20代女性の転職活動を成功に導くコツは?

転職コラム

20代も後半になればなおさら、周囲の人の結婚、転職などによって、自分は今後どうなるんだろう…と思い耽る人が多いはずです。その流れで、頭に「転職」の二文字がよぎることは、決して珍しいことではありません。

しかし20代女性が転職を考えた時、求めるべき条件は多いです。

単純に仕事でのキャリアアップも、愛するパートナーとの結婚も、プライベートの充実も、働きやすい職場も全部欲しい、と思っているはず。

20代女性の転職は、目先の仕事のことだけでなく、その後のライフステージについてもしっかり考えておかないといけません。

今回は、悩みの多い20代女性の転職活動で知っておくべき情報を紹介します。

女性にとって20代は貴重!

言うまでもなく、女性にとって20代に過ごす時間はとても重要です。

身体的にも、精神的にも、すごく満ち足りた状態で過ごす20代女性。20代の時にどんな生活を送っていたかで、その後の人生が決まると言っても過言ではないはずです。

ですが、「バリバリ仕事したい」「自分磨きをしたい」「好きな人と結婚したい」など、あふれる要望すべてに応えることはできないはず。

自分の価値観に基づいて、その後の人生設計を立てつつ、自分の未来のために「転職」という選択肢を選んでください。

20代女性が転職に望むこと

まずは転職する本人、20代女性が転職に対して望むことを探っていきましょう。

ここで書くのはあくまで20代女性が抱く希望の一例です。20代女性は実際もっと多くの希望を抱いているはずです

結婚・出産しても働ける会社

20代女性は特に、転職に対して「ワーク・ライフ・バランス」を重要視します。

結婚、出産という人生の一大イベントがあったとしても、安定して働ける職場を、女性は求めています。

現在パートナーがおり、パートナーとの未来を思い描いている方は特に、近い将来起こりうるイベントを見越して転職活動を進める必要があります。

女性が働きやすい環境

女性にとって働きやすい現場が増えてきたとはいえ、まだまだ日本は男性優位の社会です。

仕事内容、現場の空気感が、女性にとって働きにくいものである場合も多いです。

きちんと仕事が評価されて、女性でも管理職になることができる仕組みや、仕事内容が男女で格差が生まれないような仕組みになっていることが大切ですよね。

安定して長く働ける会社

多くの20代女性が、希望で「安定して長く働ける会社」と答えます。

しかし「長く働ける」といっても、どれくらいの長さを想定しているでしょうか?

会社のあり方によって、働き方は様々です。「長く働ける会社」で働きたいならば、きちんと前もって「どれくらいの期間働きたいか」を考えておくべきでしょう。

企業が20代女性に求めること

それでは逆に、企業から20代女性に求める条件は何か?それも調べておきましょう。

ポテンシャルの高い女性

男性でも同じですが、若手社員には「高いポテンシャル」が求められます。

20代社員なんて、会社にとってはまだまだ戦力になりえない場合がほとんど。そうなると企業はその20代社員を「教育」しなくてはならなくなるのです。

それならば、最初からどんな現場でも成果を上げてみせるというような、「高いポテンシャル」がある20代女性こそ、企業が求める人材です。

自立して働ける女性

20代女性は、転職に際して企業に多くを求めがちです。

「福利厚生」「働きやすさ」「安定した給与」…などなど。

しかしそれの制度はすべて、企業に貢献した人に対する会社からの善意の証です。

最初から企業におんぶに抱っこの社員は、企業からすれば不必要です。企業は、自立して、転職した先の企業と「WIN-WIN」な関係を築ける社員を欲しいと考えています。

20代女性が正社員として転職するべきなのか?

さて、20代女性にありがちな悩み「正社員として転職するべきなのか?」問題も考えておきましょう。

「今後のことを考えたら、契約社員や派遣社員など、非正規雇用として転職するべきなのか?」
「今後のことを考えならなおさら、正社員として転職するべきなのか?」

本当のところを調べておきましょう。

今後のライフプランによって契約社員や派遣社員の選択肢も

20代女性が今後転職した先の働き方を決める時考えるべきなのは、「自分の今後のライフプラン」です。

近い将来、それこそ1年後2年後などに、「結婚」「出産」がみえており、生活が大きく変わることが見えているならば、契約社員や派遣社員という働き方を選ぶのもありでしょう。

自分の現在、そして今後の未来を考えて、転職した後の働き方を考えてみてください。

安定した収入、福利厚生、キャリアアップ目的の転職なら正社員

よりリアリストな20代女性は、「安定した収入」「手厚い福利厚生」を求める方も多いはず。

仕事に生きるキャリアウーマンなら、「キャリアアップ」を考えて転職することも多いでしょう。

それならばやはり、非正規雇用として転職したのではそのニーズは叶いません。

しっかりと事前に「仕事内容」「企業規模」「年収」など、様々な条件を比較した後転職を行ってください。

正社員として転職なら20代後半までがリミット?

もし現在20代女性で転職を考えている方がおられるなら、厳しいようですが「タイムリミット」を考える必要があります。

企業にとって「良い人材」とは、長く働ける社員です。しかし女性は「結婚」「出産」を機に退社してしまう人が多いです。

ですから、企業にとって辞めがちな「30代」の社員を採用するのはリスキーなのです。

女性が転職を考えたときは、少しでも猶予がある若いうちに転職するのがおすすめです。また、後ほど説明しますが、20代の若手社員は転職で有利だという背景も転職を後押ししてくれるはずです。

20代女性の転職は有利か不利か

20代女性の転職ですが、中には「不利なのでは」と考えている方も多いです。

確かに、「ライフステージに関わる転職」で不利になるケースはありますが、基本的に大きくくくって20代の転職は「有利」です。

若手の転職は有利!

そうです、20代女性の転職は、はっきり言って「有利」です。

その要因はなんといっても、日本全体が「人手不足」であるということに起因しています。

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍と、バブル時代のピークである1.46倍を超える数字なのです。

現在、公開求人数のほうが、職探しをしている人の数より多いということですね。

企業にとって教育する手間が少ない

新卒社員は、この間まで学生だったこともあり、良くも悪くも何も知りません。企業は多くの時間的リソース、金銭的なリソースを払って、社員を教育します。

しかしある程度社会人経験を積んだ20代女性ならば、新卒研修の必要はありません。

企業にとっても、「楽ちん」な人材なのです。会社経営で大切なのは、どれだけ時間とお金の無駄を減らせるかということなのです。

20代女性が転職で失敗しないための心構え

さて、20代女性は転職に有利なのは間違いありませんが、勇んで転職活動をはじめたとしても、転職に失敗するリスクが常にあります。

20代女性が転職に失敗しないための心構えも、しっかりと自分の中で備えておいてください。

仕事内容だけで転職しない

転職する時、しっかり注意しておくべきなのはやはり「仕事内容」ですが、仕事内容最優先で転職するのは危険です。

特に女性は「やりたい仕事」を優先して仕事を選びがちです。

しかし転職先を選ぶときは、「会社の将来性」「業界の動向」「年収」「福利厚生」など、細かい情報を総合的に判断するべきなのです。

自分のやりたい仕事、たとえば営業、広報などでも、どの業界のどの企業で働くかで、働きやすさはまったく変わります。

転職は大きなイベントです。「転職前のほうが働きやすかった」なんてことにならないために、慎重に転職先を考えるべきでしょう。

転職に対して優先順位をしっかり決める

転職に関して、自分が優先するのはどんな条件か、しっかりと考えておくべきです。

「ワーク・ライフ・バランス」なのか「安定した年収」なのか「福利厚生」なのか「やりがいある仕事」なのか、しっかりと自分で優先順位を決めておきましょう。

すべての条件をクリアした仕事となると、無いわけではないですが、かなり絞られてきて競争率も上がります。

「ここだけは譲れない」条件を決めておきましょう。

誰かに相談する

転職で失敗しがちな女性は、誰にも相談しないで転職活動を行います。

しかし自分ひとりの判断なんて、はっきり言ってあてになりません。

転職に成功した友人、知人、実際の知り合いに転職経験者がいないなら「転職エージェント」に頼ってください。

転職エージェントには転職のプロ「キャリアコンサルタント」がいます。キャリアコンサルタントに相談すれば、転職のために効果的な道筋を教えてくれるはずです。

転職を考えた女性におすすめ!人気の転職サイト/ランキング
現在転職を検討している女性のみなさん。 どういった手順を踏んで次職を見つけようと考えているでしょうか?ハローワーク?知り合いの紹介?それとも、転職サイトですか? やはり今どきの転職活動は、転職サイトを使って進めるのが一般的。しか...

現実的なライフプランを考える

転職で失敗する女性でありがちなのが、「まだ見ぬパートナー」との将来を見据えた転職を行うことです。

「3年後には絶対結婚してるはず」
「すぐ子供ができる」

など、不確定な将来を自分にいいように変換して、その将来に合わせて転職すると、当然転職はうまくいきません。

いつ結婚するか、いつ出産するか、それは誰にもわかりません。誰にも未来は読めないのです。

それなら、よりリスクを加味して転職するほうが、転職活動を成功させることができるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職を考える20代女性に向けて、今回は情報を載せました。

20代女性は、20代男性と比べても色々悩みのタネが多いです。それが転職だけに絞ったとしても、「キャリアアップ」「ワーク・ライフ・バランス」など、考えることは多くなります。

20代女性が転職を成功させるには、しっかりと自分の中で目的を絞っておくことが大切です。

村上春樹も、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の中でこう言っています。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

あなたの転職活動が成功することを祈っています。

コメント