転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

20代男性が転職成功をするためには?経験から見る確実にいい企業に転職するコツ

20代の転職

20代男性の転職は市場からの需要も高く、また異業種などへの挑戦もしやすい時期と言えます。

しかし20代の働き盛りの男性だからといって、何の目的もなく対策もしないで転職活動を行っても、納得のいく転職にたどり着けません。

その結果、また転職活動に逆戻り…なんてことになっても、転職回数が増えてくるごとに内定を得ることが難しくなるのも事実です。

そこで今回は20代男性にフォーカスを当て、20代男性の転職市場や、転職を成功させるためのコツなどを徹底的に解説をしていきます。

またサイト独自に調査を行い、実際に転職活動経験のある20代男性の体験談なども解説していきます。

  1. 20代男性は本当に転職にいい時期なのか
    1. 転職成功のゴールをどこに置くか
    2. 20代男性としての強みをアピールできるか
    3. 人手不足や市場が拡大しているの業界ほど転職成功する可能性は高い
    4. 資格がなくとも『バイタリティー』で戦えるか
  2. 20代男性の転職には年齢も大きく影響する
    1. 20代前半は第二新卒や若年層採用
    2. 20代後半ともなると経験も重視される
  3. 20代男性が陥りやすい転職失敗の経験談
    1. 思っていた仕事じゃなかった
    2. よく企業研究をせずに転職してしまう
    3. やめる目的になり、次のステップが明確になっていない
    4. 目先の利益しか考えていない
    5. 前職をやめてから転職活動を始めた
    6. 自分一人で転職活動を進めている
  4. 20代男性の転職は戦略的に進めることが大切
    1. 拡大している業界などに目を向ける
    2. 資格の取得
  5. 20代男性が転職を成功させるためには
    1. 転職をする目的を明確にする
    2. 優先順位を付けておく
    3. キャリアビジョンをしっかり考える
    4. 自分の市場価値を理解する
      1. 市場価値を知るには
    5. 転職エージェントなどプロの力を借りる
      1. プロの立場からフィードバックを受けることができる
      2. 企業とのやりとりを代わりに担当してくれる
      3. 独占求人などもチェックができる
  6. 20代男性にオススメの転職エージェント
    1. doda
    2. マイナビエージェント
    3. リクルートエージェント
    4. 第二新卒ならハタラクティブ
    5. よりキャリアアップを目指すならキャリトレ
  7. 20代男性の転職活動は戦略的に進めることが大切

20代男性は本当に転職にいい時期なのか

20代男性は転職にいい時期なのは、本当なのでしょうか。

結論から申しますと、20代男性は転職市場から十分需要があると言えます。

しかし一概に「20代の男性ならどんな職種でも転職成功をすることができる」という訳ではありません。

年齢や経験、業種、異業種からの転職かどうかなど、自分の状況によって大きく異なります。

転職成功のゴールをどこに置くか

まずは、転職の成功地点をどこに置くかが大切です。

成功地点が明確でないと、そもそも何をもって転職成功と言えるのかがわかりません。

例えば、下記のようなゴール設定方法があります。

今は契約社員で働いているから、同じような職種で正社員転職を目指す!

結婚するし、同じ条件で完全週休2日制の職場に転職する

上記のように、自分が転職活動を行うにあたり、ゴール地点をどこに置くかを明確にすることが大切です。

20代男性としての強みをアピールできるか

そもそもなぜ、20代の男性が転職市場において需要が高いのかを考えてみましょう。

20代が転職市場において求められる要因として、下記のようなものがあります。

  • 未経験でもポテンシャルでどうにかなる
  • 戦力となる人材を長期的に教育できる

つまり、20代の人材は若い=吸収力がある・元気・ガッツがあるとされています。いわばそういう人材が求められているのです。

確かに若いだけにあぐらをかいているだけでは転職成功に近づくことは難しいですが、20代が求められているポイントをしっかり理解して、アピールすることが大切です。

そういうアピールがしっかりできれば、転職活動も引く手あまたでしょう。

人手不足や市場が拡大しているの業界ほど転職成功する可能性は高い

人材不足や市場が拡大している業界程、転職成功する可能性が高くなります。

20代男性だからといって人気の職種に丸腰で挑んだところで、転職成功となる可能性は低いでしょう。

それでは、人材不足の業界とはどのような業界があるのでしょうか。

  • 飲食
  • 人材
  • 介護
  • 宿泊業界

この辺は、人材不足の業界と言われています。そのため、正社員としての転職を目的とするなら、こういう業界を狙うのも転職成功に近づけると言えるでしょう。

接客業はちょっと…いう人は、拡大している業界を狙うことがおススメです。

例えばIT企業などでは、市場は拡大しているのにも関わらず、そこに人材が追い付いていない業界とも言えます。

そのため、高給を狙えるエンジニア職などでも、未経験OKでの求人が見つかることも多いです。

そういうコアな部分を狙い撃ちしていくことも、20代男性が転職を成功させるための近道と言えます。

資格がなくとも『バイタリティー』で戦えるか

20代男性が転職活動を成功させるためには、バイタリティーで戦える職種であるかも重要なポイントです。

例えば20代男性が既卒から公務員へ転職をする場合、成功率は高いのでしょうか。

すでに合格しているけど、卒業後は民間に就職した、といったようなケースであれば需要はあるでしょう。

しかし全くの未経験で、1から勉強をする場合、少々ハードルが高いことも事実です。

試験合格のための勉強も必要ですし、公務員試験は30歳までしか受けられないため、タイムリミットも刻一刻と近づいています。

そこで未経験でも1から戦える職種を狙い撃ちすることが大切です。

接客業の経験があり対人にそこまで抵抗がない人・ガンガン稼ぎたい人は営業職、コツコツと頑張りたい人はITでエンジニア職など、未経験でも取り組みやすい職種を利用することが大切です。

20代男性の転職には年齢も大きく影響する

20代男性と一括りにしても、実は20代ほど、年齢によって転職の事情が大きく異なります。

20代前半と後半とでは、転職市場から求められるポイントも少しずつ異なるのです。

20代前半は第二新卒や若年層採用

20代前半の場合、それこそポテンシャルを重視した需要が高いと言えるでしょう。

年齢的にも第二新卒枠での応募もしやすい環境にあり、穴場の大手求人なども見つけやすいと言えます。

第二新卒とは既卒3年以内の求職者のことを指します。

第二新卒の場合、一回は社会人経験があるケースが多く、社会人としての本当の基礎は出来上がっていることが多いです。

そのため採用後は新卒のようにマナー研修などを行うコストがかからず、実践的な業務レクチャーにすぐに取り掛かることができるため、企業からも需要が高い枠と言えるでしょう。

20代前半の場合、第二新卒枠を駆使することでより納得のいく転職活動に進められる可能性が高いです。

第二新卒の転職で役立つ転職サイト・エージェントランキング
新卒で入社したばかりでも、「転職」を考える人は多いです。 新卒から間もない人のことを「第二新卒」と呼びますが、そんな新卒から時間が経てずに転職する「第二新卒の転職」に役立つ転職サイト・エージェントをランキング形式で紹介します。 ...
第二新卒者の転職を成功に導くコツ
転職活動は、自分の状況に合ったスタイルで進めていくのがベスト。 例えば、第二新卒の方などは、新卒者とは少し違った方法で活動を行う必要があるでしょう。 実のところ、第二新卒の方が転職活動をするときにはいくつかの注意点があります。 ...

20代後半ともなると経験も重視される

20代後半ともなると、より具体的なスキルを求められます。

3年~4年程度企業での実務経験があるため、より特化したスキルを保有しているケースが高いです。

その上、20代前半でもまだまだ若い枠。ポテンシャルなども十分に期待でき、ジャンルによってはとても重宝される人材でしょう。

逆に20代後半で未経験に挑戦などは、「30代直前までなにやってたの?」と、普通の企業では敬遠される傾向にあります。

もちろんそこでポテンシャルを前面に押し出したり、挑戦するジャンルを戦略的に決めることも良いでしょう。

20代男性が陥りやすい転職失敗の経験談

20代男性は選択肢が多く、転職成功をしやすいイメージです。

しかしきちんと戦略的に転職活動を進めていかないと、せっかく内定をでたのに転職失敗してしまった…!何てことになりかねません。

それでも20代男性が転職失敗に陥りがちの理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは実際の経験談などを元に、転職失敗にありがちな理由を解説していきます。

  • 思っていた仕事じゃなかった
  • よく企業研究をせずに転職してしまう
  • やめる目的になり、次のステップが明確になっていない
  • 目先の利益しか考えていない
  • 前職をやめてから転職活動を始めた
  • 自分一人で転職活動を進めている

思っていた仕事じゃなかった

風通しのいい職場でガンガンキャリアを積み重ねていきたい…!と思って居たのに、思ってた仕事内容と違った…!

上記のように、自分が実際に思い描いていたイメージとギャップがあり、転職失敗してしまった…なんてことも転職失敗によくある理由です。

特に初めての転職活動ということが多い20代の場合、あまり市場がわからず進めてしまった、なんてことも多いのです。

理想の職場に転職できたと思えたのに、あまり上手くいかなかった…なんなら前の職場の方がよかったかも…なんて思ってしまうのは非常にもったいないですよね。

よく企業研究をせずに転職してしまう

よく企業研究を行わずに転職をしてしまったなんてことも20代が転職失敗してしまったと感じる原因にあげられます。

特に異業種への転職となる場合、しっかりと企業研究を行う必要があるでしょう。

よく考えずに転職活動を進めてしまい、蓋を開けてみるとブラックで有名な企業だった…なんてことになりかねません。

少なくとも今後数年は働く企業となるのですから、入社前に慎重に企業研究を行っておくことで、内定後と入社後のギャップを埋めておくことができるでしょう。

失敗をしてしまうたびに転職を繰り返してしまっていたら、その度に時間とお金がかかるだけではありません。

一般的に転職回数が多いと、転職時にあまりいいイメージをもたれないため、できるだけ回数は少なめに留めておきたいところ。

転職失敗のリスクを少しでも回避するためにも、応募する企業の研究はしっかりと行っておくことが大切です。

やめる目的になり、次のステップが明確になっていない

転職の目的スキルアップや環境改善など、次のステップに進むための理由でないと、転職失敗へのリスクが高まります。

やめることが目的となってしまっており、転職自体はその目的遂行のための手段となってしまうと、転職先の条件や環境などは二の次になってしまいます。

そのため前職をやめることは出来ても、新たに入社した会社の条件があまりいいとはいえない環境下だった場合、「やめない方が良かったかも…。」なんてことになりかねないのです。

目先の利益しか考えていない

転職後もしかすると、その企業で一生働き続けるかもしれませんよね。

そうなった場合、今後もその企業で働き続けることを見据えて、転職活動をしなければなりません。

しかし「福利厚生が充実しているから」「週休二日制だから週末は休める!」といったように、目先の利益だけに飛びついて転職を決めてしまうのは、非常に危険です。

福利厚生が充実しているように見えても実は利用自体はしづらい環境だった、週休二日制を土日休みと勘違いをしていた、なんてことになってしまうと、せっかく入社しても「失敗したかもしれない…!」なんてことになりかねません。

もちろん重視したいポイントを決めて転職活動を行うことも大切ですが、他の優先すべきポイントとの兼ね合いや、実際に働き続けることを考慮しながら、しっかりと企業研究を進めていきましょう。

前職をやめてから転職活動を始めた

前職をやめてから転職活動を行うのも、非常に危険なやり方です。

一見すると自分の時間を最大限に転職活動に充てることができるため、退職をしてから行ったほうがいい気もしますよね。

しかし転職活動がそう簡単に進むとは限りません。

転職活動が何カ月も進んでしまうと、その間にも生活費が発生しますし、職務経歴上にもブランクの期間がとても大きくなってしまいます。

とてもリスクが高いため、「転職なんて意気込んだけど、実は判断を誤ってしまったのでは…?」

なんてことになりかねません。

仕事との両立は大変ではありますが、出来れば前職を続けたまま転職活動を進めることをおすすめします。

「仕事が激務で、その上転職活動も並行なんてできないよ…!」

なんてかたは、より戦略的に転職活動を進めていくことが大切。次のトピックで併せて解説を行っているため、併せてチェックしてみて下さい。

自分一人で転職活動を進めている

自分一人で転職活動を進めている場合も、転職失敗のリスクが高まってしまいます。

特に20代での転職活動をなる場合、初めての転職活動の人も多いですよね。

そのため闇雲に活動を進めてしまったり、新卒の就職活動の転職活動と同じノリで進めてしまっては、なかなか思うように進まない…なんてことも。

特に市場がアツい20代こそ、常にアンテナを張りながら同じ時期に転職活動を行っている仲間と話したり、プロの力を借りながら、客観的な意見を取り入れて活動を行うことが大切。

客観的な意見を取り入れることで、より選考に通過しやすくなったりすることも多いです。

20代の転職活動こそ、一人きりではなく色々サポートを受けながら転職活動を進めていき来ましょう。

20代男性の転職は戦略的に進めることが大切

20代男性の転職を成功させるには、転職活動を戦略的に進めることが大切です。

戦略的に進めることで、転職成功確率も高まってきます。

そこでここでは、戦略的に進めるためのポイントを解説していきます。

  • 拡大している業界などに目を向ける
  • 資格を取得する

拡大している業界などに目を向ける

環境を変えたいけど、業種や職種全然決まらない…。

そんな時は、20代男性でも入りやすい業界などに目をむけることが大切です。

特にITやWEBなどでは事業拡大が進んでいるのにも関わらず、人材が圧倒的に足りていない業界です。

そういった業界に狙いを定めて、転職活動を進めていくこともオススメでしょう。

資格の取得

資格の取得などを行うことも、より良い転職を目指す上では大切です。

資格を持っているだけで選択肢が広がりますし、中には資格手当などが発生することも嬉しいポイントです。

特につぎのステップなどは決まっていない場合、何かしらの資格を取得してから転職に打ち込むことも良いでしょう。

本当にオススメの稼げる資格ランキング!給料が多い仕事に就きたいなら資格取得だけが選択肢ではない!
「稼げる資格って何があるの?」 「給料が多い仕事がしたい」 このように、給料が多い仕事にはどんなものがあるのか気になっていませんか? 年収1,000万円を超えるような仕事には、たとえば医師や弁護士など、難易度の高い国家資格を必...

20代男性が転職を成功させるためには

20代男性が転職活動を成功させるためには、転職活動を成功させるためのコツを使うことが大切。

そこで今回は、20代の男性の転職活動を成功させるためのコツを解説していきます。

  • 転職をする目的を明確にする
  • 優先順位を付けておく
  • キャリアビジョンをしっかり考える
  • 自分の市場価値を理解する
  • プロの力を借りる

転職をする目的を明確にする

自分が転職をする目的を、明確にして活動を行いましょう。

これが転職活動の軸となります。

「ただ何となく一回くらい転職してみるか~。」

「今の会社なんとなくあってないし、とにかく今の会社さえ辞められればどこでもいいや~」

というようなテンションで転職活動を進めてしまっても、転職失敗の事例にもあったように「もしかして退職するの、時期早々だったかも…」なんてことになりかねません。

今の会社ではキャリアアップが見込めないから、もう少しスキルを磨きながらキャリアアップを目指せる会社を目指したい。

それなりにポジションも確立して、スキルも磨き続けているけど、どうにも給料が低い。将来的には独立もしたいし、自分の市場価値を上げ続けるためにも、もう少し待遇がいい環境に移りたい。

自分が何を目的をして転職活動を行うのかをあらためて明確にした上で、転職活動を進めていきましょう。

優先順位を付けておく

転職活動の目的がイマイチぶれてきている…。

そんな時は、転職時に自分が優先したい項目を洗いだし、優先順位を付けていきましょう。

例えば一例ですが、下記のように自分の希望を書き出して、そこから優先順位を付けていく、というやり方でも良いでしょう。

  • 家から電車で30分以内
  • 住宅手当が出るか
  • 希望する業種・職種
  • キャリアアップは見込めるか
  • スキルアップのための福利厚生が充実しているか
  • 社内の風通しは良いか

他にもExcel等でチェックシートを作り、気になっている企業をシートのチェックリストに記入していくのも一つの方法です。

A社B社C社
家から電車で30分以内電車15分+徒歩10分電車40分、駅直結電車5分+徒歩7分程度
住宅手当が出るか×勤務地から半径2キロ以内でアリ定額支給アリ
希望する業種・職種〇、面談によっては半年間は営業の可能性あり
キャリアアップは見込めるか要チェック
スキルアップのための福利厚生が充実しているか資格取得で給料+αアリ※詳しく記載なし資格補助アリ

優先順位を決めるとより良いですが、いくつかある場合は上記のように表にして、見比べていくこともおススメです。

キャリアビジョンをしっかり考える

自分のキャリアビジョンをしっかりと考えた上で、転職活動を進めていきましょう。

転職をする目的や優先順位に少し重なってくる部分がありますが、この部分が固まっていることで、よりスムーズに転職活動が進みやすくなっていきます。

将来的にどのようになりたいのか、何歳までにどのようなことができるようになっていたいのかなど、今後の自分自身のキャリアについても、一度しっかりと考えてみましょう。

自分の市場価値を理解する

20代男性の転職活動では、自分の市場価値を正しく理解することも大切です。

自分の市場価値を理解せず「今よりも給料が高い会社へ!」「給料も高くて残業なし!完全週休2日制しか無理!」というように理想の高いものばかり並べているのは転職活動を失敗しやすいと言えるでしょう。

そのため自分の市場価値をしっかりと理解した上で、転職活動を進めていくことが大切です。

市場価値を知るには

しかし「市場価値を知る」と言っても、どのような方法で市場価値を判断すれば良いのでしょうか?

方法としては、二つあります。

  • 転職サイトの診断ツールを活用する
  • プロにチェックしてもらう

大手転職サイトのdoda内で利用できる「年収査定」、パソナキャリアの「年収診断・年収査定シュミレーション」などを利用することで、自分の年収が市場ではどのくらいの評価になるのかなどをチェックすることができます。

ひとつの指標として利用することで、企業選びもより効率的に進めることができるでしょう。

他にも、自分の状況をプロも目線からチェックをして貰うことも良いでしょう。

転職エージェントなどでは、これまでの多くの転職支援実績や、各企業との繋がりなどでより正確に市場価値を判断して貰えるでしょう。

より確実に進めていくためには、プロの力を借りることも大切です。

転職エージェントなどプロの力を借りる

20代男性がより転職活動をよりスムーズに進めていくためには、プロの力を借りることも大切です。

転職サイトなどを利用して、自分一つ一つの求人に応募を行うのでももちろん良いでしょう。

そこで転職エージェントを利用して転職活動を進めていくことが大切。

より20代男性が戦略的に転職活動を進めていくためには、支援実績があるプロの力を借りながら進めていくことでよりスピードを上げて活動に打ち込むことができます。

具体的には、下記のようなメリットがあります。

プロの手を借りることのメリット

  • プロの立場からフィードバックを受けることができる
  • 企業とのやりとりを代わりに担当してくれる
  • 独占求人などもチェックができる

プロの立場からフィードバックを受けることができる

転職エージェントを利用することのメリット一つ目は、プロの立場からフィードバックを受けることができる点です。

例えば自分で見つけた求人に応募した求人であると、選考に落ちた場合、何が原因で落ちてしまったのかがわからないですよね。

転職エージェントの場合、仮に選考に落ちてしまったとしてもエージェントのが企業側にヒアリングを行っています。

そのため自分が選考に落ちた理由がわかるため、次の企業を受ける時により明確に対策を行うことができます。

また実践的な面接の練習や、提出する書類の添削なども受けることができるため、20代男性の初めての転職時ほど、利用しておきたいと言えるでしょう。

企業とのやりとりを代わりに担当してくれる

転職エージェントを利用するメリットの一つには、企業との連絡を代行してもらえる点です。

自分一人で転職活動を進めていくとなると、求人探しに各企業との連絡やりとりの他にも、企業ごとの履歴書や経歴書など、やらなければならないことが多すぎてしまいキャパオーバーになってしまいます。

筆者も就職・転職活動時には、応募企業のスケジュール連絡管理だけで骨の折れる作業でした…。加えて働きながらの場合、企業からの連絡に対応することも難しいですよね。

そこで、転職エージェントを利用することが大切。

基本的に企業側への連絡はエージェントスタッフが行うため、自分が連絡管理を行う必要がありません。

求人紹介を受けて応募したい企業が決まった後は、自分は書類や面接対策に集中することができます。その練習も対応して貰えるのも嬉しいポイントですよね。

このように自分の作業確保を取ることができるため、現職で働きながらでも安心して転職活動に打ち込むことができます。

独占求人などもチェックができる

転職エージェントを利用のメリット、3つ目は転職エージェントが保有している独占求人をチェックすることがで切ることです。

転職エージェントでは各企業への転職支援実績があるため、企業からの独占求人が回ってくることも多いです。

公には回らずにエージェントだけで公開している求人を持っていることも多いため、エージェントを利用するだけで自分の持ち駒の選択肢を広げることができます。

よりいい案件の求人を紹介してもらうためにも、積極的に転職エージェントを利用をオススメします。

20代男性にオススメの転職エージェント

ここまでは20代男性の転職を成功させるためのコツをご紹介してまいりました、

しかし実際に転職エージェントを利用していくとなるとどこの転職エージェントがおススメなのかわからないですよね。

そこでここでは、20代の男性でも利用しやすいオススメの転職エージェントを紹介していきます。

doda

求人数約15万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人5.0

20代男性にオススメの転職エージェント、一つ目は大手転職サイトのdodaです。

dodaのおすすめポイント

  • 求人検索の他にもエージェントサービスも受けられる
  • 平日夜・土曜日も営業しているため働きながらでも利用しやすい
  • 業種・職種ごとの専門キャリアアドバイザーが在籍している
  • 20代向けの求人も豊富に取り扱い

dodaは転職サイトのイメージが強いですが、エージェントサービスとしても利用をすることができます。

キャリアアドバイザーは自分の専任担当として面倒をみてもらえるため、企業とのやりとりはもちろんのこと、書類の添削や面接指導なども親身になって聞いてもらえます。

また20代向けの求人も豊富に取り扱っているため、安心して利用することができるのも嬉しいですよね。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

マイナビエージェント

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価4.5
スタッフの質4.5
地方求人4.5

マイナビエージェントのおすすめポイント

  • 初めての転職や若年層の転職サポートに強い
  • 20代に信頼されているエージェントNo.1
  • 何と言ってもマイナビグループの安心感
  • 各業界との繋がりも多い

マイナビエージェントは、人材大手のマイナビが提供している転職エージェントです。

マイナビでは特に20代のような若年層の転職支援実績が多く、新卒で有名なマイナビの他にも第二新卒に特化したマイナビジョブ20’sなど、若年層向けのサービスだけでも豊富な選択肢があります。

初めての転職活動だから手取り足取り丁寧にサポートして貰えるところがいい…という20代男性にオススメの転職エージェントです。

とりあえず入っておく、という使い方でも良いでしょう。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

リクルートエージェント

求人数約20万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 人材大手のリクルートのため安心感
  • 取り扱い求人数は業界最大級の20万件
  • 土日や平日の夜など面談時間も融通が利きやすい

リクルートエージェントは、人材大手のリクルートが提供する転職エージェントです。

取り扱い求人数は業界最大を誇ることから、とにかく沢山の求人をチェックしたい人にはおススメの転職エージェントと言えるでしょう。

またコンサルタントの面談対応時間も、土日や平日夜でも柔軟に対応して貰うことが可能のため、安心して転職活動に打ち込むことができるでしょう。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

第二新卒ならハタラクティブ

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5

ハタラクティブのおすすめポイント

  • 第二新卒の転職支援に特化している
  • アドバイザーのサポートが手厚い
  • LINE面談にも対応している

20代第前半の男性なら、第二新卒の枠を狙って転職活動を行うこともおススメです。

しかしdodaやリクルートなどの総合転職サイトと言われる様々な年齢層・業種・職種が混在している転職サービスの場合、少々使いづらい部分があります。

そこで第二新卒の転職支援に特化したハタラクティブであれば、そもそも取り扱い求人が第二新卒や若年層向けのものが多いため、効率的に転職活動を進めていくことができるのです。

狙いを定めて効率的に第二新卒枠を狙うのであれば、ハタラクティブがおススメです。

ハタラクティブ評判・口コミとは?メリット・デメリットを徹底解説
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。

よりキャリアアップを目指すならキャリトレ

キャリトレ

求人数約10万件
対象エリア全国
総合評価5.0
スタッフの質5.0
地方求人4.5

今の職場よりも好条件で働きたい!キャリア・スキルをアップさせたいという人には、若手採用に特化したキャリトレがおススメです。

キャリトレのおススメポイント

  • 若年層の優秀な若手に特化しているので求人の質がとても高い
  • 若年層へのサポート体制が充実

キャリトレは、あの有名なビズリーチが運営しているサービスで、ビズリーチよりも若い優秀な世代向けの転職支援サービスです。

転職エージェントのように専任のアドバイザーがつくわけでは無く、自分でマッチングを図りながら仕事を探したり、スカウトを待つ方式での転職活動とはなります。

他の転職支援サービスに比べても求人の質がとても高く、今よりもキャリアやスキルをアップさせたい!という人にはとてもおススメしたいサービスです。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

20代男性の転職活動は戦略的に進めることが大切

今回は、20代男性の転職市場の動向や、転職失敗にありがちな事例・また転職を成功させるた目のコツなどを解説してまいりました。

20代男性は転職市場からは需要が高いものの、「なぜ需要が高いのか」を理解していないと全く意味がないのですね。

自分が求められているものを理解した上で、20代男性が転職活動時に陥りやすい失敗談などを頭に入れておくと良いでしょう。

またより転職成功をさせるためにも、成功するコツを駆使していくことが大切です。

  • 転職をする目的を明確にする
  • 優先順位を付けておく
  • キャリアビジョンをしっかり考える
  • 自分の市場価値を理解する
  • プロの力を借りる

あなたの転職活動が上手くいくことを願っています。

20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング
20代の転職活動の成功の確率を上げるには、利用する転職サイト・エージェント選びがカギを握っています。 ここでよい転職サイト・エージェントを利用できないと、なかなか自分の希望の仕事が来まらない、仕事を紹介してもらえない…なんてことになり...
中小企業への転職は失敗に終わることがほとんど?転職を成功させるためのコツとは
一念発起して中小企業に転職をしたものの、失敗してしまった… しかし大企業から中小企業への転職して失敗してしまう人には、共通した理由があります。 また中小企業の転職は運ではありません。 しっか...
20代男女の平均年収、手取り事情!年収300万円の20代はどんな生活をしているのか
日々会社で働く20代男女。 まだ働き始めた20代前半ならいざしらず、20代も後半になれば、それなりに年収が上がってきた頃合いではないでしょうか。 さて、そんな20代男女は、平均してどれくらいの年収をもらっているのか? そし...
20代社員の転職率は?「転職したい」と思った20代は転職するべきなのか?
現在転職を考えている20代は、「自分と同じ20代のうち、どれくらいの割合の人が転職しているのか」気になっている人もいるはず。 そもそも「20代で転職するのってどうなの?」とか、20代で転職って「我慢できないと思われるのでは」なんて不安...
20代女性が転職活動を成功させるためには?転職失敗の経験談もご紹介
転職市場において、20代女性は非常に需要の高い年代です。 キャリアアップをするにも、新たな業種・職種に挑戦するにも一番いい時期と言えるでしょう。 しかしだからと言って闇雲に転職活動を進めてしまうと、理想とはかけ離れた転職となって...

コメント