20代の転職で役立つ資格はどれ?転職する業界別に紹介!

転職コラム

「転職には資格が必須!」
「資格があれば転職は簡単!」

どちらも短絡的すぎます。確かに、資格のある無しは転職が成功するか否かを大きく左右するポイントです。

しかし転職において資格は、「目当ての業種」「目当ての職種」で役立つ資格を持ってないと、資格の効果を最大限発揮することができません。

転職活動は、転職後の生活を考えても「時間との戦い」です。

限られた時間で、転職を成功させるためにも、資格を活かして転職を成功させましょう!

今回は、転職を成功させるための資格の種類、具体的にどの資格が転職で活きるか、詳しく説明します。

転職活動に資格は必須?

そもそも、転職活動において、資格を持っているということは必須条件なのか。

転職と資格の関係から調べていきましょう。

資格=スキル

資格というのは、そのままその人の持つスキルと判断されます。

資格を持っているということは、その人にはスキルがあるということ。

転職の面接で、いくら「自分はできる」と強気なことばかり言っても、実際にスキルがあるかないか、それを証明してくれるのは「資格」なのです。

採用面接で口ばっかりと判断されないために、しっかりと転職に役立つ資格を持っておくべきでしょう。

20代の転職ではスキルがポテンシャルでカバーできる

とはいえ、20代の転職活動において、30代の転職と比べると資格の重要度は低いです。

なぜなら、20代には他の年代にない「若さ」という最強の武器があるからです。

「若さ」があるということは、企業側はその人材に「伸びしろ」を感じます。

30代、40代社員となると、その人は働ける期間も短くなり、スキルを身につける期間も短いため、転職が難しくなります。

つまり、20代の間で難しい資格取得に時間をかけるくらいなら、20代の若さを活かして転職しましょう。若さは、どれだけ労力を割いたとしても、手に入るものではないのです。

転職で役立つ資格の種類

資格にも、いくつか種類、区分があり、それぞれ資格の持つ効果が異なります。

自分の転職で活かせる最適な資格を、しっかりと選んでください。

国家資格

国から委託された機関が試験を実施するのが、国家資格です。

国から認定された資格であることもあり、資格としての効果は大きいです。難易度は高いですが、国家資格を活かした仕事は食うに困らない、なんて言われるほどです。

公的資格

民間の団体、または公益法人が実施する試験を受けて、合格基準を満たせば取得できるのが、公的資格です。

合格者は文部科学省や経済産業省などが認定する企画なので、民間資格よりずっと国家資格よりです。

民間資格

民間団体や企業が実施する試験を合格すれば手に入るのが、民間資格です。

マイクロソフトオフィススペシャリストなどがこれに当たります。

転職のための資格の選び方

さて、転職に役立つ資格を取ろうと考えているあなた。

数ある資格の中で、自分の転職活動で活かせる資格はどれなのか悩んでいる方のために、転職で役立つ資格の選び方をお教えします。

転職先企業にとってメリットがあるか

企業側にたって考えてみれば、その資格の価値がわかってきます。

有資格者が自社にいることで、メリットを感じられるのか。もし企業にとって多くのメリットがありそうなら、その資格は転職活動に役立てることができるということです。

資格取得の難易度が適切か

資格取得の難易度が高すぎて、資格取得が転職活動の妨げになっているようなら、その資格は適切と言えません。

資格勉強を、転職活動と並行して行ったとしても、転職の妨げにならないかどうか。

資格取得の難易度も、資格を選ぶ際一つの選択基準となるでしょう。

転職活動の邪魔にならないのが大事

あくまで資格は、転職活動を円滑に進めるためのもの。

資格を獲るまでが、転職そのものを邪魔していては本末転倒です。

転職がうまくいかないくらいなら、その資格を獲るのを諦めるくらいでちょうど良いのです。

業界別 転職に役立つ資格

さて、ここからはもっと具体的に、業界別で転職に役立つ資格を紹介します。

見当違いな資格を取らないように、しっかりと自分が転職する業界で役立つ資格をとるために動きましょう。

経理

日商簿記検定

簿記に関する知識にける、経営管理に役立つレベルであることを表明できるのが、この日商簿記検定。

男女関係なく持っていると役立つ資格です。転職で役立つレベルは、日商簿記検定2級から。

出題範囲は広く、商業簿記と工業簿記の2種類から出題されることになりますが、合格率は70%以上と高めです。

しっかり短期間に勉強すれば、資格取得は数ヶ月程度しかかからないでしょう。短期間の勉強で、転職に役立つ資格が取れるということで、日商簿記検定はおすすめです。

事務

各種MOS

マイクロソフトの各種ソフト、ExcelやWord、PowerPointなどを使うスキルを表明する資格です。

事務仕事は、マイクロソフト社のソフトと無関係で仕事することはできません。

MOSには、Excelなどのほか、AccessやOutlook合わせて5種類の規格がありますが、一般的な転職なら基本的な3つのMOSで十分。

勉強もしやすく、とっつきやすく転職にも役立つ資格です。

金融業界

ファイナンシャルプランナー

顧客のライフプランの設計や、不動産、相続、お金に関するあらゆる知識があることを証明する資格です。

金融業界のほか、不動産業界で働く人も持っておきたい資格。

ファイナンシャルプランナー1級ともなると、個人で働くことができるほどの知識を表明できます。未経験でもこの資格を持っているのは、転職活動においてかなり有利となります。

未経験業界への転職には資格が必須

20代の転職活動において資格は役立ちます。

その転職活動において、「未経験業界への転職」となるとさらに資格の効果は大きくなります。

20代の転職は、資格は「必須」でないことも多いですが、未経験業界への転職となると話は別。未経験業界へ転職をしたいなら、資格は持っておいた方が良いでしょう。

企業側の研修リソースを削減できる

未経験業界への転職で資格を持っておくべきなのは、まず「企業側の教育」の負担が無くなるからです。

未経験ということはつまり、その業界で働くための知識もスキルもないということ。

企業側で考えてみてください。どうしてうちで働くための知識も経験もない人を受け入れて、その人にあれこれ教えてあげる手間をかける必要があるのでしょう。

企業としては、いくら20代で若いとしても、中途入社後すぐに戦力になる「即戦力」の人材を求めているのです。

未経験業界への転職で役立つ資格

未経験業界への転職で役立つ資格もご紹介します。

資格の取得難易度は高いですが、未経験業界への転職そのものの難易度が高いので、資格取得の難易度も比例して上がってしまいます。

医療事務

医療従事者のサポート、カルテの管理など、医療機関で働く時かかせない知識を証明するには、医療事務の資格が必要です。

一言で医療事務と言っても、いくつか種類があります。自分がどの医療機関で働きたいのか、あらかじめしっかり決めておき、そこで役立つ医療事務の資格を抑えておきましょう。

病院のほか、検診センターや健康保険組合など、幅広い現場で役立つ資格です。特に女性の転職で人気の資格です。

歯科助手

歯科医の助手を勤めるために必要なのがこの資格。

歯科医は人気職業で、年々増加傾向にあることもあり、歯科助手も人気の資格です。未経験の女性に人気の資格で、取得難易度もそこまで高くないこともあり、未経験の転職でおすすめの資格です。

ITパスポート

独立行政法人IPA(情報処理推進機構)が実施する資格です。ITを活用するすべての社会人、または学生が備えるべき知識がほとんど含まれているため、IT業界への転職で持っておきたい資格です。

ITの基礎なので今後上級の資格を取っていこうと思っている方の、まずは土台となる資格だと言えるでしょう。

20代が資格取得を転職活動に役立てるポイント

資格を取り終わった方は、そこから資格を活かして、どのように転職活動を進めていけば良いのか。

資格を活かした転職活動の方法も、しっかり考えておく必要があります。

資格取得のその後まで見据える

ゴールは「資格取得」ではありません。

資格を取ったあと、どんな展開を期待するのか。資格取得ばかり考えすぎて、転職活動そのものがおろそかになってしまうようでは、転職活動に資格が役立ったとは言いづらいです。

繰り返すようですが、20代の転職では資格が必須ではない場合が多いです。そんな必須でないもののために、転職活動という大きなイベントをだめにしてしまうのはあまりにもったいないです。

資格を活かせる仕事を転職エージェントで聞く

せっかく資格をとったら、転職エージェントで資格を活かして働ける企業を教えてもらいましょう。

あなたが新しくとった資格、そしてすでに持っていた資格、それら両方のスキルを活かした転職活動を進めるために「転職エージェント」は必須です。

転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントにあなたのスキルを伝えてください。資格を活かして転職できる求人を提案してくれるはずです。

20代向け転職サイト・転職エージェントランキング
20代向けの転職希望者にピッタリの転職サイト、転職エージェントをランキングでご紹介しています。20代などの若手が転職する際には、若手向け求人が多く、若手向けのサービスが揃った転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

20代という若さで転職する時役立つ資格を紹介しました。

資格は、転職活動を進める上で、かなり強力な武器となり得るのですが、資格取得が転職活動そのものを阻害してしまうことのないようにしてください。

コメント