登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

20代後半に差し掛かっての手取り18万円は少ない!手取りを増やすための方法まとめ

オンライン飲み会20代の転職

20代後半にもなると、他の人がどれくらいの手取り、給料をもらっているのか?気になってくるというもの。

結論から言うと、20代も後半に差し掛かり、手取りが18万円に収まっているような人は、はっきり言って少ないです。

業種、地域にもよりますが、20代後半にもなると、できればもっと高い給与をもらっているべきです。

今の年齢で手取りが18万どまりでは、今後も給与が上がっていくとは想像しにくいです。

その会社では、ボーナスの額面もあまり期待できません。

今回は、現状の手取りが18万円の方が、これからどうすればいいのか。

今異常の収入、手取りを受け取るためにはどうすればいいのか。

現在手取り18万円で苦しいとしても、これからの未来を明るくする秘訣を紹介したいと思います。

手取り18万円は少ない?

実際のところ、手取り18万円というのは全体の給与水準で考えると多いのか?それとも少ないのか。

まずは収入帯のなかでの「手取り18万円」が少ないのか?について考えてみましょう。

日本の平均年収以下

日本の平均年収は420万円ほど。

そして平均の総支給額は28万円程度ですから、そこから控除を覗いた手取り額は22万円にはなるでしょうか。

言うまでもなく、「手取り18万円」を大きく超えています。

ですから、はっきり言って「手取り18万円」は平均水準を大きく下回っているのです。

20代後半ならもっと稼げる仕事は多い

20代後半ともなると、ある程度スキルや知識が身についてきて、会社のなかでも立派に戦力としてカウントされはじめる年齢です。

成果を上げて、評価されて、早い人なら役職がつく人もいるかもしれません。

そんな年代において、手取り18万円止まりというのは、あまりにも少なすぎです。

金回りの良い業界でそれなりに働いていれば、手取り18万円なんてあっという間に抜けられるはずです。

「お金が足りない」と感じるなら手取り18万円を抜け出すべき

とはいえ、手取り18万円が悪いといっているのではありません。

中にはお金がなくても幸せ、という人もいますから、一言で「手取り18万円はだめ」とも言い切れません。

問題は、本人が「もっとお金をほしい」と思っている場合です。

「生活が苦しい」「もっと給料がほしい」

それなら、手取りを増やすための手立てを考えて、それを実行する行動力が必要です。

手取り18万円の生活は苦しい

個人の主観の話になりますが、手取り18万円で送る生活は苦しいです。

特に都内で一人暮らしとなると、その生活は苦しいです。

都内なら家賃もかさみますし、生活するのにお金もかかります。

自由が効かないことを、私は「苦しい」という言葉で表現しています。

手取り18万円で送る生活

手取り18万円で送る生活について、具体的に一例を考えてみましょう。

ここでは独身の、都内一人暮らし男性で考えています。

家賃

家賃は、手取りの3分の1が相場と言われていますから、高くとも家賃は6万円程度でしょうか。

都心でも、築年数を我慢するなど工夫すれば、家賃を6万円程度に収めることができるはずです。

食費

食費も、手取り18万円ではあまり奮発できません。

外食中心にするとしても2万円から3万円が限度です。

娯楽費

娯楽費も2万円以内に収める必要があります。

娯楽を我慢しないといけないのが、手取り18万円の世界での生活です。

雑費

予期せぬ出費、消耗品購入、ローン、保険料などが雑費になりますが、雑費もあまり出せないのが手取り18万円での生活です。

雑費はよきせぬ出費であることも多いので、18万円では対応できないこともしばしばです。

手取り18万円に不満があるか?実際の声

手取り18万円では貯金も厳しい

手取り18万円では、生活にいっぱいいっぱいな人も多いですから、貯金に回すお金の余裕がない人も多いです。

将来のこと、急な出費に対策することなどを考えても、できれば少しでも多く貯金に回したいところですが、手取り18万円では難しいです。

もし1万円でも余ったら、ただ銀行口座に預けるのではなく、積立NISAなどでコツコツお金を積み立てるのをおすすめします。

手取り18万円でやるべき節約術

手取り18万円の生活が苦しいのは、ここまでの説明で多少伝わったでしょうか。

それではここからは、手取り18万円の生活を送る中でやるべき「節約術」について解説していこうと思います。

家賃を抑える

固定費のなかで一番手っ取り早く抑えることができるのが「家賃」です。

家賃が6万円のところに住むのか、5万円のところに住むのかで、毎月の出費に1万円という大きな差が出てきます。

一人なら、家が狭くても関係ないはず。

できるだけ家賃の安い家に住むことで、「家賃」の出費を抑えるようにしてください。

食費をおさえる

食費も、簡単な心がけで抑えることができる出費です。

外食の頻度を抑えて、自炊中心にすることで、1万円以上出費をおさえられます。

スーパーで安く食材を揃えて、簡単に調理して無駄な食費を省きましょう。

過剰預金を投資に回す

手取り18万円の人は、「投資」という思考回路を持つべきです。

今持っているお金を増やすためには、投資が一番手っ取り早く、お金を増やせる確率が高いです。

もちろんやり方に気をつけないと、今以上に生活が苦しくなるリスクもありますが、手取り18万円の世界を抜け出すにはある程度リスクを受け入れる必要があります。

今後どうすれば「手取り18万円」の世界を抜け出せるか

今後どうすれば、手取り18万円の世界を抜け出すことができるか。

具体的な方法についても、少し考えていきたいです。

転職する

やはり真っ先に思いつくのが「転職」です。

今の仕事より多くの手取りをもらえる仕事へと転職することで、手取り18万円を何倍にも増やすことができます。

転職する人の同期の一番大きいのがこの「年収アップ」のための転職です。

キャリアアップの転職を一度検討してみてください。

異業種転職で年収が下がらないケースと交渉に強い転職エージェント
異業種転職では年収が下がるというリスクも考慮しておかなければなりません。転職で必ずしも給与額が大幅に下がってしまうというわけではありません。この記事では異業種転職で年収が下がらないケースや交渉でおすすめの転職エージェントをご紹介します。

副業する

手取りを増やす手っ取り早いもう一つの方法が「副業で増やす」ことです。

メインの収入とは別に副収入をもらうことで、メインの収入が少ないとしても副収入で補うことができるのです。

とはいえこれは、メインの仕事が終わったあとある程度時間と体力的に余裕があることが前提条件になります。

もし副業するのも難しいくらいに仕事がきついなら、この場合も「転職」を考えねばなりません。

手取り18万円から抜け出す転職術

手取り18万円から抜け出す方法としてはやはり「転職」が確実でおすすめです。

しかし「適当に転職すればいい」ということもなく、しっかり順を踏んで適切な手順で転職することが求められます。

具体的な年収アップ転職の手順を解説します。

平均年収の高い業界を調べる

まずは平均年収の高い業界、業種を調べるところからです。

IT業界、不動産業界、コンサルタント業界、金融業界などがこれにあたります。

「お金をあつかう業界」
「特殊技能を扱う業界」
「専門知識が求められる仕事」

などが、他業種と比較して年収相場が高くなりやすいです。

転職エージェントを活用する

キャリアコンサルタントに相談する

転職活動はついつい自分だけの判断で勧めてしまいがちです。

しかし、できれば転職活動には「第三者の意見」もあるのが望ましいです。

そして助言をくれる第三者は、転職活動に詳しい「プロ」だとなおよしです。

スキルの棚卸し、業界の見定めなどを行う時は、やはり「プロの助け」が必要だからです。

転職活動におけるプロがどこにいるかというと、転職エージェントに在籍しています。

転職エージェントには、「キャリアコンサルタント」という形で転職の相談役が多数在籍しています。

「転職で年収アップを狙っているけど、どのようにすれば年収アップにつながる転職ができるかわからない」

そんな方はぜひ、転職エージェントを頼った転職活動を行ってください。

年収アップにおすすめの転職エージェント

年収アップを考えた転職を行うなら、頼るべき転職エージェントは限られてきます。

「高年収求人が多い」
「キャリアコンサルタントが年収アップ転職のサポートを得意としている」

など、年収アップに強い理由があるのです。

キャリトレ

20代など、若手のキャリアアップ転職に強いのが、キャリトレです。

ビズリーチと同じく若手採用のスカウトサービス専門のキャリトレに登録しておけば、高年収業界の求人からスカウトが届きます。

スカウトが届くということは、かなり採用に近いということです。

年収アップの転職に近いのが、このキャリトレを使った転職です。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。
リクルートエージェント

転職エージェント業界の中でも、もっとも多くの求人数を抱えているのがこのリクルートエージェント。

リクルートエージェントが持つ求人の中には、きっと今より年収が高い求人もあるはずですから、「今より収入が高い仕事」を探すならリクルートエージェントを活用するのが効率的です。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

手取り18万円は少ない! まとめ

手取り18万円の生活は苦しいです。

これは主観が大きくなってしまいますが、平均で考えても手取り18万円は低い水準です。

せめて手取りの平均には乗せることができてから、ようやっと普通の生活ができるのです。

「もっとお金がほしい」なら、転職など手持ちのお金を増やすための努力をしてください。

コメント