20代社員の転職率は?「転職したい」と思った20代は転職するべきなのか?

20代の転職

現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。

そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安になる方も多いはず。

今回はそんなデリケートな問題でもある「20代の転職」について、細かく説明していきたいと思います。

20代の転職率は?転職した20代は、転職活動がうまくいっているのか?

調べていきましょう。

  1. 20代の転職率は高い!
    1. 20代は自分のキャリアに真剣
    2. 新卒の離職率も高め
  2. 20代で転職するのは「アリ」なのか
    1. 20代の転職は「有利」
    2. 転職時期を逃すと後悔する
  3. 20代が「仕事を辞めたい」と考えた時思い返すこと
    1. どうして仕事を辞めたいのか?理由を思い出してみる
      1. 20代が退職を考える理由1:給与が低い
      2. 20代が退職を考える理由2:人間関係が悪い
      3. 20代が退職を考える理由3:休みがない
  4. どうしても仕事を辞めたいなら
    1. 今後のキャリアプランを考える
    2. 転職が決まるまで退職は我慢
    3. 転職することのリスクを考える
    4. 本当に転職するしかないのか考えてみる
      1. 上司に相談するのも一つの手
  5. 「転職したい」と考えている20代生の声
    1. 20代の多くが「現状に不満を感じている」
      1. 理想を追求した行動が「転職」
  6. 20代は転職するべきなのか?
    1. 20代前半は「若さ」を武器に転職できる
    2. 20代後半は「若さ」と「スキル」を活かして転職できる
    3. まとめると:20代はいつでも転職できる
    4. 自身のキャリアを見比べて転職を
  7. 20代の転職で陥りがちな失敗
    1. 以前の職場の方が働きやすい職場だった
    2. 転職活動が長引いて生活が圧迫
    3. 以前の職場に出戻り
  8. 転職にはリスクがつきもの…慎重な判断を
    1. 転職するならキャリアコンサルタントに相談
      1. リクルートエージェント
      2. doda
      3. キャリアトレック
    2. 20代での転職回数が増えると成功率が下がる
  9. まとめ

20代の転職率は高い!

厚生労働省の調べによると、20代男女合わせて転職率はおよそ3割にも登ります。

特に25~29歳の女性転職率が高く、20代後半女性が転職に前向きなのが見て取れますね。

昨今転職市場は活発になっており、中でも20代の転職は特に活発になっています。

20代は自分のキャリアに真剣

今の20代は、インターネットに触れていること、SNSでのコミュニケーションが盛んになっていることなどで、ものの見方が多角的になっています。

自分の親世代の失敗例、成功例をしっかり考えた上で、自分のキャリアも冷静に考えます。

それゆえ、特に今の20代転職市場が活発に動いているのです。

新卒の離職率も高め

新卒の離職率も高いと言われていますが、実は新卒の離職率に限ってみると、以前からあまり数字は変わっていません。

2018年のマイナビの調査によると、むしろ離職率が以前より下がっているという結果が出ているほどです。

参照:新卒入社3年以内の離職率は大卒で31.8% – 2年ぶり減

いつの世も、新卒社員のなかで「仕事が合わない」「人間関係がつらい」などの理由で、新卒社員は簡単に辞めてしまいがちなのかもしれません。

20代で転職するのは「アリ」なのか

人によっては、「20代で転職するのがおかしいのでは?」と考える人もいるでしょう。

若いうちから転職するなんて「我慢できない」と思われるのでは…。そんな要らぬ心配で思い悩む人も多いです。

しかし、実は20代こそ転職するべき年代。なぜなら20代は、天職市場における最強の武器「若さ」を持っているからです。

「若いうちに転職してしまおう」という判断は、何も珍しいことではありません。実際、20代社会人の転職率は決して低くないのです。

20代の転職は「有利」

今現在、どの業界も少子高齢化により「20代人材」が不足しています。

特にIT業界など成長産業では、若手人材がいないことが深刻な問題となっているのです。

つまり、今の20代で転職するのはかなり有利な判断であるということ。適切に転職活動を進めれば、あまり苦労なく転職することができるはずです。

転職時期を逃すと後悔する

「仕事を辞めたいけど…しかし…」なんてことをうじうじ考えている間に時間が過ぎてしまうと、「転職に最適な時期」を逃してしまいます。

我慢もときには大切ですが、思い切って自分を信じて行動するのも時には大切です。

「今転職するべきなのか」「もう少し様子をみるべきなのか」

一度しっかり考えてみるのも大切でしょう。

20代が「仕事を辞めたい」と考えた時思い返すこと

20代という若さで、「仕事を辞めたい」と考えた時考えるべきことがあります。

漠然と「辞めたい」とばかり考えていても、正しい行動を起こすことはできません。

まずは自分の心情を見つめ直してみましょう。

どうして仕事を辞めたいのか?理由を思い出してみる

まず最初に考えるべきなのが、「どうして仕事を辞めたい」と考えているのかです。

仕事を辞めたい理由が自分の中ではっきりしないと、転職するとしても次の職場が見えてきません。

20代が退職を考える理由1:給与が低い

いくら入社後まもない20代でも、「給与が低い」ことで悩むのは十分ありえます。

もらえる給与が低いのは、仕事のモチベーションを下げる大きな要因です。

働きに見合った給与がもらえてないと感じるなら、転職で今より給与が高い職場へ転職するべきです。

職種、業界を変えることで、給与アップを望むのは難しいことではありません。

20代が退職を考える理由2:人間関係が悪い

上司、同僚との折り合いが悪く、人間関係に狂うを感じているとしたら、「辞めたい」と思う理由になりえます。

「人間関係」の問題が、実は一番難しいです。なぜなら、転職で簡単に解決できるものではなく、当事者の根本的な問題が大きく絡むからです。

人間関係が良い職場で働きたいなら、転職エージェントのキャリアコンサルタントに「職場の雰囲気」を聞いて、なるべくアットホームな職場で働くようにしてください。

20代が退職を考える理由3:休みがない

休めないのは、仕事する上で致命的です。

人間は、働いたら休みを取るように体ができています。休暇の制度がきちんと整っていない職場で働く20代は、「辞めたい」と考えても自然です。

連勤が続いて、その仕事に楽しみを感じれないなら、その日々はただただ苦痛のはず。その職場からは、一刻も早く「転職」するべきでしょう。

どうしても仕事を辞めたいなら

さて、「仕事を辞めたい」と思っている20代は、具体的に何をはじめるべきか。

「仕事を辞めたい」あなたがとるべき行動を考えてみましょう。

今後のキャリアプランを考える

なるべく具体的に、あなたが転職したとして、転職した後のキャリアプランをしっかり考えておくべきです。

仕事を辞めたとして、その後どうするのか。どうなっていきたいのか。

今のスキルで、どうなることができるのか。まずは自分のキャリアプランに思いを馳せるところからはじめましょう。

転職が決まるまで退職は我慢

さて、これは転職活動を始める際の注意ですが、現在の仕事を退職するのは「次の職場が決まってから」にするべきです。

退職後、次の職が決まるまでのブランクは、金銭的にも精神的にもかなり苦しいです。特に一人暮らしでは、次の職場が決まるまで収入が途絶えることで、住居を失うリスクすらあり得るのです。

転職エージェントの休日面談、時間に制限を受けない転職サイトを使った転職活動を行ってください。

転職することのリスクを考える

転職することで起こりうるリスクにも頭を回すべきです。

転職したら、まずわかりやすく「キャリアが0」になります。入社後間もない20代でも、そこまで培ったキャリアは無に帰してしまう。

また、転職する前以上に給与が下がってしまうリスクもある。それらのリスクによく気を払っておいてください。

「転職したらすべて良くなる」といった幻想は捨ててください。

本当に転職するしかないのか考えてみる

20代、特に入社直後は辛いことばかり。

「仕事を辞めたい」と突発的に思ったとしても、無理ありません。以前の生活とはあまりに違いますからね。

上で書いたことと少し矛盾するようですが、「仕事を辞めたい」としても、一度立ち止まってみることも大切です。

より良い人生を送るためには、色んなケースを想定して、色んな生き方を模索することが大切なのです。

上司に相談するのも一つの手

上司に相談してみるのが大切です。

自分がどうして「仕事を辞めたい」と思ったのかわかっていれば、上司と協力してその悩みを払拭することができるかもしれないのです。

今の部署でやっている仕事があってないなら、部署異動で悩みを解消することができるかもしれないのです。

「転職したい」と考えている20代生の声

また、私は以前興味深いニュースを読みました。

転職サービス大手「doda」の調査によると、働く20代から60代に向けて「現在、転職を考えているか」という質問に対して、20代のおよそ半数の人が「考えている」という回答を出しています。

参考:20代のほぼ半数「転職考えている」 転職意識調査

若い人ほど、転職に乗り気なようです。

どうして20代の多くが転職を考えているのか。

そして、転職を考える20代は実際に転職するべきなのか。

今回はそんな悩み多き20代の転職事情について、少し考えていきたいと思います。

20代の多くが「現状に不満を感じている」

多くの20代が、「現状に不満」を抱いています。

とはいえ20代はまだまだ働き始めたばかり。

年収、仕事内容その他に不満があったとしても無理はないのですが…。

たとえば仕事内容に関する悩みを抱いている20代も多いです。

入社後すぐに地味な仕事ばかり任されて、まあ「若いから仕方ない」と思ってしばらく我慢してたんですけど、いつまで経っても状況が変わらなくて…。
しかもその後「地方支社へ転職」を言い渡された時、ああ転職しようかなと考え始めましたね。

理想を追求した行動が「転職」

転職を考える20代の意見をまとめると、皆一様に「理想を追い求めている」ことで共通しています。

「今よりあった良い未来があるはず」と思った結果、転職活動を行っていることがわかります。

20代はまだまだ若者。自分の可能性に夢を馳せたとしても無理ありません。

決して、年上の人が言うように、「若者は我慢できない」ということではないのです。

ゆとり世代がすぐ転職するのは「我慢できないから」なのか?
現在ゆとり世代の転職がとても盛んです。どうしてゆとり世代は今この時転職しようとしているのか。ゆとり世代の転職を後押しする要因は何なのか。

20代は転職するべきなのか?

それでは続いて、働く20代は転職に対するニーズを感じた時、「転職するべきなのか」という観点から考えていきましょう。

まずは、20代が転職市場において、有利なのか不利なのか、というところから。

20代前半は「若さ」を武器に転職できる

まず、20代になったばかりの「20代前半の転職」から考えていきましょう。

20代前半ということは、まだまだスキルがない状態。

社会人経験も乏しく、会社にとって戦力としては弱い20代前半の人材。

ですが、確かに会社としては戦力にならない20代前半社員、転職市場では強いです。

その強さの要因はなんといってもその「若さ」です。

若いという資産は、後の年代では手に入れることのできない唯一無二のスキル。

若さという可能性に、企業は魅力を感じて、中途採用を受け入れるのです。

20代後半は「若さ」と「スキル」を活かして転職できる

20代の後半社員は、「若さ」もまだまだ持ち合わせているだけでなく、ある程度の社会人経験で「スキル」も身に着けた年代。

一般的にも20代後半がもっとも転職で有利だと言われているのはこのためです。

多くの求人広告で、応募資格に「30歳まで」とあれており、20代後半の年代が転職で一つの区切りであることがわかります。

まとめると:20代はいつでも転職できる

ここまでの情報をまとめると、20代の転職は、いつ行っても「それなりに有利」であることがわかります。

もちろんこれは、現在日本の社会情勢で、多くの企業が「人手不足」に悩んでいることが関係しています。

しかしそれとは別に20代はいつでも転職できる状態、これはかなり気が楽になりますよね。

自身のキャリアを見比べて転職を

転職で考えるべきはやはり「キャリア」です。

転職してしまうと、それまで働いて積み上げたキャリアがすべて無に帰してしまいます。

それが惜しいなら、キャリアを優先して、今の所で働く判断もするべきです。

逆に、いつまで働いてても、ここでは自分のキャリアにプラスにならない…。と感じたなら、すぐにでも転職活動を始めるべきでしょう。

20代の転職で陥りがちな失敗

とはいえ、転職活動を行った20代全員が、その転職活動を成功させるのかというと、そんなこともありません。

転職活動で失敗してしまう人の特徴を調べておきましょう。

事前に転職活動の失敗を知っておけば、いざ自分が転職活動を行った時、自分が失敗してしまうのを防ぐことができます。

以前の職場の方が働きやすい職場だった

「働きやすい職場」を求めて転職する人は多いですが、転職前の職場のほうが働きやすい職場だった…なんて人は少なくありません。

このミスマッチを防ぐには、現在の職場のどこに不満があるのか、自分のなかでしっかり整理して、その不満をなくすことを優先した転職活動を行いましょう。

転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談すれば、具体的なアドバイスをもらえるのでおすすめです。

転職活動が長引いて生活が圧迫

若者がやりがちなのが、「なんの展望もなく転職活動をはじめて、その転職活動によって生活が破綻する」というもの。

転職活動にはお金がかかりますし、なにより時間がかかって、本人の生活を圧迫してしまいます。

20代の転職活動が長引けば長引くほど、生活がままならなくなる部分が大きくなります。

転職活動は、できれば「今の仕事をやりながら」がおすすめです。

以前の職場に出戻り

実は少なくない人が、「以前の職場に出戻り」を行っています。

いざ転職してみたけど、やっぱり前の職場のほうが働きやすかった…なんてことになると、出戻りが起こってしまいます。

以前の職場に戻ることができたとしても、当然以前と同じように働くことは難しいです。

そしてそれまでのキャリアもなくなってしまうことを考えると、やはり出戻りはおすすめできません。

転職活動は成功を見据えて、しっかりと目標をもって行いましょう。

転職に失敗した後の「出戻り転職」はあり?出戻転職が成功する人の特徴
意外と多いのが、一度転職した後、前の会社のほうが良かったと思い行う「出戻り転職」です。 元々働いていた会社ですから、再び前の状態に戻って働くのはそれほど難しくないのでは…? なんて考える方もいるかもしれません。しかし、ことはそう...

転職にはリスクがつきもの…慎重な判断を

転職活動にはいつもリスクがついてきます。

転職活動によってその後の人生が左右されると言っても過言ではないので、転職活動にまつわるリスクをなくすには、事前のリスクヘッジを行いながら進めるのが大切です。

上でも説明した転職活動にまるわる失敗に陥らないように、慎重な転職活動を行いましょう。

転職するならキャリアコンサルタントに相談

転職活動を進める際には、転職エージェントに登録して転職活動を進めるのをおすすめします。

転職エージェントには、転職活動を助けるプロ、「キャリアコンサルタント」が在籍しているので、的確なアドバイスをもらいながら転職活動を進められます。

20代が利用するべき転職エージェントをいくつかご紹介します。

20代向け転職サイト・転職エージェントランキング
20代向けの転職希望者にピッタリの転職サイト、転職エージェントをランキングでご紹介しています。20代などの若手が転職する際には、若手向け求人が多く、若手向けのサービスが揃った転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントはおすすめです。

20代だけでなく、全年代の転職で役立つ転職エージェントですが、その要因はやはり「豊富な求人」。

豊富な求人で、20代をはじめあらゆる年代の転職活動を助けます。

どの転職エージェントを利用するか悩んだら、まずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

doda

doda
dodaもおすすめです。

dodaもリクルートエージェントに引け劣らないほどの豊富な求人を抱えており、利用者を高い確率で転職成功に導きます。

競合リクルートエージェントに負けじとあの手この手でサービスを展開しています。

リクルートエージェントと同時に登録するのもおすすめです。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

キャリアトレック


20代の優秀人材を専門に扱うのが「キャリアトレック」です。

キャリアトレックに利用する企業は「優秀な若手即戦力」を求めているので、ある程度の大企業など優良企業ばかり。

しかし私が思うに、20代のなかで優秀かそうでないかは、簡単に分けられるものではないと思えません。

そのため、20代ならかなり広く利用することができるはず。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

20代での転職回数が増えると成功率が下がる

しかし20代の転職に関する注意点もあります。

20代での転職は有利ではあるものの、転職回数が触れれば増えるほど転職成功率が下がっていきます。

「20代」という短いスパンの中で何度も転職していると、さすがにその人の仕事観、人格などが疑われてしまいます。

こういうことを考えると、やはり転職は、転職エージェントから有意義なアドバイスをもらった上で行うのが良いかなと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

20代の転職について、転職率などに絡めて説明しました。

以前のような、「我慢して仕事する」価値観は過去のものです。我慢して仕事するなんて、はっきり言って人生の浪費です。

20代でも、無理せず早め早めの転職活動を行いましょう。

コメント