20代のエンジニアが転職する時気をつけておくべきポイント

年代別IT転職

20代のエンジニアが今の職場を離れて別の現場で働きたいと考えたらどのような点に注意したら良いのでしょうか。

転職活動をするタイミングと事前準備について基本的なことを把握していると転職に成功しやすくなります。

はじめて転職する20代エンジニア

20代のエンジニアはこれから初めて転職活動を始めようと考えているのが通常です。

失敗しないための前提条件としてまずタイミングについて意識するのが重要になります。

「転職しようかな…」と思っているうちに30代になってしまう

20代で転職しようとしたエンジニアがよく陥る失敗として知られているのが、気づいたら年齢を重ねてしまって30代に突入してしまうというものです。

自分が何をしたいのか、どんな条件で働ける職場を望んでいるのかと考えているうちに月日は経ってしまいます。

特に仕事が忙しいのが原因で転職しようとしている場合には、その忙しさにかまけているうちに年を取ってしまうことが多いので注意が必要です。30代になってしまうと転職の方針も変えなければならないので気をつけましょう。

転職したい気持ちが明確なら早めの転職を

転職したいという気持ちが若いうちに出てきたのなら、一刻も早く転職活動を始められるように準備を整えるのが必須です。

若さを武器にして転職できるのは20代のメリットなので、もうこの企業で働きたくはない、あるいはこのような仕事をしたいという気持ちが固まったら躊躇せずに転職に踏み切るのが成功につながります。

「今の会社でできることはないか」をもう一度考える

20代なら即決して転職活動を始めるべきというのは基本ですが、転職に踏み切る前に一つだけ注意しておきたい点があります。

もし今の会社でできることがあるのなら、それを達成してから転職するに越したことはありません。この現場で学べるスキルに取りこぼしがないか、あるいは転職せずとも悩みに思っていた問題を解決できる手立てはないかと考えるのは大切です。

転職活動には大きな労力がかかるため、それを乗り越えてまで新しい職場に移る必要があるかは考え直しておいた方が良い点でしょう。それで確かにもう思い残すことはないのなら転職活動を開始するのが適切です。

20代エンジニアが転職前にやっておくこと

まだ20代の若さがあるエンジニアは転職前に行っておいた方が良いことが二つあります。

早期に転職をした方が良いのは確かですが、焦り過ぎも禁物なことはわきまえておきましょう。

転職における情報収集

転職を始める上で重要なのが徹底した情報収集です。

20代で働きながら転職活動を行おうとすると時間的に無理があって情報収集を怠ってしまいがちですが、より良い職場を見つけ出すためには網羅的に業界情報を理解する必要があります。

自分を客観的に見つめて何が得意で何が苦手なのかを理解すると共に、適性を生かして働ける現場にはどのような候補があるのかをリストアップできるようにするのが大切です。

業界内での自分の立ち位置を把握できるようになるまでは広く業界での仕事内容や待遇、求人の動向などについて情報を集めるに越したことはありません。それが転職対策にもつながっていきます。

20代を採用する企業側に立った転職対策

20代での転職では基本的には企業側がなぜ若いエンジニアを採用しようとしているのかを考えることも重要です。

基本的にはポテンシャル採用になることを念頭に置いて、企業側の立場になって何をアピールしたら採用される可能性が高くなるかを検討する必要があります。基本的なアピールポイントとして押さえておきたい二点をまず理解しておきましょう。

自分の「伸びしろ」をアピール

若さを生かす上で重要なのが伸びしろを示すことです。

ポテンシャル採用をするときには社内で成長して活躍することが期待されています。自分にはどのような基礎的なスキルがあって、それを志望先の会社の現場で得られるスキルと重ね合わせることにより何ができるエンジニアになるのかを具体的に説明するのが大切です。

それが会社としての成長に寄与すると考えられれば採用してもらえる可能性が高まります。具体性は特に重要なので、どんな仕事ができるかを業界情報を集めながら説明できるようにしておくのが効果的です。

若さゆえの「熱意」をアピール

若さは伸びしろがある反面、即戦力となるスキルがないという問題があります。

また、社会経験がまだ浅いので業界の現実を知らないと捉えられがちなのも事実です。しかし、それを逆手に取って理想を掲げた上で熱意をアピールするのは効果的でしょう。

一般的には不可能と考えられることでもこの会社で実現できるようにしたいというようなアピールをすると、企業を成長に向かわせてくれる人材として認識してもらえます。将来的に大きな仕事を成し遂げてくれるという期待を持たせるためには熱意の大きさが重要なのです。

一度転職エージェントに相談を

20代で転職するときには本当に若手を求めている現場を選び出さなければなりません。

その会社の状況も理解して適切なアピールをしていくことが重要です。転職エージェントに相談するのは効率的な方法であり、悩みがあったときにも細かなところまで相談できます。

転職前に職場で行っておくべきことについても提案してもらえる可能性があるため、転職活動をしようと思い立ったときにはとりあえず転職エージェントに相談するのが無難でしょう。

コメント