかわからない。タイムリミットを感じながら働いてもらうことになるので、うちの会社にいる間くらいは、つねに第一線で活躍しててもらいたいというのが本音です。そしてできれば、多少の条件変更があったとしても、うちの会社で働き続けてくれる人材。これが、30代女性に求める条件ですかね。

転職するなら30代半ばまでがチャンス

30代と言っても、30代前半と30代後半では、そもそも求人数の数がまったく違います。

特に「未経験可」の求人なんか、30代後半で応募できるものはかなり少なくなってしまいます。

つまり、30代の女性ともなると、企業からある程度「知識と経験」が求められるということです。

20代よりも固定概念に捕らわれて、企業としても扱いづらい30代女性。

少しでも若い時に動き出して、面接などで「柔軟に動ける」ことをアピールしましょう。

自分の生活にあった働き方を

女性一人ひとりによって、適した働き方は違います。

働く女性個人が、働きやすい、働いててベストだと感じる働き方を模索してください。

もちろん、安定した正社員としての働き方を望む人も多いでしょうが、中には派遣社員・契約社員など、非正規雇用としての働き方を選ぶ人だって少なくないはずです。

正社員とは違う働き方も

正社員とは違う働き方を、もっと詳しく考えてみましょう。

契約社員・派遣社員のメリット

正社員とは違う働き方をすることには、まずどんなメリットがあるでしょうか。

一番最初に思いつくのはやはり、「正社員より採用のハードルが低い」ことでしょう。

給与が低い、待遇が下がるなどの条件さえ飲めば、正社員として働くのが難しい大企業で働くことも可能です。

そして何より、残業が少ないので、仕事と家庭を両立させやすいです。この時間の融通が効く点で、女性が派遣社員、契約社員の働き方を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

契約社員・派遣社員のデメリット

契約社員や派遣社員は、どうしても企業からの関心が正社員より向きにくいので、簡単な仕事しか振られないというデメリットがあります。

簡単な仕事ばかり振られても、その仕事にやりがいを感じろという方が無理な話です。

そして簡単な、誰でもできるような仕事ばかりのため、スキルアップの機会もありません。

派遣社員、契約社員には、企業としても教育コストをかけたくないのです。すでに持っている能力で仕事をすることになるのが、契約社員・派遣社員です。

一度非正規雇用になった女性は再び正社員に戻るのが難しい

とはいえ、一度非正規雇用として働いた後、再び正社員として働きたいと思ったとしても、その転職難易度は高いです。

正社員から正社員として働く場合と比べても、その転職はかなり難しくなるのが実際のところです。

30代女性が面接でアピールすべき部分

では30代女性が面接が、転職しやすくなるような、面接のアピール方法を学んでいきましょう。

面接はいわば審査と同じ。審査基準をクリアできるような、アピール方法を模索してください。

それまでのキャリア

30代ともなると、それまでの人生の中で様々な仕事をしてきたと思います。

その仕事をして、あなたはどんなスキルを身に着けたのか。そして何より、そのスキルを使って、どのように貢献できるのか。

30代女性は、「今まで」と「これから」という両面から企業にアピールすることになります。

30代まで培った専門知識・専門スキル

30代ともなると、その仕事でしか得られない専門知識、専門スキルも期待されます。

30代女性の中には、後輩や部下のマネジメントをした経験がある方もいるはず。

そんな、「マネジメントスキル」を持っている方は、そのスキルを転職の際アピールすることをおすすめします。

逆に、30代にもなって大したスキルが無いようなら、転職はかなり難しくなってしまいます。

結婚・出産後も仕事できること

企業はどうしても、30代女性は転職しても「すぐ辞めてしまうのでは」という疑念を持っています。

企業は面接に来た方を「この人は長く働いてくれるだろうか」という目線でチェックします。

それならば転職したいと思っている側としては、「結婚・出産しても働ける」こと。つまり、長く働けることをアピールしましょう。

転職する30代女性が転職に失敗しない秘訣

さて、30代女性の転職で大切なことはもうお伝えしました。あとは、その転職の成功率を上げる秘訣。

転職成功の秘訣を学ぶだけです。少しでも具体的に、転職成功のカギを見つけていきたいですね。

女性だからという理由で妥協しない

まだまだ日本は男性優位の社会です。

世界経済フォーラムが調査した、「男女平等ランキング」でも日本は144カ国中114位とかなり低い順位です。

この男女格差は、男女間の給与格差などをみても明らか。まだまだこの格差の溝は深く、この格差が埋まるのはまだまだ先の話になりそうです。

自分の中で転職に重視する優先順位を決める

転職において、自分がどの条件を重視しているのか。自分でもよく考えておくべきでしょう。

転職において重要視されがちな条件の例をいくつかみておきましょう。

年収

やはり仕事する上での一番の目的はこれです。

せめて働いた分に見合ったお金をもらえるようでないと、とてもではないけどそこで働くのは難しいでしょう。

勤務時間

勤務時間、特に残業があるのかないのかも重要です。

勤務時間が長いというのは、そのまま「働きにくさ」に繋がってしまいます。

転職を考える女性のみなさんは、きっと間違いなく「働きやすい職場」を探しているはずです。

福利厚生

その会社で働く社員にとって、福利厚生も重要です。

各種保険は完備してあるか、人事の評価制度は整っているのか、できれば家賃補助も欲しいなど、要望を言い出せばキリがないかもしれませんね。

転職エージェントに相談する

女性が転職を考えた時、役に立つのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは転職サイトと違い、登録すればエージェントに在籍しているコンサルタントと無料で相談することができるのです。

このコンサルタントに、転職を考えている方の要望を伝えることで、その希望にぴったりの求人情報を提案してくれます。

そして、その求人に対して、採用されやすくなる対策も一緒に考えてくれます。

しかし転職エージェントの数は多いです。無駄な時間を過ごさないためにも、事前にしっかり比較検討を行ってください。
転職を考えた女性におすすめ!人気の転職サイトランキング

将来性が見えない会社から早めに転職

今現在働いている会社に限界を感じている30代女性のみなさん、すぐに転職の準備をはじめてください。

年収がこれ以上あがる見込みがない、まったくスキルが身につかない、もっと自分にあった仕事をしたいなど、転職の動機も様々なはず。

30代ともなると、それまで培ったスキルや経験も十分のはずです。さあ、その経験を活かして、次なる天地を探しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職を考えた30代女性の役に立つ情報を載せてみました。

「30代だし…」
「女だし…」

という引け目を感じる必要はありません。

自分がタイミングを感じたら、転職という決断へ踏み切ってみてください。

コメント