20代が転職活動を成功させるには?20代転職でどこに注意しておくべきか

転職コラム

社会人として会社で働きはじめた20代。

社会人として生活していく中で、様々な困難にぶち当たることがあるはず。人間関係、仕事、お金の問題、その他諸々…。

そうした細かいトラブルの連続で、「転職」の二文字が頭をよぎる方も多いのではないでしょうか。

ですがいざ転職するとなっても、そこでもまた様々な心配事やアクシデントが立ちはだかります。

この先の人生が長い20代は、いったいどんなことに注意しながら転職するべきなのか?成功させる秘訣を、過去の転職成功者の言葉を頼りに見つけていきましょう。

20代が転職を決意する利用

20代はどんな時、転職を決意するのか。

悩みの多い20代。仕事に関する悩みも尽きないですよね。

給与が低い

働く一番の目的はやはり「お金」です。

どれだけやりがいのある仕事でも、もらえる給与が少ないとどうしても転職を考えてしまうもの。仕事にがんばっていても、評価制度が整っておらず、がんばりが給与に反映されないのも考えものですよね。

「年収アップ」を目的に転職する20代、珍しくありません。

仕事が自分にあってない

自分にあった仕事ができてないのも考えものですよね。

仕事に夢をもって入った会社で、自分のもっているスキルとまったく見合わない仕事を箚せられていたとしたら、転職を考えるのも当然のことです。

自分がやりたい仕事ではなかったとしても自分にあってない仕事を毎日することになるのは、ただただストレスなはず。

もっと自分にあった仕事を探したいと思うのは、とても自然なことだと思います。

働く環境が悪い

残業時間が長い、休暇が少ない、休憩時間が無い、福利厚生が乏しい…勤務環境が悪いのも転職理由になりえます。

社員の働きやすさを考えてくれてない企業は、どれだけ利益を上げていたとしても「良い会社」とはいえません。

「もっと働きやすい会社で働きたい」と思うのは自然なことです。

スキルアップが見込めない

20代は未来ある世代。

「ずっとこの会社にいても成長できない」

そんな気持ちで仕事するのは辛いはず。この会社に留まってもスキルアップが見込めないと思ったなら、20代にとって転職を考えるきっかけになるはずです。

もっと仕事幅が広く、責任ある仕事を任せてもらえる会社に転職するのがいいかもしれません。

成長途中のベンチャー企業なんて、スキルアップを考える20代にとって働きやすいかもしれませんね。

20代の転職成功率

20代で転職したいと思っても、実際に転職が成功するかはまた別の話。せっかく未来に向けて転職活動に踏み切っても、その活動が実を結ばなかったら意味がありません。

…なんて怖い前置きを書きましたが、心配せずとも、20代の転職成功率ははっきり言って高いです。転職活動でミスを起こさなければ、結果として大きなミスはないはず。

以下にその要因を書いていきます。

20代前半には高い需要がある

そもそも、20代人材の需要高いです。

それも、普遍的に広い業界、業種で高い需要があります。その需要に応えるように、20代の多くが転職活動に踏み切っており、厚生労働省の調査によると「3人に1人」という高い割合の人が転職しているというデータも出ています。

若手人材はどの企業も「人手不足」

若手人材は人手不足です。特にIT業界なんかでは、人手が足りないため、文系の学生もエンジニアとして採用する「文系SE」が増えています。

近年は20代前半を採用したい企業が増えており、卒業後間もない社会人を「第二新卒」として採用する企業も増えています。

転職を考えた年代が20代前半だったなら、転職活動にほとんど苦労することはないはずです。

20代後半にも需要があるがスキルも求められる

これが、20代後半の転職となると少し話が変わります。

20代後半もまだまだ若者の括りですから、需要は高いです。過去20代後半が就職活動を行っていた時期は、「氷河期」と呼ばれた世代で、就職するのがとても困難でした。

そして今は当時より景気が上がり、企業が採用の機運を高めています。

多くの企業で、「就職氷河期」の人材が不足しているのです。

即戦力のスキルとポテンシャル両方必要?

20代後半の転職となると、企業は「即戦力人材」を期待します。20代前半で培った経験で、新卒社員とは違う働きをしてくれることを期待するのです。

そして同時に、20代後半の社員は「ポテンシャル」も期待されます。

「それなりのスキル・経験」と「ポテンシャル」両方を期待される20代後半の転職は、20代前半の転職と比べて少し難易度が高いかもしれませんね。

20代が転職する時知っておくこと

ここからは、20代社員が転職を考えた時、頭に思い描いておくべきことを紹介します。

のんべんだらりと転職活動を進めれば転職できるほど、20代の転職活動は甘くありません。

20代に一番求められるのは「ポテンシャル」「若さ」

一番考えておくべきなのが、20代社員の転職ニーズです。

多くの企業は、20代社員に「スキル」「能力」なんて求めていません。確かに、「学歴」「資格」などがあり、基本的にポテンシャルの高い人材は転職において有利となるでしょう。

しかし企業が20代に求める一番のものは、その「若さ」です。若いということは、採用した後長年一緒に働いてくれるということ。

そして若いがゆえの、良い意味で「向こう見ず」なところも評価されます。多少の無理なら効くのが若者の強いところですよね。

20代の多くが転職している

上でも述べた通り、現在20代社員の3人に1人は転職している時代です。

そうです。20代社員の転職率は高いのです。「20代で、働き始めたばかりで転職するなんて、我慢できないと思われるのではないか」と思う方もいるでしょうが、今の時代20代社員は転職するのが当たり前の時代なのです。

20代社員の転職率は?新卒社員も転職しているのか?
現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。 そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安...

「とりあえず3年」は古い

以前は、「新卒で入った会社に3年は働け」なんて言われていました。

3年働かないと、その仕事の本当の楽しさも辛さもわからない、そう言われていました。

しかし現在は、「入社後少しでも合わないと感じたら転職する」時代です。

現在は相談できる識者も増え、過去や現在の情報も多くなり「転職するべきか」の判断材料が増えていることも一員かもしれません。

「会社を辞めたい」と思った時考えるべきこと
会社を辞めたいと思った時、あなたはまず立ち止まって、考えてみることが必要です。転職したとしても、絶対に幸せになるとは限らないことや、転職活動の大変さなど、リスクを先に考えておきましょう。

多くの20代が「仕事を辞めずに」転職する

20代の多くが、転職して次の仕事場を決める前に「転職活動」を終わらせています。

20代社員、特に一人暮らしの人はお金に余裕がありません。転職が決まる前に今の会社を辞めてしまうと、収入が完全に途切れてしまうので、生活が回らなくなってしまいます。

多くの20代が「転職活動」と「仕事」を両立させているのです。

「転職エージェント」を活用した転職活動が効率的

転職活動は色んな進め方があります。

例えばハローワーク、例えば転職サイト、ほかにも知人の紹介なんてこともあるでしょう。

しかし私がおすすめしたいのは「転職エージェント」を使った転職活動です。

20代転職は難しくないが転職回数が増えると不利

前述した通り、20代の転職自体の難易度は低いです。

しかしそれは、1度や2度程度の転職に限った話です。

20代で会社にいる期間というのは、大学を卒業して働いたとしたら8年間ほど。専門学校や短大を卒業後働いたとしても10年程度。そんな期間に何度も転職を繰り返していると、やはり企業側は「この人は一つの仕事が続かない」と判断します。

企業としては、少しでも長い期間働いてほしいと思うので、「辞めるリスクが少ない」人材を採用するのです。

20代で2回転職を行うリスクは?どんなことに注意しておくべきか
日本では、まだまだ「新卒で入った会社で定年まで勤め上げる」価値観が根付いています。 しかし、こんな人材の流動性を妨げる言論は、世界規模でみればありえないことです。 日本人は安定志向が強いこともあり、「レールに沿った人生」を良しと...

20代の年代別転職戦略

「20代」と一言で言っても、細かく年代で区切って語ることができます。

それぞれの区分で、転職活動で立てる戦略が変わってきます。

あなたも自分の年代を思い返して、年代にあった転職活動を行ってください。

社会人3年目まで

入社後間もない20代、社会人3年目までの社員はまず「会社に留まる」判断を検討するべきです。

そしてどうしても耐えられない、転職したいと思ったなら、「第二新卒」という有利なポジションをフル活用して転職してください。

何より自分には「ポテンシャルがある」というアピールを忘れないでくださいね。

社会人5年目まで

社会人4,5年の転職も考えてみましょう。年齢で言うとだいたい26歳あたりでしょうか。

まだまだその年代は「若手」で通じる年代。加えてこの年代は、第二新卒とは違い社会人経験と後輩指導経験も豊富な人材が多いです。

「ポテンシャル」と「キャリアアップへの意思」を活かして転職活動を進めてください。

社会人6年目以降

社会人6年目以降ともなると、28,9歳になった人も多いです。もう30代も目前の世代ですね。

この年代で転職するためには、「ポテンシャル」というより「スキル」を全面に押し出して転職活動を進めてください。

しかしまだ20代という、「若さ」を武器にするラストチャンスであることもお忘れなく。

現在フリーター

20代人材の中には、現在正社員でなく「フリーター」として働いてる人もおられるでしょう。

フリーターが正社員として就職するためには、未経験でも不利になりにくい「ポテンシャル」で戦える業界を狙いましょう。

ニートでも介護の正社員になれるのか?
現在ニートの方で、本当は働きたいのにニートなんて雇ってくれる所がないと諦めている方はいませんか?一度ニートになってしまうと、なかなか就職するのが難しいイメージがあると思います。 しかし、介護職なら正社員として雇ってもらえる可能性が十分...

転職が成功する20代

では、どんな20代が転職成功するのか。

転職生活がうまくいきやすい20代の特徴も調べてみましょう。

どんな20代が、転職活動をうまくすすめるのでしょうか?

自分がやりたい仕事がはっきりしている

転職活動を成功させるのは、「自分がどうなりたいか」「何を仕事にしたいのか」をはっきり自覚している人です。

わかりやすく言えば、自分の価値観をはっきり理解している人ですね。

転職活動の優先順位は?転職において外せない目的は?

転職活動を進める上で、自分の中でしっかりと理解しておいてください。

自分の市場価値をわかっている

自分のスキルなど、転職市場における自分の価値をしっかり理解している人が、転職活動を成功させやすいです。

自分のスキルにあってない企業へ転職しようとしたとしても、経験に見合わない企業への転職も、同じくうまくいきません。

現実的に自分がどこへ転職できるのか、しっかりとそれを把握できる人が転職活動を成功させます。

転職エージェントをフル活用している

転職エージェントをフル活用したほうが、20代の転職活動は成功しやすくなります。

良いですか。転職サイトではなく、転職エージェントです。そこには理由があります。

20代向け転職サイト・転職エージェントランキング
20代向けの転職希望者にピッタリの転職サイト、転職エージェントをランキングでご紹介しています。20代などの若手が転職する際には、若手向け求人が多く、若手向けのサービスが揃った転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

キャリアコンサルタントと相談できる

転職エージェントの一番良いところはなんといっても「キャリアコンサルタントがいるところ」です。

キャリアコンサルタントと相談しながら転職活動が進められるので、転職活動に無駄がなくなりません。

転職における疑問、悩み、すべてキャリアコンサルタントにぶつけることができます。

提出書類の添削、面接対策も、キャリアコンサルタントが行ってくれます。

自分にあった求人を提案してもらえる

転職エージェントのキャリアコンサルタントから、自分にあった求人を提案してもらえます。

先程は、「自分の市場価値」が転職において重要だと言ったところですが、転職エージェントのキャリアコンサルタントは客観的に利用者の市場価値を判断してくれます。

そしてぴったりの求人を紹介してくれるため、自己分析にかける時間を減らすことができるのです。

在職中に転職活動が進む

転職エージェントは、平日の遅い時間や土曜など会社が休日の日でも相談に乗ってくれるところが多いです。

これにより、今の会社をやめること無く、効率的に転職活動を進めることができます。

仕事内容だけ見て転職してない

20代でありがちなのが、「仕事内容だけ見て転職」を行うことです。

転職活動を成功させるには、「自分のやりたいこと」も大切ですが、企業の安定性や業界動向など、様々な情報にも気を配っておく必要があります。

多くの情報を同時処理できる人が転職活動を成功させます。

まとめ

いかがでしたか?

20代で転職活動を成功させる秘訣、成功させる人の特徴、理解できたでしょうか。

20代で転職する人は多いですか、何も考えずなんとなくで転職してうまくいくほど甘くありません。

事前の準備、活動中も注意深く行動して、希望通りの転職を成功させてください。

コメント