営業職を辞めたいと思っている30代が未経験業種へ転職する方法

営業の悩み

「営業職を辞めたい」
「30代でも未経験の業種に転職はできるの?」

このように、30代の営業マンで営業職を辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

目の前の課題に対してひたむきに頑張れた20代とは違って、30代になると仕事に余裕が出てきて将来のことを考えてしまうものです。

結論をいえば、30代でも転職は可能なので営業を辞めるというのも選択肢の一つです。

ただし、未経験業種への転職となるとハードルは高くなります。

やはり柔軟性や雇用のコストを考えると、転職においては20代の方が圧倒的に有利なためです。

では、30代の営業マンは営業職を辞めるべきか続けるべきかどちらを選択すべきなのでしょうか?

そこで今回は、現在転職を考えている30代営業マンに向けて、営業に向いていない人の特徴と、営業を辞めたいと思った時の解決策、そして転職を成功させる方法まで紹介していきます。

30代で営業が向いていないと気づき始める

30代で営業を辞めたいと思う人は少なくありません。

20代の頃は先のことを深く考えずがむしゃらに頑張れたものの、30代になって現実が見えてきて、将来のことを真剣に考えるようになるためです。

たとえば新卒で営業の仕事に就き、はじめは仕事を覚えるのに必死で、成績を伸ばしたり人間関係を良好に保ったりなど、目の前の問題解決にひたむきだったでしょう。

しかし、30代を迎えて仕事にも余裕が出てくると、先のことについて考え出し、「これからどうなるんだろう?」と将来に対して不安が出てくるものです。

特に、約10年間営業を頑張ってきたものの、パッとした結果を残せていない人ほど、営業を辞めようかなと考えてしまうでしょう。

そこで以下では、営業に向いていない人の特徴とその解決策について紹介していきます。

営業に向いていない人の特徴

営業に向いていない人の特徴として以下の3つがあります。

  • 小さな失敗をいつまでも引きずる
  • コミュニケーション能力が低い
  • プライドが高い

ここからは、それぞれの特徴についてくわしく紹介していきます。

小さな失敗をいつまでも引きずる

小さな失敗をいつまでも引きずる人は営業職に向いていません。

顧客からクレームを受けて数日間落ち込んだり、営業で結果を残せず常に後ろ向きな考えになっていたりしていないでしょうか。

営業職はお客さんや取引先の相手から理不尽なクレームをいわれることが日常的ですし、営業で商品が売れないことが当たり前です。

営業マンとして働いている限り、ささいなことは受け流して常に前向きに働く必要があります。

しかしながら、そういった小さなことも大きく解釈してしまい、いちいち「自分はダメな人間だ」と落ち込む人には営業職は務まりません。

小さな失敗を引きずりやすい人は別業種への転職も考えましょう。

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い人は営業職に向いていない傾向にあります。

コミュニケーション能力とは、いわゆる他者とうまく付き合う力のことで、初対面の相手でも早く仲良くなれる人や、相手から信頼されることの多い人はコミュニケーション能力が高いといえます。

営業職は人と人とのつながりが結果に大きく影響する仕事なので、人とうまく付き合えないコミュニケーション能力の低い人には務まりません。

たとえば、新規顧客の営業で商品をセールスするにしても、初対面の相手の信頼をすぐに勝ち取る人とそうでない人とでは結果は異なってきます。

すぐに信頼され、短時間で相手との関係性を深められる人ほど営業成績を残しやすいです。

そのため、コミュニケーション能力が低い人は営業職に向いていないといえます。

プライドが高い

プライドが高いのも営業職に向いていない人の特徴の一つです。

営業の仕事をしている限り、取引先の相手から理不尽なクレームを突きつけられることは多々あります。

通常、クレームを受けたらその場は謝って、とにかくトラブルへの発展を避けなければいけません。

しかし、プライドが高い人は自分に非のないことに対して謝ることができず、結果的に取引先ともめてトラブルに発展する可能性が高いです。

営業の仕事をする上では、プライドを捨て、取引先相手には常に仕立てに出て接することが大切です。

そのため、プライドが高くて自分の意見や気持ちを簡単に曲げられない人は、営業職に向いていないといえます。

30代で営業を辞めたいと思った時の解決策

30代で営業をやめたいと思った時の解決策として以下の3つがあります。

  • 社内の別部門へ異動
  • 別の営業職へ転職
  • 未経験の業種へ転職

ここからは、それぞれの解決策についてくわしく解説していきます。

社内の別部門へ異動

営業を辞めたいと思った時は、社内の別部門へ異動という選択肢があります。

異動することで営業職ではない仕事を始められる上、これまでのキャリアがあるため比較的簡単に異動ができます。

また転職ではないので転職活動をする手間もかかりませんし、身体的・精神的および金銭的な問題に悩まされることもありません。

ただし、小規模の企業の場合は異動ができない点に注意が必要です。

たとえば、営業マンのみで構成されたベンチャー企業で勤めている場合、他の仕事をすることは難しいです。

中〜大規模企業に限りますが、営業職ではない別の仕事がしたいという人は異動を検討してみましょう。

別の営業職へ転職

営業職を辞めたいと思ったら、別の営業職へ転職するのも選択肢の一つです。

営業スタイルや販売する商材を変えることによって、今抱えている問題を解決できる可能性があります。

新規営業からルート営業をしてみたり、有形の商材から無形の商材を扱う営業をしてみたりなどやり方はさまざまです。

たとえば、新規営業では常に初対面の相手とのコミュニケーションが必要ですが、ルート営業は顔見知りの相手との関係性を深めることが重要です。

つまり、初対面の人と話すのは苦手だけど、仲良い人と話すのは得意という人の場合、営業のやり方を変えるだけで、自分の不得意を得意に変えることができます。

このように、営業職そのものは変えずに今とは違った営業に転職するのも選択の一つといえます。

ただし、営業職そのものを辞めたい人の場合、解決策にならないので注意しなければいけません。

未経験の業種へ転職

営業職を辞めたいと思ったら、未経験の業種への転職という方法もあります。

別の職種・業種で働くことによって今までとは違った経験ができますし、新たな気づきを得られます。

特に営業そのものを辞めたい人にとっては、未経験業種への転職は有効な解決手段です。

しかしながら、30代の転職は非常にハードルが高い点に注意しなければいけません。

20代の転職は若さややる気が優遇され、未経験業種への転職も比較的簡単ですが、30代となるとスキルや経験を重要視されるため未経験業種への転職が難しくなります。

とはいえ転職は不可能ではないので、営業職を辞めたいのなら未経験も視野に入れましょう。

30代で未経験業種への転職は可能?

繰り返しになりますが、30代で未経験業種への転職は可能です。

営業で働いた経験を活かせる仕事もありますし、スキルや経験だけでなく人間性を高く評価してくれる企業もあるからです。

しかしながら、30代の未経験業種への転職はハードルが非常に高いことは知っておかなければいけません。

なかなか採用をもらえずに転職活動が長引くことや、仮に転職できても実際に働いてみるとブラック企業だったなど、転職に失敗する可能性もあります。

そのため、30代でも転職はできるとはいえ、簡単なことではないと考えておきましょう。

30代が転職を成功させる3つの方法

目指す スーツ 男性 指さし

30代が転職を成功させるためには、以下3つの方法があります。

  • 企業が30代に求める人材価値を知る
  • 妥協せずに転職活動を続ける
  • 転職エージェントを利用する

ここからは、それぞれの方法についてくわしく解説していきます。

企業が30代に求める人材価値を知る

まずは企業が30代に求める人材価値を知っておきましょう。

ただやみくもに転職活動をするよりも、企業はどんな人材を求めているのか、30代ならどんな人を採用したいのかなど、企業側の目線で考えることが大切です。

たとえば、企業側が30代の未経験者に求める人材価値として以下のものが考えられます。

  • 資格
  • やる気
  • ポテンシャル
  • マネジメント力
  • 他業種での実績

など

基本的にその人の人間性と経歴が重要になってきます。

仮に、過去に高い営業成績を残していれば、「他の仕事でも結果を残せる力がある」とポテンシャルを評価されるでしょう。

このように、未経験の業種へ転職する際は、どんな30代であれば採用してもらえるのか徹底的に考えぬくことが大切です。

妥協せずに転職活動を続ける

妥協せずに転職活動を続けましょう。

30代が未経験業種へ転職するとなると、転職活動の長期化のデメリットが考えられます。

すぐに転職できるだろうと考えていると、なかなか採用がもらえない時に挫折してしまいます。

転職活動ははじめから長期化すると見越しておき、気持ちや時間に余裕を持って転職活動を続けることが大切です。

また、長期間採用がもらえなければ「もう転職できればどこでもいいや」という気持ちなりやすいので注意しなければいけません。

妥協して転職すると、きっとあとから後悔します。

そのため、転職活動は長期化することを前提として考え、妥協せずに続けることが転職を成功させるカギになります。

転職エージェントを利用する

30代で転職を成功させるなら転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントとは、無料で利用できる転職紹介サービスの一つで、プロのキャリアコンサルタントが求職者に最適な求人を紹介してくれます。

そのほかの転職支援サービスである転職サイトや求人サイトとは異なり、転職までのサポートが手厚いことが特徴で、書類の添削や面接の対策まで行なってもらえます。

特に営業だけをやってきた30代であれば、自分の強みや弱み、そしてどんな職業が向いているのかわからないものです。

転職エージェントは求人を紹介してもらう前に、キャリアコンサルタントによるヒアリングを行うことが一般的で、自分の得意・不得意を客観的に知れます。

そのため、営業を辞めたいと思いつつも、どんな仕事が自分に向いているのかわからない人は転職エージェントの利用を強くオススメします。

オススメの転職エージェント3選

オススメの転職エージェントには以下の3つがあります。

  • doda
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント

ここからは、それぞれの転職エージェントの特徴について解説していきます。

doda

dodaは業界最大手の転職エージェントで、主な特徴として以下があります。

  • 豊富で幅広い求人数
  • 非公開求人の質が高い
  • セミナーやイベントが充実
  • 20代向けの求人が多め

20代向けの求人が多いものの、30代向けの求人数は少なくありません。

さらにdodaはIT系や通信系、企画系、営業の求人に強く、これらの業種を考えている人はdodaをオススメします。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手転職支援企業「マイナビ」が運営する転職エージェントで、主に以下のような特徴があります。

  • 優良企業やベンチャー企業の求人に強い
  • コンサルタントの質に定評がある
  • サービス内容のバランスがいい
  • ハイクラ数求人が少ない
  • 20代向けの求人が多い

マイナビエージェントは、転職エージェントの他にも転職支援事業を営んでいることから、各企業とのつながりが強いことが特徴です。

大企業の求人は少ないものの、有名な中小企業や優良なベンチャー企業の求人を多数扱っています。

全滝的にバランスのいいサービスを展開しているため、ぜひ登録したい転職エージェントの一つです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手転職支援会社リクルートのグループ企業で、主に以下のような特徴があります。

  • UターンやIターン転職に強い
  • 90%が非公開求人
  • 面接対策のセミナーを随時開催している
  • 担当者によってサービスに質がある
  • サービスの信頼にやや欠ける

リクルートエージェントは地方求人が多く、Uターン転職やIターン転職をしやすいことが大きな特徴です。

さらに、取り扱う求人のうち90%は非公開求人で、実際に登録することによって質の高い求人を見つけることができます。

ただし、2017年12月に個人情報が流出するなど、信頼感にやや欠ける点がデメリットです。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

まとめ

30代でも営業から別業種へ転職することは可能です。

営業で働いた経験を活かせる仕事もありますし、特に営業での実績があれば、そのことを評価してくれる企業も少なくありません。

ただし、30代で未経験の業種への転職は非常にハードル高いことは知っておく必要があります。

労働量や柔軟性、また雇用するコストを考えれば、20代の方が圧倒的に転職に有利なのは事実です。

とはいえ、30代の求められる人材価値を把握して、自分の人材価値を客観的に捉えることができれば転職は不可能ではありません。

転職エージェントを利用して、30代の転職を成功させましょう。

「営業はやめとけ」営業がつらいなら無理せず転職!営業がつらい人へのアドバイス
営業は仕事の向き不向きが大きく、日々の仕事のなかで「つらい」と感じている人もたくさんいると思います。 人生のなかで大きなウエイトを占める「仕事」が、日々プレッシャーで苦しいなら、それは大きな不幸です。 自分に向いていないと感じる...

コメント