転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

20代女性が転職活動を成功させるためには?転職失敗の経験談もご紹介

20代の転職

転職市場において、20代女性は非常に需要の高い年代です。

キャリアアップをするにも、新たな業種・職種に挑戦するにも一番いい時期と言えるでしょう。

しかしだからと言って闇雲に転職活動を進めてしまうと、理想とはかけ離れた転職となってしまい、失敗してしまった…!なんてことになりかねません。

需要が高く選択肢が多い20代女性こそ、まずは慎重になって転職活動を行う必要があるのです。

今回は20代女性の転職を成功させるために、20代女性はどのような理由で転職を決めるのか、また転職失敗にありがちな理由は?などを徹底的に調査を行い、まとめました。

実際に転職に失敗してしまった経験のある方の口コミを紹介しているため、併せてチェックしてみて下さい。

この記事で分かること

  • 20代女性が転職を決意する理由
  • 転職市場で20代女性が求められること
  • 20代女性が転職失敗になってしまう一例
  • 20代女性の転職を成功させるコツ
  • 20代女性にオススメの職種
  1. 20代女性が転職を決意する理由
    1. キャリアアップしたい
    2. 新たなチャレンジがしたい
    3. ワークライフバランスを充実させたい
    4. 仕事内容が体力的・精神的にきつい
    5. 会社の将来性に不安を抱く
    6. 職場の人間関係に悩む
  2. 20代女性の転職市場での評価とは
    1. 【20才~24才】若年層や第二新卒など売り手市場
    2. 【25才~28才】スキルもあり即戦力として需要も◎
    3. 【29才~】戦略的に進めないと職種によっては難しいことも
    4. 30代を過ぎると全く転職できないわけでは無い
  3. 20代女性の転職にベストな時期とは?
  4. 20代女性が転職失敗となってしまう一例
    1. 思っていたのと違った(26才)
    2. ワークライフバランスばかり追求しすぎてしまった(24才)
    3. 今後のキャリアをよく考えていなかった(25才)
  5. 20代女性の転職を成功させるコツ
    1. ①働く上での優先順位を決める
    2. ②自分のやりたいことが叶う会社かチェックする
    3. ③自分の市場価値を磨く
    4. ④プロも力を借りるのが成功への近道
  6. 20代女性が転職エージェントの利用がおススメな理由
    1. プロの立場からサポートを受けることができる
    2. 面接練習や書類添削をして貰える
    3. 企業とのやりとりを代行してもらえる
    4. 応募企業にプッシュをしてもらえる
  7. 20代女性の転職に人気の職種は?
    1. 20代女性の転職に人気の職種
      1. 1位:事務職
      2. 2位:営業職
      3. 3位:広報職
  8. 20代女性の転職にオススメのサイト・エージェント
    1. マイナビエージェント
    2. リクルートエージェント
    3. パソナキャリア
  9. 20代女性の転職は早めに行動を開始する

20代女性が転職を決意する理由

20代女性が転職を決意するタイミングには、どのような背景があるのでしょうか。

他の人がどのような理由で転職を決めるのかが気になりますね。

ここでは20代女性が転職に至った理由を解説していきます。

  • キャリアアップしたい
  • 新たなチャレンジがしたい
  • ワークライフバランスを充実させたい
  • 仕事内容が体力的・精神的にきつい
  • 会社の将来性に不安を抱く
  • 職場の人間関係に悩む

キャリアアップしたい

20代女性が転職を決めるきっかけに多いのが、キャリアアップのためです。

経験を活かしてさらに待遇がいい職場へ転換や、やりがいを求めて裁量の多い環境に身を移したいなど、キャリアアップを求めて転職を考えるケースが多いです。

20代半ばともなってくると、社会人として必要最低限のマナーも身につき、自分のスキルも身についてきたタイミング。

外に出るタイミングとしてもちょうどいい年代でもあるため、20代でキャリアアップを考えて転職を決める人も多いです。

新たなチャレンジがしたい

何とか憧れの企業に就職したけど、思っていた世界と違った…

新たな目標が見つかった!1から挑戦するために20代のうちにジョブチェンジしたい!

などの理由から、新たなキャリアを求めて転職を決める20代女性も多いです。

ワークライフバランスを充実させたい

結婚・出産を考えたら、もう少し休みを自由に取れる環境に移りたい

働く女性が切っても切り離せない問題に、結婚・出産などライフイベントがありますよね。

結婚して家庭に入るケースや、出産となるとサンキュ・育休の取りやすい企業に転職するなど、ワークライフバランスを優先して転職を考える人も多いでしょう。

仕事内容が体力的・精神的にきつい

残業も多くハードワーク。この働き方をこの先10年20年続けるのは体力的に厳しい…

ノルマが毎月厳しくて、達成するの毎月一苦労。精神的にも落ち込むし向いていないのかも…

若いうちだからできた仕事内容も、この先何年も続けるとなると難しいこともありますよね。

現実的に今後働いていくことを考えたときに、体力面や精神面で転職を考えるケースも少なくありません。

会社の将来性に不安を抱く

入社当時は売り上げも好調だったけど、年々厳しくなっている…。

今働いている会社の経営が怪しくなったり、将来性を感じなくなった時。

今後も働いていくことを考えると、長く働ける企業に移るのも一つの手ですよね。

特に今後のキャリアプランやライフプランを考えることが多い20代であれば、おのずとそのように考え始める人も少なくありません。

職場の人間関係に悩む

上司や同僚と上手くいかず会社の人間関係に悩むこともありますよね。

その結果、転職をすること現状を打開しようと転職を検討する女性も多いです。

20代女性の転職市場での評価とは

20代とは転職市場において売り手市場とも言われています。

確かに企業としても、長期的にキャリア形成をしてくれる人材を確保したいため、必然的20代の需要が高まってしまうのも事実です。

しかし20代と一括りにしても、20代前半と後半では市場からの評価も大きく異なってきます。

ここでは20代を3つの区分に分けて、市場からどのように評価がされているのかを解説していきます。

【20才~24才】若年層や第二新卒など売り手市場

20才~24才の女性の場合、大卒であってもまだ社会人2年目。

市場からもまだまだ若手として需要があります。

結論から言ってしまうと、若い人材=ポテンシャルが高い人材であるということ。企業が求めるのは若くてポテンシャルが高い人材です。

近は第二新卒や若年層求人も需要が高まってきていますよね。

20代の人材を求める企業に言えることは、そこまで人件費がかからないうちに戦力となるように教育ができる、ということがあげられます。

もちろん即戦力となれば御の字ですが、企業としても20代に最初から完璧にこなす期待をしていません。

そこで会社の戦力となるようなポテンシャルがある人材を早くから確保し、自社に貢献できる人材を求めているのです。

第二新卒や若年層の市場がアツいのにも、このような背景があります。

逆を言えば、スキルも経験もないのにポテンシャルもない人は、たとえ年齢が若かったとしても転職は難しいでしょう。

【25才~28才】スキルもあり即戦力として需要も◎

25才~28才の場合、新卒で入社してそこそこのキャリアを積んできたであろうタイミングですよね。

第二新卒よりも社会人経験があるため、最低限のマナーなどはカバーできているうえに、スキルなどもある程度保有している人材も多いです。

若さゆえのポテンシャルを持ち合わせながら、即戦力としても活躍できると評価されます。

企業としても特にのどから手が出るほど欲しい年代と言えるでしょう。

【29才~】戦略的に進めないと職種によっては難しいことも

20代積極採用というような求人の場合、中には29才以降になってしまうと採用のハードルが高まってしまうのも事実です。

30代を過ぎると全く転職できないわけでは無い

20代女性の転職市場が分かってきたと頃で気になるのが、30代になってしまうと転職市場はどのように変化してしまうのかですよね。

確かに転職市場の風潮などを見ると20代の需要が高すぎるあまり、『30代過ぎてからの転職はオワコン』と言ったような流れが出てきてしまっているのも事実です。

女性の場合、育児や出産など自分だけの都合ではどうにもできない理由で転職をせざるを得ない状況も多いに考えられます。

しかし20代で無いと転職が出来ない、30代はオワコンという訳ではありません。

あくまで需要が高いのも事実ですが、企業が求める人材像とマッチしていれば何歳でも転職活動を行うことは可能です。

しかし年齢だけ重ねていて何のスキルも経験もない場合、企業としても採用をするメリットがないですよね。

スキルや経験が無くても、20代であればポテンシャルでカバーできてしまう、というのも事実です。

そのため、20代のうちに将来自分が戦っていくためのスキルを身に着けておきたいところですね。

20代女性の転職にベストな時期とは?

20代女性は転職市場にとってとても需要が高い年代ということが分かりました。

結局、今は転職を待った方がいいの?

それでは、20代女性にとって一番ベストな転職時期とは、いったいいつなんでしょう。

結論から申しますと、転職をしたいと思ったときが、転職に一番ベストなタイミングです。

年齢が若ければ若いほど、選択肢が多いのも事実。

今日が人生で一番若いのだから、少しでも早くに転職活動をスタートさせることが大切です。

20代女性が転職失敗となってしまう一例

一念発起して転職活動を行う訳だから、できるだけ転職成功に導きたい…!

その為には、20代女性の転職失敗にありがちな例を把握しておき、その要因をできるだけ回避することが大切。

そこでここでは、実際に20代女性が「転職失敗してしまった…」と感じるケースを紹介していきます。

思っていたのと違った(26才)

前職は営業職で毎日残業続き、土日も仕事か疲れ切って1日中寝込むような生活が続いていて、結婚とかを考えたときにこの生活をつづけることは難しいなと。

もう少し生活にゆとりが取れるような仕事を…と思い、事務職に転職。

毎日定時に帰れて、仕事もゆとりをもってできるだろうから精神的にも余裕が生まれる!と持ていたのですが、思った以上に仕事が楽で…。

また、入社して気づいたのですが、事務職は若い女性社員の腰掛みたいな人が多く、「5年後もこのポジションで働き続けることは難しいのでは?」と後悔しています。

結局キャリアを考えてまた営業志望で転職活動中です…。

ワークライフバランスばかり追求しすぎてしまった(24才)

ワークライフバランスばかり追求しすぎてしまった(24才)仕事はするけど、絶対に趣味の時間は確保したい。働いていた会社は結構そのため残業時間が少なくて有給が取りやすい会社で仕事を探していました。

しかし休むとか残業を重視してしまうと、倍率の高い大手企業とかばかりで、書類でおとされることもしばしば。

転職活動時は正社員で探していましたが、エージェントのスタッフに「そんなにワークライフバランスを優先したいのであれば、派遣社員とか契約社員で探したほうがいいですよ」と言われてしまいました…。

転職先に求めることには優先順位を付けないといけないですね…

今後のキャリアをよく考えていなかった(25才)

今の会社の待遇が良くなくて、もう少し給与が高い会社に転職をしました。
結果、給料自体はあがりましたが、会社が男社会ということもあり、女性の昇進は絶望的。
そんな感じなので社内にロールモデルもおらず、一時的には給与はあがったものの、今後の昇給が見込めないです…。
待遇とかももちろん大事ですが、自分が身を置く環境なのだからもっと社内の雰囲気とかもしっかりチェックしないといけないなとおもいました…

20代女性の転職を成功させるコツ

20代女性が転職活動を成功させるには、転職成功のためのコツを使うことが大切です。

そこでここでは、20代女性の転職活動を成功させるためのコツを紹介していきます。

  • 働く上での優先順位を決める
  • 自分のやりたいことが叶う会社かチェックする
  • 自分の市場価値を磨く
  • プロも力を借りるのが成功への近道

各ポイントについて解説していきます。

①働く上での優先順位を決める

転職活動を行うにあたり、明確な目標をたてることが大切です。

なんとなく環境を変えたいけど、目標まで言われるとなかなか思いつかない…なんてこともありますよね。

その時は転職活動時に、自分が働いていく上での優先順位を明確化することが大切です。

例えば下記のように、自分が働く上で優先したい項目を書き出して、優先順位をきめることが大切です。

  1. 自分の裁量が多い環境に身を置きたい
  2. 風通しのよい環境で働きたい
  3. ワークライフバランスを充実できる企業で働きたい
  4. 女性も働きやすい企業で従事したい

優先したい順位を書き出しておくことで、求人検索を行う際にブレが生じるのを防いでくれます。

いざ転職活動を進めていくとなると、当初自分が決めていた目的とは異なる企業に転職をしてしまいます。

働き始めてからそのギャップを感じてしまうことで、結果的に「転職活動を失敗してしまった…」なんてことになりかねません。

求人票の給料が高いというだけで飛びついてしまったり、目的はキャリアアップであったのに福利厚生で決めてしまった…なんてことを避けるためにも、優先したい項目をあらかじめ書き出しておきましょう。

②自分のやりたいことが叶う会社かチェックする

応募企業が、先ほど書き出した自分の優先順位が叶う会社であるかをチェックすることが大切です。

人によっては、転職してからこの先何十年も働く会社になりますよね。

自分が納得のいく転職であたっと思えるようにするためにも、ここでのすり合わせをしっかりと行っておく必要があります。

③自分の市場価値を磨く

20代女性の転職活動の成功率を上げる為には、少しでも自分の市場価値を上げることが大切です。

20代女性の転職市場は売り手市場とは言われているものの、丸腰で転職活動に挑むのではあまり意味がありません。

そこで転職成功率を上げる為にも、自分の市場価値を磨くことが大切です。

市場価値を磨くためには、手っ取り早いのは資格を取得することです。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!
「稼げる資格って何があるの?」 「給料が多い仕事がしたい」 このように、給料が多い仕事にはどんなものがあるのか気になっていませんか? 年収1,000万円を超えるような仕事には、たとえば医師や弁護士など、難易度の高い国家資格を必...

④プロも力を借りるのが成功への近道

20代女性の転職活動を成功させるための近道としては、プロの力を借りることも大切です。

その為に、転職エージェントなどを活用して転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントでは多くの利用者の支援実績があり、各業界とも太いパイプで繋がっていることが多いです。

そのため一人で活動を進めるよりも確実に転職成功に近づきやすいです。

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?
「最近転職エージェントって人気だけど、転職エージェントって何するところなの?」 なんて声をよく聞きます。 最近は転職エージェントのテレビCMも増えて、以前より一般的になったとはいえ、まだまだ転職サイトとの違いを理解してない人も少...

20代女性が転職エージェントの利用がおススメな理由

20代女性が転職活動を成功させるためのコツの最後にもご紹介した転職エージェントの利用ですが、なぜ女性の転職活動にオススメと言えるのでしょうか。

ここからは、20代女性の転職活動時にはエージェントの利用がおススメの理由を解説していきます。

  • プロの立場からサポートを受けることができる
  • 企業とのやりとりを代行してもらえる
  • 応募企業にプッシュをしてもらえる

プロの立場からサポートを受けることができる

転職エージェントを利用することがおすすめな理由、一つ目はプロの立場からサポートを受けることができる点です。

転職活動を進めていくと、どうしても壁にぶつかってしまうこともあります。

特に選考に落ちたときも、選考に落ちてしまった理由のフィードバックを貰うことができません。

しかし転職エージェントの利用しての転職活動を行うことで、担当のコンサルタントは企業に対して感想を貰うことができるのです。

そのため面接の度にフィードバックをもらい、悪かった点を毎回ブラッシュアップできます。

一人で転職活動を進めるよりも効率的に、かつ確実に進めることができるのです。

面接練習や書類添削をして貰える

転職エージェントの利用しての転職活動を行うことで、面接練習や書類の添削を行ってもらうことができます。

一人ではなかなか実践的な面接練習や、提出書類のチェックを行うことが難しいため、嬉しいですよね。

企業とのやりとりを代行してもらえる

転職エージェントの利用することのメリットには、応募企業とのやりとりを代行してもらうことができます。

転職活動を一人で進めていくことも出来なくはないですが、なかなか難しいのも事実。

企業の応募から面接日のやりとり、提出する書類の作成に面接対策など、自分がやらないといけない作業だけでもとても多いですよね。

その上複数の企業に応募をするとなると、応募企業ごとにその作業が必要となってしまいますよね…。

しかし転職エージェントを利用して進めていくことで、面談日などのやりとりは基本的に担当のコンサルタントに代行をして貰えます。

自分は面接練習などに時間を割くことができます。

時間を割きたいところに最大限に時間を作ることができるのため、より転職成功への近道になります。

応募企業にプッシュをしてもらえる

転職エージェント経由での応募により、担当のコンサルタントから応募企業への推薦を行って貰えます。

転職エージェントを利用する一番のメリットと言えるでしょう。

自分一人での転職活動となると、自分のアピール力が重要となってきてしまいますよね。

そこで転職エージェントのプッシュがあれば、プロの視点からのイチオシを企業に対して行って貰えます。

そのため、より企業に対して自分のアピールできる材料が増えると言えるでしょう。

20代女性の転職に人気の職種は?

20代女性の転職時に人気の職種や業種は、どのようなものがあるのでしょうか。

20代女性の転職に人気の職種

  1. 事務職
  2. 営業職
  3. 広報職

1位:事務職

20代の女性の転職時に人気の職種、第1位は事務職です。

事務職も幅広く、細かい雑務が多い一般事務や、営業職のサポートを行う営業事務、他にも経理事務や総務など、その仕事内容は多岐に渡ります。

仕事自体もデスクワークとなるため、ライフイベントなどの影響を受けやすい女性でも無理のない範囲で働くことができるため、人気の職種です。

仕事内容もPC操作ができれば未経験でも可のところが多いですが、ハードルは低い分競争率の激しい職種と言えるでしょう。

2位:営業職

20代女性に人気の職種、第2位は営業職です。

裁量が多く大変なイメージがあるものの、成果を出した分だけ給与に反映されるケースが多いため、バリバリ働きたい・稼ぎたい・キャリアアップしたいという女性に人気の職種です。

また未経験であったとしても、ポテンシャルさえあれば挑戦できる職種とも言えます。仕事内容がハードな分、見返りも大きいでしょう。

3位:広報職

女性に人気の職種、第3位は広報です。

企業の広報担当であったり、広告代理店やPRの代理店で働く、というケースもあります。

基本的には未経験からの転職ではなく、営業職などで現場経験がある・特定のジャンルに特化している必要があります。

しかし花形の職業のため、若い女性からの人気もとても高い職種と言えるでしょう。

20代女性の転職にオススメのサイト・エージェント

20代女性の転職活動では、ひとりで転職活動を進めていくのではなく、転職エージェントなどを活用することが大切です。

そこでここでは、20代女性の転職活動にもおすすめしたい転職サイト・転職エージェントをご紹介していきます。

マイナビエージェント

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質4.5
地方求人4.0

20代女性の転職活動時にオススメしたい転職エージェント1つ目は、人材大手のマイナビが提供するマイナビエージェントです。

専任のキャリアアドバイザーが、求人紹介から内定までしっかりサポートをして貰えます。

特にマイナビは若年層のサポートに強いことも特徴です。系列には第二新卒のサポートに特化したマイナビジョブ20’sやマイナビ新卒など、若年層専用のエージェントサービスも多く提供しています。

それぞれで転職支援実績があり、そのノウハウも共有されています。20代女性の転職にピッタリの転職エージェントです。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

リクルートエージェント

求人数約20万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5

20代女性におすすめの転職エージェント、2社目は人材大手のリクルートが提供する『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントの最大の強みは、業界トップレベルの求人数でしょう。

一般的な転職エージェントの保有求人数は大手でも10万件程度であるのに対し、リクルートエージェントの求人数は何と2倍の20万件です。

毎日1000件近くの新着求人が更新されているため、とにかく多くの求人をチェックしていきたい!という女性にはぴったりのサービスです。

もちろんリクルート自体も多くの業界への支援を行っているため、企業とのパイプもばっちり。

面接前に企業情報などもしっかり教えてもらえるため、納得のいく転職活動を行えるでしょう。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

パソナキャリア

パソナキャリア

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.0
スタッフの質4.5
地方求人3.0

20代の転職活動におすすめの転職エージェント、3社目はパソナが提供する転職エージェント、パソナキャリアです。

特にパソナは、女性の転職支援に強い転職エージェントと言えます。

パソナは元々、派遣のパソナとして聞いたことがある方も多いと思います。特に女性の派遣支援に従事していたため、女性の就職実績はとても強いと言えるでしょう。

またパソナキャリアの運営元のパソナグループ自体が、女性の社会進出に非常に力を入れています。

過去にはダイバーシティ経営企業100選にも選出されており、自社内の女性の社員や役員の割合を増やすなど、女性の活躍推進に力を入れている企業としても有名です。

エージェントとしても求人の質やコンサルタントの質も評判が高いです。

20代女性の転職時でも、非常に心強い転職エージェントと言えるでしょう。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...
20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング
20代の転職活動の成功の確率を上げるには、利用する転職サイト・エージェント選びがカギを握っています。 ここでよい転職サイト・エージェントを利用できないと、なかなか自分の希望の仕事が来まらない、仕事を紹介してもらえない…なんてことになり...

20代女性の転職は早めに行動を開始する

今回は、20代女性の転職をテーマに、転職を決意する理由や、失敗しがちな理由などをご紹介してい参りました。

20代女性が転職を決意する理由

  • キャリアアップしたい
  • 新たなチャレンジがしたい
  • ワークライフバランスを充実させたい
  • 仕事内容が体力的・精神的にきつい
  • 会社の将来性に不安を抱く
  • 職場の人間関係に悩む

とくに20代は転職市場でも需要が高い年代であり、選択肢が広いとも言えるでしょう。

しかしだからと言って、目的を明確にせずに転職活動を行ってしまうと、転職後にギャップを感じてしまい、転職に失敗してしまった…なんて感じることも。

そうならないためにも、転職を成功するためのコツを駆使して、転職活動を進めていくことが大切です。

自分が転職に求めることを明確にして、20代での転職を成功させましょう。

20代社員の転職率は?「転職したい」と思った20代は転職するべきなのか?
現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安になる方
20代男女の平均年収、手取り事情!年収300万円の20代はどんな生活をしているのか
日々会社で働く20代男女。 まだ働き始めた20代前半ならいざしらず、20代も後半になれば、それなりに年収が上がってきた頃合いではないでしょうか。 さて、そんな20代男女は、平均してどれくらいの年収をもらっているのか? そし...
20代社員の転職率は?「転職したい」と思った20代は転職するべきなのか?
現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。 そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安...

コメント