どんな20代社員が仕事できない認定を受けるのか?どうすれば仕事ができる人になれる?

つらそうな女性社員 転職コラム

日々働いている20代からは、時たま「自分は仕事ができない…」という声を聞きます。

まだ社会に出たばかりの20代前半の頃はともかく、20代も後半になって、会社の足を引っ張っているようでは、日に日に社内の立場が悪くなってしまいます。

20代後半ともなると、できるやつはますますできるようになり、自分とそいつの差は深くなっていくばかり。

後輩も増えてきて、こんな仕事できない自分の姿を見られるのは、いよいよもって立場がない…なんて感じることでしょう。

そんな「仕事ができない…」と悩める20代のために、今回は未来の話をしたいと思います。

どんな20代が仕事できないと思われるのか

まずは、どんな20代が「仕事できない認定」を食らうのか。

仕事できないとされる人の特徴から知っておきましょう。そしてできれば、この「仕事できない人像」に触れないようにしておきたいところです…。

人の話を聞かない

コミュニケーションの基本中の基本、「相手の話を聞く」ができない人は、「仕事ができない」とみなされても仕方ありません。

話しててもどこか上の空。そうなると当然意見を求めても的はずれな意見しか出てきません。

これでは「仕事ができない」と思われても仕方ないですよね。

時間・約束を守らない

時間と約束を守れない人は、その約束した相手に悪い印象を与えます。

それが仕事上の約束だったなら、仕事に支障をきたすわけですから、「あいつに仕事をまわすのをやめよう」と思われても仕方ないことです。

考えに柔軟性がない

言ったことをきちんと守る人は多いですが、「言った以上のこと」をやる人は少ないです。

もっと柔軟に、どんな状況下でもきちんと対応できる人が「仕事のできる人」です。

指示待ち人間

「次何をすればいいか」を自分で考えられない人は「仕事ができない人」ですね…。

上司の指示がないと何もできないなら、会社にとってお荷物です。

そんな人は、そのうち高精度のAIに仕事を取って代わられるかもしれません。

間違いを正さない

誰しも失敗、間違いはあります。

問題は、その間違いを間違いのままにしている人です。

間違ったなら、「どうして間違ったのか」「どうすれば今後の間違いを防げるか」を考えられる人が「仕事のできる人」なのです。

チャレンジしない

決まったこと仕事ばかりしている人、新しい分野の仕事にチャレンジしない人も「仕事のできない人」とみなされがちです。

チャレンジするためには、様々な前準備が必要です。その前準備も含めてすべてこなせる人が「仕事のできる人」なのです。

手っ取り早くチャレンジするしかない局面に追い込むために、「転職」という選択肢もあります。

20代の利用にうってつけな転職サイト・エージェントを活用して転職してみるのも、一つの手です。

20代向け転職サイト・転職エージェントランキング
20代向けの転職希望者にピッタリの転職サイト、転職エージェントをランキングでご紹介しています。20代などの若手が転職する際には、若手向け求人が多く、若手向けのサービスが揃った転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

あなたが自分を仕事できないと思う理由

さて、ではここからは、あなた個人の話をはじめましょう。

「仕事ができない」ことを日々嘆きながら、毎日床につくあなた。

どうして「仕事ができない」と思うに至るのか。その原因から探っていきましょう。

自分の短所がはっきりしてないから

まずあなたは、自分のことがあまりわかっていません。

自分はどこに弱点があって、何の分野が苦手なのか。

そういった自分の短所が理解できないから、間違った行動を起こしてしまうのです。

「失敗」を「失敗のまま」で終わらせてるから

仕事のなかで失敗したとしたら、それを失敗したな、で終わらせてるのではないですか?

失敗したなら、しっかりと再発防止策を考えてください。

どうすれば「仕事できない」を脱却できるか

どうすればこれからは「仕事ができない」ではなく「仕事ができる」認定を受けるにつながるのか。

これからは、かつての自分に向けられていた「悪い印象」を覆すことができるか。

仕事できない認定を脱却するための方法を、一緒に探していきましょう。

約束を守る

時間や約束をしっかり守ることで、上司や同僚から信頼を集めることができます。

信頼が厚い人=仕事ができる人 という評価に繋がりやすくなります。

「約束したことはちゃんとこなす」

簡単ですが、その効果は大きいです。

インプットとアウトプットを欠かさない

何も考えないまま、日々の仕事をこなしているだけでは、まったく進歩しません。

新しい分野のしごとにチャレンジするためにも、日々のインプット、そしてアウトプットも欠かさないようにしたいです。

時間が許すなら、セミナーに顔を出して、そして得た知識を仕事に活かす…。これができれば、仕事の能率が上がり、「仕事ができる」という認定を受けやすくなるはずです。

まとめ

自分は仕事ができないと嘆いているあなた。

あなたがその評価を覆すためには、どうして自分の仕事能率が低いのか、どうして他人から仕事ができないと思われるのか。

しっかりとその要因を探るところから始める必要があります。

そしてその要因がわかったなら、あなたの知識と経験を活かして、仕事ができないと思われる要因をなくすためのアプローチする必要があるのです。

今回の記事を参考に、これからは「あいつは仕事できる」と思われる働きぶりをみせてください。

コメント