仕事辞めたい20代は本気で転職を考えるべき!

転職コラム

1日の中で大きな割合を占める「仕事」。

そんな多くの時間を費やす仕事の内容や、仕事仲間に満足できてないとしたら、20代で若いとしても、入社したばかりだったとしても「辞めたい」と思うのも無理ありません。

仕事にやりがいがない、仕事が楽しくない、毎朝仕事に向かうのが苦痛。よく聞く話です。

そんな仕事を辞めたい、と考えている20代のために、今持っておくべき心構えを紹介します。

20代が「仕事を辞めたい」と考えた時思い返すこと

20代という若さで、「仕事を辞めたい」と考えた時考えるべきことがあります。

漠然と「辞めたい」とばかり考えていても、正しい行動を起こすことはできません。

まずは自分の心情を見つめ直してみましょう。

どうして仕事を辞めたいのか

まず最初に考えるべきなのが、「どうして仕事を辞めたい」と考えているのかです。

仕事を辞めたい理由が自分の中ではっきりしないと、転職するとしても次の職場が見えてきません。

給与が低い

いくら入社後まもない20代でも、「給与が低い」ことで悩むのは十分ありえます。

もらえる給与が低いのは、仕事のモチベーションを下げる大きな要因です。

働きに見合った給与がもらえてないと感じるなら、転職で今より給与が高い職場へ転職するべきです。

職種、業界を変えることで、給与アップを望むのは難しいことではありません。

人間関係が悪い

上司、同僚との折り合いが悪く、人間関係に狂うを感じているとしたら、「辞めたい」と思う理由になりえます。

「人間関係」の問題が、実は一番難しいです。なぜなら、転職で簡単に解決できるものではなく、当事者の根本的な問題が大きく絡むからです。

人間関係が良い職場で働きたいなら、転職エージェントのキャリアコンサルタントに「職場の雰囲気」を聞いて、なるべくアットホームな職場で働くようにしてください。

休みがない

休めないのは、仕事する上で致命的です。

人間は、働いたら休みを取るように体ができています。休暇の制度がきちんと整っていない職場で働く20代は、「辞めたい」と考えても自然です。

連勤が続いて、その仕事に楽しみを感じれないなら、その日々はただただ苦痛のはず。その職場からは、一刻も早く「転職」するべきでしょう。

「仕事を辞めたい」と思う事態が異常

確かに仕事は楽しいことばかりではありません。つまらないと思う事、辛いと思うことだって、皆同じくあります。

しかし、みんながみんな毎日「仕事を辞めたい」と思って生活しているわけではありません。

もし全員が「仕事を辞めたい」と考えているような社会なら、うまく回るわけがないです。

「みんな頑張ってるんだから」「自分だけ辛いわけじゃないんだから」

なんて考えて、我慢の日々を続けるのではなく、今の状況を改善するための努力を行ってもらいたいです。

どうしても仕事を辞めたいなら

さて、「仕事を辞めたい」と思っている20代は、具体的に何をはじめるべきか。

「仕事を辞めたい」あなたがとるべき行動を考えてみましょう。

今後のキャリアプランを考える

なるべく具体的に、あなたが転職したとして、転職した後のキャリアプランをしっかり考えておくべきです。

仕事を辞めたとして、その後どうするのか。どうなっていきたいのか。

今のスキルで、どうなることができるのか。まずは自分のキャリアプランに思いを馳せるところからはじめましょう。

転職が決まるまで退職は我慢

さて、これは転職活動を始める際の注意ですが、現在の仕事を退職するのは「次の職場が決まってから」にするべきです。

退職後、次の職が決まるまでのブランクは、金銭的にも精神的にもかなり苦しいです。特に一人暮らしでは、次の職場が決まるまで収入が途絶えることで、住居を失うリスクすらあり得るのです。

転職エージェントの休日面談、時間に制限を受けない転職サイトを使った転職活動を行ってください。

転職することのリスクを考える

転職することで起こりうるリスクにも頭を回すべきです。

転職したら、まずわかりやすく「キャリアが0」になります。入社後間もない20代でも、そこまで培ったキャリアは無に帰してしまう。

また、転職する前以上に給与が下がってしまうリスクもある。それらのリスクによく気を払っておいてください。

「転職したらすべて良くなる」といった幻想は捨ててください。

本当に転職するしかないのか思い返す

20代、特に入社直後は辛いことばかり。

「仕事を辞めたい」と突発的に思ったとしても、無理ありません。以前の生活とはあまりに違いますからね。

上で書いたことと少し矛盾するようですが、「仕事を辞めたい」としても、一度立ち止まってみることも大切です。

より良い人生を送るためには、色んなケースを想定して、色んな生き方を模索することが大切なのです。

上司に相談する

上司に相談してみるのが大切です。

自分がどうして「仕事を辞めたい」と思ったのかわかっていれば、上司と協力してその悩みを払拭することができるかもしれないのです。

今の部署でやっている仕事があってないなら、部署異動で悩みを解消することができるかもしれないのです。

20代で転職するのは「アリ」なのか

人によっては、「20代で転職するのがおかしいのでは?」と考える人もいるでしょう。

若いうちから転職するなんて「我慢できない」と思われるのでは…。そんな要らぬ心配で思い悩む人も多いです。

しかし、実は20代こそ転職するべき年代。なぜなら20代は、天職市場における最強の武器「若さ」を持っているからです。

「若いうちに転職してしまおう」という判断は、何も珍しいことではありません。実際、20代社会人の転職率は決して低くないのです。

20代社員の転職率は?新卒社員も転職しているのか?
現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。 そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安...

20代の転職は「有利」

今現在、どの業界も少子高齢化により「20代人材」が不足しています。

特にIT業界など成長産業では、若手人材がいないことが深刻な問題となっているのです。

つまり、今の20代で転職するのはかなり有利な判断であるということ。適切に転職活動を進めれば、あまり苦労なく転職することができるはずです。

転職時期を逃すと後悔する

「仕事を辞めたいけど…しかし…」なんてことをうじうじ考えている間に時間が過ぎてしまうと、「転職に最適な時期」を逃してしまいます。

我慢もときには大切ですが、思い切って自分を信じて行動するのも時には大切です。

「今転職するべきなのか」「もう少し様子をみるべきなのか」

一度しっかり考えてみるのも大切でしょう。

転職面接で聞かれる「退職理由」対策

さて、本格的に転職活動を始めたとしたら、選考が進めば当然「面接」があります。

この面接では、必ず「退職理由」を聞かれます。

この退職理由ですが、バカ正直に自分の思いを伝えると、面接で落とされてしまう危険があります。

面接で退職理由を聞かれたら、面接官にどんな返答をするべきか、具体的に考えていきましょう。

前向きな退職理由を伝える

まず大前提として、退職理由はポジティブな思いを伝えましょう。

ひたすら、自分がいかに辛かったかばかり言っても仕方ありません。

確かに退職理由は「上司と反りがあわない」「人間関係が苦痛」など、ネガティブなものばかりかもしれません。

しかし退職理由で答えるべきなのは、もっとポジティブな退職理由です。

「自分のキャリアアップのため」
「仕事の幅を広げたい」
「スキルアップしたい」

など、面接官に「この人は未来への展望がしっかりあるな、と思わせる返答をするのが大切です。

大切なのは、面接官が聞いて「この人と働きたい」と思うかどうか、それを俯瞰して考えるのが大切です。

前職の愚痴を言わない

私は実際、転職活動の際やってしまったのですが、面接で「前の職場の愚痴」を言ってはいけません。

「社長が気に入らなかった」
「仕事があってなかった」

など、文句ばかり言う人を、採用担当が「採用したい」と思うはずありません。

採用担当者にとってプラスに移る返答を心がけてください。

20代が転職を考えた時は転職エージェントへ登録するべき

さて、20代が転職を考えた時最初にするべきなのは、「転職エージェントへの登録」です。

転職エージェントを使った転職活動には、転職エージェントを使わない場合と比べて、多くのメリットがあります。

20代向け転職サイト・転職エージェントランキング
20代向けの転職希望者にピッタリの転職サイト、転職エージェントをランキングでご紹介しています。20代などの若手が転職する際には、若手向け求人が多く、若手向けのサービスが揃った転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントのメリット:キャリアコンサルタントと相談できる

転職エージェントにはキャリアコンサルタントが在籍しています。

その在籍キャリアコンサルタントと相談することで、どうすれば転職活動を成功させられるか、転職活動で気をつけるべき点はなにかなど、とても有意義なアドバイスを受けることができます。

転職エージェントのメリット:転職活動を効率的に行うことができる

転職エージェントは土曜日や、平日の遅い時間も営業しています。

会社の営業時間外でも、キャリアコンサルタントと相談することができるのです。

キャリアコンサルタントは求人の提案もしてくれるので、自分の目で求人広告を精査する必要もありません。

「どの企業が自分にあっているのか」も、
「どうすれば転職活動がうまくいくのか」も、

考える必要がなくなるのです。

あなたが今の会社で働いている間に、あなたの転職活動が進んでいくということです。

20代が転職で利用するべき転職エージェント

転職を考えた20代は、具体的にどの転職エージェントへ登録するべきなのか、具体的に紹介します。

リクルートエージェント

転職エージェント業界最大手「リクルートエージェント」はおすすめです。

リクルートエージェントの強みは、なんといってもその「求人数」。膨大な求人の中には、あなたが申し込むにぴったりの求人も見つかるはず。

あらゆる20代の状況にあった求人が、きっとあるはずです。「とりあえずリクルートエージェントに登録」くらいの軽さで登録してみるのが良いでしょう。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

DODA

リクルートエージェントに次ぐ大規模転職エージェント、「DODA」への登録もおすすめです。DODAも多くの求人を扱っており、キャリアコンサルタントの評判も高い転職サイト。

DODAはエージェントサービスがメインではないものの、希望者はキャリアコンサルタントとの相談が可能となります。

最近はテレビCMも放送しており、知名度が上がっていますよね。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。

リクらく

そのものずばり20代の転職に特化しているのが、「リクらく」です。

たとえ「第二新卒」でも、正社員経験無しの「フリーター」でも、リクらくなら転職に対応可能です。

スキルに自信のない20代は特に、リクらくを活用した転職活動を行ってください。

リクらくの使い勝手はどう?転職サポートの充実さを口コミ・評判でチェック
第二新卒・フリーター、ひいては就業経験のないニートまで、職を探している若手のサポートに特化したエージェントサービスが「リクらく」です。 現在日本は慢性的な「人手不足」です。 さらに20代など若手が足りない状況。「若さ」という最強...

まとめ

仕事を辞めたい20代は、決して少なくありません。

そんな20代社員が、仕事を辞めたいと思った時何を考えるべきなのか。転職に踏み切る際には、どのように転職活動を進めるべきなのか、それぞれ説明しました。

まずはあなたが、「仕事を辞めたい」と思っている要因から見つけましょう。

コメント