20代で2回転職を行うリスクは?どんなことに注意しておくべきか

考えるOL 転職コラム

日本では、まだまだ「新卒で入った会社で定年まで勤め上げる」価値観が根付いています。

しかし、こんな人材の流動性を妨げる言論は、世界規模でみればありえないことです。

日本人は安定志向が強いこともあり、「レールに沿った人生」を良しとする風潮が強いのです。

そんな社会で働いていると、「20代のうちに2回も転職する」ことに対して抵抗を感じる人も多いでしょう。

転職回数が多いということは、一般的な常識で考えると「レールに乗った人生」とは言い難いからです。

しかし、特に現代は、「新卒で大企業に入ってその企業で勤め上げる」なんて、そんなことをしている人のほうが珍しいくらい。

ベンチャー企業に入社して、そこから大企業に転職する人もいれば、大企業勤めを経験して、そこからフリーランスで働くひとも珍しくありません。

働き方、つまり生き方は、昔に比べてとても自由になっています。ですから「20代で何回転職する」なんてことは、本当にささいな問題でしかないのです。

今回は、そんな20代で転職を複数回することに問題がないこと。そしてもし20代で複数回転職するとして、どんなことに注意しておくべきか。そこも抑えておきたいと思います。

2回目の20代転職は不利になることはない

まず、強く言っておきたいのは、20代で2回以上転職することが転職市場において不利に働くことはないということです。

20代なんて、まだまだいくらでも人生のやり直しが効きます。1度や2度の転職でへこたれることはないのです。

どうして20代で2回以上転職するのが不利でないのか。その理由から掘り下げていきましょう。

20代は転職市場でかなり強い

現在、少子高齢社会が進むことで、どの業界も20代の人材を求めています。

うまく転職活動を進めることで、新卒では入れなかったあの会社でも、それまでの職歴とスキルを活かして、転職することも可能でしょう。

もちろん、20代のうちに何度も転職を繰り返せば繰り返すほど、転職がうまくいく可能性は下がっていきます。しかし他の年代と比べれば、転職の難易度自体はとても簡単な部類です。

「とりあえず3年」という価値観は、はっきり言って古いです。今は「だめだ」と思ったら、すぐにでも転職を考えるべき時代なのです。

会社が倒産した転職ならまったく問題ない

転職前の会社が倒産したことで、現在転職活動を行っているとしたら、ますます問題ないです。

前の会社の倒産は、個人にはどうすることもできない問題。俗に言う「会社都合退社」となるので、転職においてもっとも有利です。

また、会社の業績が悪く、結果的に「ブラック企業」と化していた場合も問題ありません。

しっかりと事情を説明して納得してもらえば、円満に転職することができるはず。他にも家庭の都合など、どうしようもない事情の転職も、他の年代の転職よりずっと、企業は寛大に受け取ってくれます。

前の会社の勤続年数が極端に短い場合は注意

20代の転職は確かに不利ではありません。というよりも、有利といっても差し支えないくらいでしょう。

しかし不利になるケースも少なからずあるのも確かです。

そのパターンは、「前の会社にいた勤続年数が極端に短いケース」です。20代で2回目の転職ということは、最初の会社もそれほど長い期間働いておらず、2社目で働いた期間も、それほど長くないでしょう。

その「2社目で働いた期間」が、3ヶ月だったり半年程度だったなら、採用担当者に悪印象を与える可能性が大いに考えられます。

30代と20代の転職は天と地の差

これが、30代で複数回転職するケースと比較すると、その難易度は雲泥の差です。

20代のうちに、少しでも働きやすい、良い会社で働くために転職活動を行っておくのは正解かもしれません。

20代で2回以上転職した人の口コミ

実際に、20代で2回転職した人の口コミをみてみましょう。

27歳 営業→営業に転職したSさん

まあ同業種への転職でしたから、それほど難しいと思いませんでした。前の会社は、どれだけがんばっても評価されず、がんばりが給与に反映されなかったので、もっと評価制度がしっかりした会社に転職したかったです。今はしっかり歩合が出る会社で働きやすいです。前の会社で学んだこととかしっかりアピールすれば、2回目の転職は不利に感じなかったですね。

28歳 エンジニアに転職したKさん

食品メーカーで働いてたんですが、趣味でやってたアプリケーション作りが楽しくて、これを仕事にしたいと思い転職活動を行いました。年齢はあまり見られず、むしろ「どれくらいスキルがあるか」に注目された印象があります。

20代が転職を考える切っ掛け

どんなときに20代が転職を考えるのか。1回転職したのに、再び転職が頭をよぎるのはどんなタイミングか、そのきっかけを知っておきましょう。

ブラック企業で労務環境が悪い

転職先がブラック企業だったとしたら、当然転職を考えます。

ブラック企業につかまってしまうひとは、連続でハマってしまいがちです。

ブラック企業に新卒で入り、転職先もブラック企業、なんてことも多いです。ブラック企業で働いても、百害あって一利なし。さっさと転職先するのが正解です。

仕事内容が同じ、成長できない

ずっと同じような仕事をさせられている場合。今こなしている仕事で成長している気がしない場合。

そんな時20代社員は転職を考えます。20代でどれだけスキルを蓄えたかが、その後の人生を決めることを考えると、20代で扱う仕事の種類はしっかり選ぶべきです。

年収を上げたい

ひとが働くのは、「お金のため」です。

もちろん、お金のためだけではないかもしれません。しかしお金をもらえないと、それは仕事として成立しません。

今もらっているお金が少ないとしたら、転職して年収アップしたいと考えたとしても、無理のない話しです。

未経験業界で働きたい

未経験業界への転職を考えているとしても、20代のうちに転職しておくべきです。

30代で未経験業界への転職は難しく、年収など、多くの犠牲を払うことになります。

2回目の転職が失敗するパターン

20代で2回目の転職を考える人は多いです。そして2回目の転職はあまり不利を感じる必要もない。

しかし、2回目の転職で失敗してしまう人がいるのも確か。20代で転職する人は、どんな人が失敗してしまうのか。

2回目の転職でつまづいてしまいがちな人の特徴を学んでおきましょう。

転職理由がぼんやりしているパターン

20代で2回も転職する理由、それがはっきりしていない人は、転職活動でつまづきがちです。

転職時の採用面接では、「前の会社がどれだけ嫌だったか」を語るべきではありません。

今回の転職を通して、自分が今後どうなっていきたいのか。それをしっかり表明するようにしてください。

「20代の転職」が悪印象を与えることも

20代で複数回転職することに、まだまだ古い体質の企業では「悪印象」を与えてしまうこともあります。

古い体質の企業では、「20代転職が足を引っ張りかねない」ことも、しっかりと留意しておきましょう。

いつも余裕をかましていると、痛い目をみることがあるのです。

2回目の20代転職なら、転職エージェントの助けが必須

2回目に転職する20代には、転職エージェントを活用した転職をおすすめします。

転職エージェントには、キャリアコンサルタントが在籍しており、キャリアコンサルタントに転職に関する相談を行うことができます。

1度目とは違う20代の転職。どんなところに注意しながら転職するべきか、転職活動のコツを聞きながら転職活動を進めることができます。

転職エージェントの利用で在職中の転職が可能

転職エージェントを活用しながら転職活動を行うことで、会社を辞める前に転職活動を進めることができます。

在職中に転職活動を行うことで、収入状況に悪影響を与えないなど、多くのメリットがあります。

20代向け転職サイト・転職エージェントランキング
20代向けの転職希望者にピッタリの転職サイト、転職エージェントをランキングでご紹介しています。20代などの若手が転職する際には、若手向け求人が多く、若手向けのサービスが揃った転職サイト・転職エージェントを利用するべきです。

20代2回目の転職につよい:りくらく

リクらく
20代2回目の転職なら、「リクらく」がおすすめです。

リクらくは、他の転職エージェントと異なり、20代の若者の転職をメインに扱う転職エージェント。

たとえ2回目の転職だろうと、転職に対する要望、悩みをヒアリングして、ぴったりの求人を紹介してくれます。そして、その求人にあてた転職活動をサポートしてくれます。

さらに転職がうまくいった後のアフターフォローも充実しています。

リクらくの使い勝手はどう?転職サポートの充実さを口コミ・評判でチェック
第二新卒・フリーター、ひいては就業経験のないニートまで、職を探している若手のサポートに特化したエージェントサービスが「リクらく」です。 現在日本は慢性的な「人手不足」です。 さらに20代など若手が足りない状況。「若さ」という最強...

20代2回目の転職につよい:マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの強みは、20代向けの求人の扱いに優れている点です。

転職エージェントの利用で大切なのは、「自分にぴったりの求人を持っているかどうか」です。

マイナビエージェントは扱う求人が多いですから、「自分にぴったりの求人を持っている確率」が上がるというわけです。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

20代2回目の転職につよい:リクルートエージェント

リクルートエージェント
やはり、転職エージェント最大手「リクルートエージェント」は利用するべきです。

他のエージェントと比べて、圧倒的に多い求人数。豊富な過去の転職成功実績。転職ノウハウ。すべてが一流です。

まずはリクルートエージェントに登録して、リクルートエージェントに合わせて、別の転職エージェントを利用するのが、転職エージェントの正しい活用法です。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

20代で2回以上転職する時のリスク。そして実際に転職活動を行う際の注意点もご紹介しました。

20代で2回以上転職するのは、決して不利になる要素ではありません。しっかりと「転職する理由、転職後のキャリア、転職先の業界」などを考えておくことで、企業に悪い印象を与えることはありません。

20代の転職で役立つ転職エージェントを活用して、転職活動を成功させてください。

コメント